面白

【ヤベぇ】アベンジャーズ、興収2000億円を超えタイタニック超え全映画歴代1位へwwww

「アベンジャーズ」、「タイタニック」を抜いて興収歴代2位に
[映画.com ニュース] 全世界で爆発的なヒットを記録している「アベンジャーズ エンドゲーム」が、公開2週目で「タイタニック」を抜き
去り世界累計興行収入歴代2位になったと、米ハリウッド・レポーターが報じている。
5月5日までの北米興収が6億2000万ドル、北米を除く世界興収は15億7000万ドルに到達し、全世界での累計興収は21億8900万ドルを突破。「タイ
タニック」(21億8700万ドル)を破り、世界歴代興収第2位となった。なお、20億ドルの大台を突破した作品は5本(「アバター」「タイタニッ
ク」「スター・ウォーズ フォースの覚醒」「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ エンドゲーム」)しかなく、公開
11日での突破は史上最速となる。
北米以外では中国の5億5800万ドルがトップで、イギリス(8990万ドル)、韓国(8210万ドル)、メキシコ(6160万ドル)、ブラジル(5630万ド
ル)と続いている。公開1週目と比較して、2週目の興収が55%減と失速率が低いため、今後もヒットを続けることになりそうだ。過去の事例とし
て「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」が61%減、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」が59%減という数字が出ている。
今後としては、世界興収歴代1位「アバター」(27億8800万ドル)を破ることができるかどうかに注目が集まる。

https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/eigacom_20190507008
世界累計興行収入
Top 10
1) Avatar : $2,788B アバター
2) AvengersEndgame : $2,188B アベンジャーズ エンドゲーム
3) Titanic : $2,187B タイタニック
4) Star Wars VII : $2,068B スターウォーズ フォースの覚醒
5) Avengers Infinity War : $2,048B アベンジャーズ インフィニティウォー
6) Jurassic World : $1,671B ジュラシック・ワールド
7) Avengers : $1,518B アベンジャーズ
8) Furious 7 : $1,516B ワイルドスピード7
9) Avengers Age of Ultron: $1,405B アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
10) BlackPanther ブラックパンサー

続きを読む

「日本一のテレビドラマ」ベスト30が決定!!お前らどのドラマが好き?wwwwww

誌面には、結果発表として「ベスト100」がズラリと並んでいますが、さすがに全部記すには多いので(笑)、ここでは「トップ30」を挙げておきます。
「歴代テレビドラマベスト30」と呼んでもいいでしょう。
31位から100位までは、発売中の「週刊現代」5月11日増刊号をご覧いただけたらと思います。
1位 「あまちゃん」13年、NHK
2位 「傷だらけの天使」74年、日本テレビ
3位 「俺たちの旅」75年、日本テレビ
4位 「北の国から」81年、フジテレビ
5位 「淋しいのはお前だけじゃない」82年、TBS
6位 「すいか」03年、日本テレビ
7位 「早春スケッチブック」83年、フジテレビ
8位 「高校教師」93年、TBS
9位 「東京ラブストーリー」91年、フジテレビ
10位 「寺内貫太郎一家」74年、TBS
11位 「半沢直樹」13年、TBS
12位 「天下御免」71年、NHK
13位 「あ・うん」80年、NHK
14位 「岸辺のアルバム」77年、TBS
15位 「夢千代日記」81年、NHK
16位 「阿修羅のごとく」79年、NHK
17位 「木枯し紋次郎」72年、フジテレビ
18位 「カルテット」17年、TBS
19位 「時間ですよ」70年、TBS
20位 「必殺シリーズ」72年、TBS
21位 「ふぞろいの林檎たち」83年、TBS
22位 「男たちの旅路」76年、NHK
23位 「お荷物小荷物」70年、TBS
24位 「西遊記」78年、日本テレビ
25位 「細うで繁盛記」70年、日本テレビ
26位 「思い出づくり。」81年、TBS
27位 「逃げるは恥だが役に立つ」16年、TBS
28位 「不良少女とよばれて」84年、TBS
29位 「どてらい男」73年、フジテレビ
30位 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」12年、テレビ朝日
(週刊現代 2018年5月11日増刊号
https://news.yahoo.co.jp/byline/usuihiroyoshi/20180506-00084875/

続きを読む

コナン『紺青の拳』興収75億を突破!GW中も驚異の大ヒットwwwww

https://www.cinematoday.jp/news/N0108481

10連休となったゴールデンウィーク中も順調に成績を伸ばし、累計の興行収入は75億2,065万1,500円、動員数は591万3,277人を記録(全国403スクリーン)。5月4日、5日、6日の3日間では、興収8億3,631万2,500円、動員65万7,064人となり、公開から勢いは衰えず。
劇場版『名探偵コナン』シリーズ最大のヒット作となった前作『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』の最終興収は91.8億円。ここまで前作を上回る勢いでヒットを飛ばす『紺青の拳』。7年連続のシリーズ最高興収更新という快挙のみならず、“100億超え”も期待される。

続きを読む

【画像】白い恋人ソフトが東京で食べられる!スペシャルサイズで登場wwwwwww

北海道銘菓として有名な「白い恋人」。それをもとに生まれた「白い恋人ソフトクリーム」を食べられるお店「shoes kitchen」が、2019年4月26日からatomos Heart 2階(東京・渋谷)にオープンしています。
■3種類の味
「白い恋人ソフトクリーム」には、「白い恋人」のホワイトチョコレートと北海道産の牛乳が掛け合わされています。あっさりとした中にもコクがある味わいとのこと。味はホワイトの他に、ブラック、ミックスの計3種類があります。
そして今回オープンする「shoes kitchen」では、通常より食べ応えのあるスペシャルサイズで販売されます。普段は北海道のお土産店などでしかほとんど食べられない「白い恋人ソフトクリーム」。この機会にぜひ試してみて。
価格は500円(税込)。
詳細は公式サイトへ。
* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。
2019/4/28
https://bg-mania.jp/2019/04/28290639.html
白い恋人ソフトクリーム

続きを読む

【悲報】張本勲氏、また"心無い"発言で炎上し老害の名を欲しいままにしてしまうwwwwww

https://npn.co.jp/article/detail/85561493/
20日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が北海道大倉山ジャンプ台を下から登るレースに出場した選手に心ない一言を浴びせ、批判を受けた。
番組では「最も過酷な400メートル走」と題し、北海道・大倉山ジャンプ競技場を下から走って駆け上がり、そのタイムを競う「レッドブル400」を取り上げる。参加者は厳しい傾斜をもろともせず、下から上へと走り、ゴールすると精根尽き果てたように横になった。
さらに、女子の部では、昨年の世界選手権で優勝したという田中ゆかり選手が独走し、それを高村貴子選手がキツイ傾斜のなか懸命に追い上げていく様子が放送され、ゴール付近でついに逆転。そのままゴールし、新王者に輝いた模様が流れた。僅かな時間だったが、その過酷さやデッドヒートを制した高村選手の頑張りは十分に伝わるものだった。
ところが、これを見た張本氏は「なにが面白いのかねえ」と一言。冗談のつもりだった模様で、その後、張本氏はまずいと思ったのか、すかさず、「あっぱれ」。ゲストの高橋慶彦氏も「参加者全員にあっぱれ」をあげ、「カープのキャンプを思い出したね。坂登りばっかしでした。気持ちは良くわかります」と理解を見せる。
関口宏も「それをまた挑むんだからね。プロ野球選手はやらざるを得ないわけでしょ」と褒め、高橋氏も「やりたくはない」とコメントし、チャレンジ精神に賛辞を送った。なお、張本氏は、この件についてコメントをしなかった。
思わず口が滑ってしまったと思われる「なにが面白いのかねえ」発言だが、ネットユーザーからは大ブーイング。「野球以外のスポーツを語るな」「一生懸命競技に打ち込んだ人に失礼だ」「こんな言われ方をするなら取り上げるな」など、非難が殺到することになった。
この日の放送では、日本大学アメリカンフットボール部内田正人監督の振る舞いを厳しく糾弾し、視聴者から支持を得た張本氏だったが、そのすぐあとに、ほかのスポーツについて「つまらない」と吐き捨て。この事実に、失望する人もいた。
様々なスポーツを取り上げている『サンデーモーニング』「週刊ご意見番コーナー」。多種多様な競技を放送するのは結構だが、選手へのリスペクトは、どのような競技でも忘れてほしくない。

続きを読む

【悲報】日本人の「ドラゴンクエスト」離れ!?最新作がまさかの消化率50%でふるわずwwwwwww

【週間ソフト販売ランキング TOP50】『DQビルダーズ2』が合計20.9万本で3、4位(12月17日〜23日)
http://dengekionline.com/elem/000/001/858/1858092/



PS4/Switch用ソフト『ドラゴンクエストビルダーズ2
破壊神シドーとからっぽの島』が3位と4位に顔を並べた。
2016年に発売された前作『ドラゴンクエストビルダーズ
アレフガルドを復活せよ』の“モノづくり”要素をパワーアップし、
最大4人で遊べる“マルチプレイ”も実現した本作は、
両機種合わせて推定20.9万本(内訳:PS4版……10.8万本、
Switch版……10.1万本/店頭消化率はともに50%前後)
を販売したが、前作の初週実績が36.8万本(累計63.8万本)だったことを
考えると、実数、消化率ともにやや伸び悩む出足となった。
年末年始でのあと伸びに期待したいところだ。

続きを読む