結婚

【悲報】年下彼女の預金残高が見えてしまって死にたいwwwwwww


昨夜彼女(23)がコンビニでお金をおろしたんだよ
画面見えない位置で待ってたんだが、お金が出てきたところで「おわったー?」と声をかけにいくと、一瞬だけ預金残高が見えてしまった
もちろん顔にも口にも出さなかったけど、俺(28)の二倍以上持ってて心の中で固まってしまった
辛い

続きを読む

【これマジ?】年収は最低1千万円以上の「ハイスペック男性」を望んだ婚活女性の12年後・・・


年収は最低1千万円…婚活女性の12年後「離婚したい」
ロスジェネはいま
女性 34歳 東京都 派遣社員
〈理想の結婚相手〉年収1千万円以上。最低でも正社員。
2007年の朝日新聞の新年連載「ロストジェネレーション」の1月8日付の
記事は、こんな書き出しで始まる。主人公は、高年収の結婚相手を望む
当時34歳の女性。見出しは「難婚世代」だ。みんな結婚するのが当たり前だった
時代は終わり、一生独身も珍しくなくなった。不安定な働き方が増え、経済的な
余裕がなくて結婚したくてもできない。ロスジェネはそんな変化に直面していた。
それから12年。46歳になった女性はいま、関東地方に暮らし、
中小企業でパートとして働いている。
40歳のときに年下の男性と結婚していた。友人らの飲み会で知り合い、
誠実な人柄に引かれたという。年収は1千万円以上ではないし、正社員でも
なかった。
「自営業をしていて、話しぶりから真面目で誠実そうな感じが伝わってきました。
『この人となら』という安心感があった。私も結婚を冷静に考えられるように
なっていて、相手の年収や立場などにこだわりはありませんでした。
子どもを産むのもこのタイミングかな、という気持ちもありました」
34歳の時は相手に望むものが高かった。当時の記事にこうある。
「世田谷の閑静な住宅街に住んで、専業主婦になって、
子どもには海外留学をさせて、休みは家族で旅行に行って――」

33歳の夏に、結婚情報サービスに入会し、婚活を始めた。選んだのは、
「医師・歯科医、東大早慶卒、年収1千万円以上のいずれか」という
「ハイスペック男性」の限定コース。女性の入会金は男性より高かった。
30万円ほどかかった。貯金をはたいて婚活を続ける心境は
「自分の力だけでは年収500万円も無理。結婚は、豊かな生活へ
ジャンプできる大きなチャンスだと思う」だった。
(以下、ソース元にてご確認ください。有料記事につき途中までしかありません)
2007年のロストジェネレーションの記事「難婚世代」を読む女性。
当時は結婚を夢見る34歳の女性として登場した=多田敏男撮影

離婚検討中とのこと

続きを読む

就活面接でヤバすぎる不適切発言・・・


そんなこと聞かれるんですね…皆さんは面接で変な質問や嫌な質問をされたことはありますか?
https://www.asahi.com/articles/ASM5H4HBDM5HULFA019.html
「採用試験の面接で不適切な質問や発言をされた」と回答したのは145人。その内容をたずねたところ、「女性だから出産や育児で抜けるのだろう」(20歳女性)、「恋人はいる?どれくらい恋人がいない?」(29歳男性)など、恋愛や結婚について質問されたとの回答が多かったという。「身長低いな」(23歳男性)、「太っているね」(21歳女性)など、外見に関する内容も目立った。

続きを読む

妊娠中の婚約者「実家の借金、400万円を肩代わりして」→婚約破棄できる・・・?


男性によれば、彼女は交際中、借金について一切、話をしなかったそうです。妊娠により結婚話が進んでから、突然に400万円の返済話が浮上。さらに彼女は「借金を返してくれないなら結婚には反対と親が言っている」などと言ってくるそうです。
男性は、彼女との結婚話を白紙にしたいと考えていますが、その場合「婚約破棄したとして、私が慰謝料を支払わないといけないのでしょうか」と聞いています。
https://www.bengo4.com/c_3/n_9626/
ーー法的にはどうなりますか
「結論から言えば、婚約を破棄しても、慰謝料は支払わなくてよいでしょう。
婚約者、配偶者だからといって、相手の実家の借金を肩代わりする義務はありません。
(略)
ーーただ、婚約者は妊娠しています。婚約破棄しても、親としての義務は残りますよね
「そうですね。妊娠した婚約相手が出産した場合、養育費の支払いは必要です。(略)」

続きを読む

女性(40)「結婚したかった。子供を産みたかった・・若いお嫁さんになりたかったのに・・・」


ずっと結婚に憧れていたのに…
チェルシーさんのご相談
子どもが楽しくはしゃいで、ペットを飼っいて、笑い声が絶えない家庭、そんな日は必ず来ると思い込んで
ずっとずっと結婚に憧れていたのに、どうやら私にはその夢は叶いそうにありません。
結婚を約束していた彼もいましたが、浮気が発覚し破談に。
その後友人に紹介してもらったり婚活サイトに登録するなど頑張りましたが、傷つくことばかりでうまく行かず
気づけばもうすぐ40歳に。
そして最近更年期のような症状が出てしまい、婦人科に通院中です。
結婚したかった。自分の子どもを産みたかった。若いお母さんになりたかった。
あの時彼の浮気を許していれば、夢は叶ったのかもしれないという後悔ばかりして
毎日寂しく、この先の未来も見えず、鬱々とした日々を送っています。
この苦しさから逃れるには、夢を諦めればいいというのはわかっているのですが、
この先ひとりぼっちで生きて行く覚悟ができないでいます。
家族のいる方々がうらやましいです。
“お嫁さん”という存在になれた皆さんがうらやましいです。

ずっと結婚に憧れていたのに…

続きを読む

【一流竿師】小室圭『眞子はすでに俺のモノ』秋篠宮殿下、そして日本国民に宣戦布告wwww

小室圭さん「眞子はすでに俺のモノ」 秋篠宮殿下に宣戦布告


このような秋篠宮殿下のご意向に答えるため、小室圭さんがいつ日本にいつ帰国するのかが注目されています。
5月10日の情報番組『グッディ!』では、小室圭さんにとって6〜7月は夏休みにあたるため、
この間に帰国する可能性を代理人弁護士に問い合わせました。その結果。
帰国して問題を解決する気なし! 秋篠宮殿下に説明する気もなし!
まさに「さっさと国際弁護士になって眞子さまと結婚します」宣言!
眞子さまは既に自分のものだとでも考えているのでしょうか?
このような背信行為をとり続ける小室圭さん。国民感情を逆撫でる天才であると言わざるを得ません。
『グッディ!』(2019.5.10)でも、ゲストの山下晋司氏(皇室ジャーナリスト)が、キャスターの安藤裕子氏に
「もはや国民の祝福を得られることはない」と断言。
山下:国民の祝福を得るというのは、私はもう恐らく無理だろうと思っていますのでね。
安藤:400万パッと返しても?
山下:借金問題が片付こうが、それまでのプロセスを多くの人が見ていて不信に思っているわけですから、
そこが片付いてもそれが祝福に繋がるとは思わないですよね。
ですから、お二人がどうしても結婚したいということであれば、もう結婚されればいいんじゃないかなと思っています。
ただ、公的な側面、先ほども言いました一時金という問題をね、どういう風にするのか、
眞子内親王殿下は「公」、公けの部分でお考えになればいいんじゃないかな、とは思います。
要するに、ご結婚されれば今の現状の法律からすれば、
当然、一般の国民になるわけですから、その段階で捨てるというか、皇族ではなくなるわけです。
ただ実際にはそれ以降も、皇室の親戚というか、天皇陛下の姪だとか、そういう関係にはなりますけどもね、
そういうところも断ち切るというか。
そのお二人でそこまで結婚したいということであればね、結婚さればいいんじゃないかなとは思っていますよ、
ただ諸々のね公けの部分、っていうところが絡む部分を、今は皇族なわけですから、
そのお立場になってお考えになって答えを出されればいいんじゃないかな、とは思います。

続きを読む