美味

美味いラーメン屋が「二郎」に負ける理由がこれwww

■なぜ二郎は二郎であり続けるのか
「ラーメン二郎が提供しているのはラーメンではない」
断言するのは信州大学経営大学院准教授の牧田幸裕氏だ。
「二郎はどこまでいっても二郎でしかありません」
事実、数多くのラーメン屋がしのぎを削る首都圏にあって、「ジロリアン」なる熱狂的な常連客が「ラーメン二郎」には押し寄せる。シンボルは、こってり濃厚、ボリュームたっぷりのラーメン。麺が茹で上がった後に、「ヤサイマシマシ・ニンニク・アブラ・カラメ」と呪文のように唱えれば、麺が隠れるくらい山盛りのキャベツともやし、ニンニク、背脂、醤油がトッピングされたラーメンが提供される。
「お客は腹を満たすためだけでなく、『二郎を食べた』という達成感を得たくて二郎に来るのです。そうして、ほかのラーメン店とは一線を画し、二郎は唯一無二のポジションを確立しました」
1968年の創業から、現在では都内を中心に全国約40店舗を展開。多くの店舗には、行列ができる。客は主に1人。食べているときはみな寡黙だ。
「そもそも、二郎は非常にボリュームがあり、悠長に話しながら食べていると満腹中枢が刺激され、途中でリタイアを余儀なくされます。メニューは大か小、例外で大を超える『麺増し』もあるが、小でも普通のラーメンの大盛りを優に超えるボリュームのため、ただひたすら麺をすすり、スープを飲むしかないのです」
食事中だけでなく行列に並んでいるときから客は寡黙になる。今日は「大」にするか、「小」にするか――。一人ひとりが自問自答を繰り返し、「二郎」という高い山に挑むために心を整える。
「食べている最中は、隣の人の進捗状況を窺います。二郎では『ロット』という言葉で、『1ロット6人分』などと表現されるように、店主は1回でまとめて麺を茹でて客に提供します。そのため、同じロットの人たちと食べ終わるタイミングを合わせないと、次のロットのお客に迷惑をかけてしまいます。同ロットの人たちと一体感を持てるので、1人で食べていても、孤独を感じることはありません」
そのほか、ぶっきらぼうにラーメンを作る店主、客は「カウンターに丼を戻す」「机を拭く」「お礼を言う」など、二郎独自のカルチャーが確立される。だからこそ、二郎に似せたラーメンを提供する「インスパイア系二郎」であっても、二郎の境地に達することはできない。すべて二郎の狙いなのだろうか。牧田氏に尋ねると、「何も考えていないでしょう」と一蹴。
「もともと都立大学近くに、二郎は創業しました。そこに来るお腹を減らせた学生に『腹いっぱい食べろよ』と。その愛情がベースになって、愚直にラーメンを作り続けた結果、顧客が勝手に解釈して二郎独自の文化へと発展していったのです」
これは、孫子の兵法でいう「千里を行きて労せざる者は、無人の地を行けばなり」。競合ひしめくラーメン屋という分野の中で、まさに二郎は敵がいないところをひた走っているのである。
2018年11月22日 9時15分 プレジデントオンライン
http://news.livedoor.com/article/detail/15632071/
画像

続きを読む

【悲報】日本人の“日本酒離れ”が深刻!国内出荷量が3分の1に激減wwwwwww

2月中旬、「日本酒の国内出荷量で宝酒造(京都市)が、白鶴酒造(神戸市)を抜いて16年ぶりにトップ」というニュースが流れた。「伏見」がライバルの「灘」から首位の座を奪い返したことになる。日本酒を取り巻く環境は、実は楽観できるものではない。国内出荷量が年々減り続けているのだ。
日本酒の国内出荷量は、ピーク時の1973年には170万キロリットル超あった。それが、98年には113万3000キロリットルに、2008年には65万9000キロリットルへと減少し、17年は53万3000キロリットルと、ピーク時の3分の1以下に落ち込んでしまった。
日本酒離れは深刻だが、吟醸酒、純米酒などの「特定名称酒」の出荷量に限ってみると、ここ数年間、増加傾向にある。消費者は低価格の普通酒よりも中高価格帯の特定名称酒を選ぶようになってきたということだろう。
そんな日本酒業界にとって明るい材料は、輸出が好調なことだ。18年の日本酒の輸出量は2574万6831リットルで前年比10%増、金額は222億3150万円で19%増。9年連続で過去最高を更新した。
輸出金額の伸びが数量を上回っていることからわかるように、輸出においても中高価格帯の商品が支持されている。国内出荷が減少するなか、輸出をどこまで増やしていけるかがポイントになる。
日本酒消費量は東高西低
国内出荷が低迷する日本酒だが、その販売(消費)状況を都道府県別に見てみよう。国税庁のデータ(17年度の販売数量)によると、清酒の販売(消費)数量のベスト5は次の通りだ。
(1)東京都 6万8824キロリットル
(2)大阪府 3万2734キロリットル
(3)神奈川県 3万241キロリットル
(4)埼玉県 2万5179キロリットル
(5)愛知県 2万2471キロリットル
当然のことながら、人口の多い大都市圏が上位を占めた。10位まで見ると酒処の新潟県が8位に入っている。
全文
https://biz-journal.jp/i/2019/03/post_27048_entry.html

続きを読む

【画像】話題の「からあげ缶詰」食べてみた、コンビニ惣菜超え!?想像以上のクオリティに脱帽wwwwww

缶詰入りの焼き鳥「ホテイのやきとり」で知られるホテイフーズコーポレーション(静岡市清水区)が、なんと鶏のからあげの缶詰を発売した。
今までに見たこともない、からあげの缶詰。なかなか商品を手に取らずにいたが、意を決し購入。どんな味、食感が待っているのだろうか。
■新しくて美味しい
鶏のからあげといえば、サクサクと食感にジューシーな鶏肉が特徴。それに味を付けて更には缶詰に投入――少しマイナスな想像をしてしまう。どうしても、油でべちゃついた衣がイメージされたのだ。
それだけに発売から手を付けられずにいた筆者。しかし、気になる気持ちが日に日に大きくなっていく。
そこで、いつもデンジャラスなものを一緒に食べてくれるJタウンネット編集部の仲間とチャレンジすることにした。彼らとなら、仮にマズかったとしても苦しみを共有できる。さて、どうなるのか――。
今回は、現在発売中の3種類のバリエーションを全て用意した。それぞれ味の趣向はかなり異なるが実際はどうなのだろうか。
まずは、旨辛たれ味から。
上部に少し見えるタレの固まりのようなものが少し気になる。箸を入れるとそれぞれがくっついてしまっているのか、ほぐすにはある程度のパワーが必要だ。
箸でつかんで、ようやくからあげらしさを感じることができる。それでは、記念すべき最初の一口に行ってみよう。
最初に感じたのが想像していたより辛くない。そして美味しい。どちらかと言えば旨味の方が強い上にクセになる。
お肉はお馴染み「やきとり缶」によく似ている。衣はサクサクしていないが、今までに食べたことがないものではない。コンビニ弁当の付け合わせにある、からあげに近い印象を受けた。
あまりの美味しさに次の和風醤油味に期待が膨らむ。こちらはタレがなく見た目からサッパリとしているのではと予想する。
口に入れると旨味がジワリと広がる。衣の食感もしっかりしており、旨辛たれ味よりもからあげを食べている気分が十二分に楽しめる。予想通りサッパリとしており、油っぽさも心なしか少なく感じた。
衣の食感がしっかりしているせいで、全体的に食感の硬さが気になってしまうのが欠点。とはいえ、缶詰とは思えないクオリティを見せつけてくれた。
最後は3つの中で、最もデビューが遅かったてりマヨ味。缶を開けるとてりマヨソースのテカリが少し気になる。油っぽさに注意しながら食べてみた。
口に入れてびっくり。味付けが最もしっかりしている。からあげと言われると違うような印象だが、柔らかく丸みを帯びた味が特徴的。旨辛たれ味以上にご飯に合いそうで、酒を飲まない筆者には一番好みだった。
3つ全てを食べ終えた感想は、どれもレベルが高い。べちゃついた衣など、当初の心配はすべて杞憂だったと痛感させられた。ホテイフーズの皆さん、すみません。
ここからは編集部の面々にも食べてもらおう。
まずはN記者から。疑心暗鬼な表情で箸を取り出した彼だったが、旨辛たれ味を食べると表情が一変した。
「どこかで食べたことある味。美味しい」
また、鶏肉というより魚肉に近いともコメント。3つの中では「最も缶詰感がない」と評したてりマヨ味を1位に挙げた。
続いては我らがS編集長。食前に一番味の質を疑っていたが、3つを矢継ぎ早に食べるほど気に入ったようで、
「意外とクオリティ高い。衣がしっかりしている」
と感心していた。3つの中で旨辛たれ味を1位に挙げた。
O記者もそれぞれの味を絶賛。和風醤油味が「普通のからあげ」に最も近かったとコメントした。最年長のM記者も、「これはいいや!」と満足の様子。どの味も「おいしいね」と評した。
(以下略、続きはソースでご確認下さい)
2019年3月17日 12時0分 Jタウンネット
http://news.livedoor.com/article/detail/16173260/
画像

続きを読む