男性

【画像】「人が刺された!」現場の映像をTwitterに公開→フェイク動画と発覚で非難殺到wwwwwwww

先日、Twitterにて公開された動画が物議を醸した。
(略)
動画は、口論する男性たちを車内から撮影したものだ。動画の後半、ある男性が別の男性に刺され、悲鳴を上げて倒れる。
その様子を車内から見ていた女性は、「なになに、嘘でしょ?」。刺した男性が倒れた相手を確認して、その場を去る場面で
動画は終わる。

一方で、動画の真偽を疑う人々も現れた。すると女性は、動画には続きがあります」と記して、別の動画を公開した。
相手を刺したとされる男性が撮影者の車に近寄ってきて、満面の笑顔で「ドッキリでしたー!」と言う。
そして、刺されたはずの男性も突然起き上がって、勢いよく走り回った。フェイク動画であることが明かされると、
人々から非難の声が殺到して炎上。

動画で「演技」をした男性たちは、「コロンプラッサー」というバンドのメンバーであるという。彼らもTwitterで人々を挑発する
行為を繰り返し公開して、さらに非難を浴びた。
一例として、ある動画では、「僕たちに騙されて、ありがとうございまーす!」と言って乾杯。カメラに顔を近づけて
「酒がうまい、うまいよー」と絶叫した。そして、「今、僕たちに騙されて、どんな気持ちー?どんな気持ちー?」と挑発した。

動画を広めた女性は、春からの通学先であるという大学名をプロフィール欄に書いていた。当該の大学では、
本件に関しては既に把握していた。
大学では、一連のツイートや動画を閲覧した上で、詳細を調べた。その結果、2018年度までに入学済みの学生及び
2019年4月の入学予定者の中に、該当すると思われる女性は見当たらなかったという。
動画の撮影が行われた地域を管轄する警察署に確認したところ、一連のツイートや動画は把握済みだった。
捜査の具体的な進捗状況に関しては、「記事に書かないでほしい」と担当者から要請があったので記すことは控えるが、
重要な進展があったことは間違いない。
記事全文とそのほかの画像一覧
http://tanteiwatch.com/72564

続きを読む

【衝撃】「生涯未婚率」男性が圧倒的に高いワケwwwwwww

「生涯未婚率」。国の重要課題である少子化問題を語る際に挙げられることが多いこの指数だが、この20年ほどの間に、 男女間で約10ポイントもの大差がついている。なぜなのか……。結婚をめぐる男女“格差”のナゾを、ニッセイ基礎研究所の天野馨南子氏が読み解く。
「50歳結婚歴なし」が激増

統計上の「生涯未婚率」とは、「調査年に50歳の男女のうち結婚歴がない人の割合」を指す。この数字が、1990年の調査以降、急増傾向にある。
2015年の国勢調査では50歳男性の23.4%、50歳女性の14.1%に一度も結婚歴がなかった。なお、90年には、男性5.6%、女性4.3%と、差はほとんどなかった。
ところで、生涯未婚率の算定年齢を「50歳」としているのは、50歳を過ぎてから初めて結婚する人の割合、実数がともに統計的に小さいからだ。
「いや、自分の周りには50歳を過ぎて結婚した人が結構いる」と感じる人もいるかもしれない。それは、再婚者を含む結婚ということではないだろうか。
生物学的には本来、成人男女はほぼ同数存在するはずである。国の人口統計を見ると、50歳までは男性が多いものの、その差はわずかに過ぎない
。16年6月1日現在、49歳までの人口は約6881万人で、そのうち、男性が約3505万人、女性が約3376万人。差は120万人余りだ(平均寿命は女性の方が長いため、50代以降は男女の数が逆転している)。
ところが、未婚率は年齢が上がれば上がるほど差が開く。20代前半の時点では、男性と女性の未婚率はほぼ同じだ。しかし、
30代前半になると男性の未婚率が女性の1.4倍になる。さらに40代前半では1.5倍、40代後半では1.6倍、そして50代前半では1.8倍となる。
一体、なぜこんなに差が開くのか。
例えば、一夫多妻制の国であれば、男女の未婚率の差は当然のように発生する。日本では法的に認められていない結婚の形態だが、
時間差で事実上の「一夫多妻制」が成立する場合がある。再婚男性と、初婚または再婚女性の結婚のケースだ。その再婚男性の妻となる女性の数だけ、未婚男性は結婚機会を失うことになる、といえる。
国際結婚があまり多くない日本では、男女の結婚歴の差は、こうした「再婚事情」が握っている可能性があるのだ。
初婚男性が再婚女性と結婚できない理由……
初婚男性にとって、再婚女性に子どもがいる場合、それが結婚に踏み切れない「壁」となる場合もあり得る。
OECD(経済協力開発機構)の調査によると、シングルマザー世帯がその9割近くを占める「ひとり親世帯」の相対的貧困率は、調査対象となった先進国の中で日本は飛び抜けて高い。
貧困状態にあるという実情が、再婚相手となる男性に高い「経済力」を求める理由となりうるのではないか。結果的に初婚男性にとって、再婚女性と結婚する際の障害になる、と筆者は見ている。
ならば、「シングルマザーの経済力向上」が、男女の生涯未婚率の差を解消するカギともなり得る。
シングルマザー世帯が経済的に安定し、年下で収入が多くない初婚男性との結婚にシングルマザーが踏み切りやすくなるよう、国や自治体がセーフティーネットを整備することが必須ではないだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00010000-yomonline-bus_all&p=4

続きを読む

【悲報】重度脳性まひの男性、定員割れの高校に不合格。両親「障害を理由にした不合格では・・・」

夜間定時制の神戸市立楠高校(同市兵庫区)で19日、2019年度入試の受験者が定員を下回っていたのにもかかわらず、重度脳性まひの男性(16)が不合格となった。
中学3年生で受験した昨年に続き、同校で唯一の不合格だった。
男性は、うなずくことで「はい」、首を振ることで「いいえ」の意思表示はできるが、話すことはできない。
試験当日は問題の読み上げや代筆者、時間延長の支援を受けながら、選択式の問題などに取り組んだ。
両親は「1人だけ飛んだ番号を見て涙が出た。本人が行きたくて行きたくて、
2年越しで頑張った夢はかなわなかった。とことん悔しい」と話し、定員割れでの不合格について同校に説明を求めたが、学校側は応じなかった。
学校側は、昨年の不合格については「本校の教育に足る能力と適性を備えているかどうか、総合的に判断した結果」としていた。
障害者支援団体のメンバーは今回の不合格を受け、
「障害を理由にした不合格としか考えられない。許されることではない」と改めて訴えた。
男性は、夜間定時制で再募集された兵庫県立湊川高校(同市長田区)を受験するという。
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201903/0012162278.shtml

続きを読む

「車イスの男性から殴られた」→漫画家ツイートで都美術館が謝罪・・・


https://www.j-cast.com/2019/06/17360267.html
2019年6月15日のツイートによると、峰さんは4月から始まったウイーンの画家グスタフ・クリムトの展覧会に行き、絵を見ていると、いきなり車イスに乗った男性に殴られたという。驚いて動けないでいると、男性はさらに、無言で峰さんを2、3発殴ったとしている。峰さんが美術館のスタッフにこのことを伝えると、次のような内容のことを言われたという。「常連のお客様で頻繁にトラブルを起こす方なんですけど、こちらでできることは口頭注意くらいです」
美術館の広報担当者は6月17日、J-CASTニュースの取材に当時の状況を説明した。(略) 広報担当者は、男性が常連客であることや口頭注意のこともスタッフが峰さんに話したことを認め、「誤解を与えてしまった」と話した。男性は、展覧会ごとに来ており、大きな声を出すので注意していたというが、手で払うようにしたのは初めてだという。また、スタッフはその場で男性に話を聞かなかったとして、「落ち度だと思います」と言っている。
都美術館は6月17日夜、公式サイトを更新し、「館内トラブルについてのお詫び及び今後の対応について」と題して事情を説明した。峰さんについては、「館内トラブル時の美術館の対応により、ご不快な思いをさせてしまいました」とし、連絡を取ってお詫びしたと説明した。
https://girlschannel.net/topics/2199793/

続きを読む

【画像】家族さん、引きこもりを残して引越しwwwww

引きこもり18年、去った老親 「市役所に相談を」メモ残し
2019/6/13 6:00
西日本新聞 一面社会面
長期間引きこもり状態にある人や家族をどう支援していくか、課題になっている。当事者はどう感じているのか。
仕事に失敗して以来、かつて20年近く自宅にほぼ引きこもっていたという大分県の男性(54)に話を聞いた。
自立に向かうきっかけは、思わぬ出来事だった。
残暑も終わり、涼しくなり始めた朝。目覚めると、家にいるはずの両親が見当たらなかった。
寝具や食器は持ち出され、車もない。居間のテーブルには、わずか2行の書き置きが残されていた。
≪後のことは市役所に相談してください≫
大分県北部の海沿いの地域で、男性と同居していた両親の行方が分からなくなったのは2014年9月。男性は当時49歳、両親は70代だった。
「今後どう生きればいいのか」。男性は途方に暮れた。
男性は20代の頃、東京で会社を起こし、広告関係の仕事に携わった。
当初は順調だったものの、大きなプロジェクトの重圧に耐えられず、結婚を考えた女性とも破局。身も心も疲れ切って、31歳で故郷に戻った。
それからは定職に就かず、自宅で過ごす日々。知人の勧めで病院に行くと「不安神経症」と診断され、向精神薬を服用するようになった。
経済的に余裕のあった両親に金銭を無心し、酒場に行く夜もあったが、ほとんど自宅にいた。
母に「働いてほしい」と言われた時には、いらいらして冷蔵庫を殴ったこともある。
男性は「18年間、病院に通いながらそんな生活を続けた。家族のほかに社会との接点もなく、意欲も失っていた」と振り返る。
内閣府によると、半年以上、家族以外とほとんど交流せず、趣味の用事やコンビニなどにだけ外出する人は「広義のひきこもり」とされる。
厚生労働省の担当者は、男性の生活状況について「広義のひきこもりにあたる可能性がある」と言う。
両親がいなくなった後、男性は次第に「自分ではい上がるしかない」と思うようになった。
思い切って市役所に相談に行き、生活保護の受給手続きをした。向精神薬の服用を断ち、仕事探しも始めた。
現在は生活保護を受けず、派遣社員として働きながら、洋服や食料品の輸入販売にも携わっている。
結果的に、両親と離れたことが自立のきっかけになったが、両親の真意は分からないままだった。
ある日、自宅を掃除していると、ノートに挟まったメモ紙が出てきた。そこには複雑な親心が記されていた。
≪行動を起こしてほしいと思っても、言えば暴れて手のつけようがなくなる。
一番つらいのは本人かもしれませんが、家族はもっとストレスがいっぱいです≫
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/518126/

続きを読む

商店街LINE「爺こっち来てる!」→商店街全店看板撤収→爺「わしのお陰で町が綺麗じゃ」

89歳男性が三重県松坂市で突然始めた「歩道クリーンアップキャンペーン」に地元商店街が悲鳴をあげている。
男性は4か月にわたりほぼ毎日商店街を回り、歩道に置いてある看板を蹴飛ばし、店内をにらみつける。
ミリ単位のはみ出しにクレームを出すだけではなく、看板を壊す、のぼりを切る、商品を投げるなどの目に余る乱暴も。
みかねた通行人やお店の客が注意をしても男性は「私は法律に基づいている。一片のスキもない」と聞く耳を持たない。
商店街の空気が暗くなり、休業に追い込まれた商店も
クレームを受け、各商店は看板やのぼりを敷地内に収めるようになった。しかし、男性は毎日やってきてはミリ単位で指摘を続ける。
男性出現以降、街の雰囲気は激変。商店街の売り上げが目に見えて下がり、休業に追い込まれたところもある。
クレームの矛先は商店だけではなく観光協会にも向かい、観光客向けの記念撮影看板は歩道から建物内へと移された。
https://news.livedoor.com/article/detail/16600630/

続きを読む

【動画】女性専用車両に乗ってしまった男性をアニメ声で説教する女の子が可愛すぎると話題にwwwww

動画

https://www.excite.co.jp/news/article/Labaq_51909091/
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:—-: EXT was configured
(deleted an unsolicited ad)

続きを読む

逃げる痴漢に足を出して転ばせた男、違法行為になるのか?wwwwww

駅で「逃げる痴漢」に足を出して転ばせた男性、「暴行罪になる」は本当?
5/30(木) 20:07配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190530-00000425-nnn-soci
男性が転ぶ瞬間の動画より(提供:フーチュンさん)
東京都北区のJR赤羽駅ホームで、女子高生2人に追いかけられ、走って逃げる男性の動画が5月28日、Twitterに投稿されました。
Twitterでは「痴漢ではないか?」と言われていましたが、5月29日に放送されたフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」で、逃げていた男性が女子高生に痴漢行為をしたとして、強制わいせつの容疑で逮捕されたことが報じられました。
動画では、ホームを走って逃げる男性と後ろから「逃げるな!」と声を上げて追いかける女子高生2人の姿が映されていました。また、逃げる男性が目の前を通り過ぎた時に、別の男性がさっと足を出し、逃げている男性を転ばせていた場面も撮影されています。ネットでは、転ばせた男性について、「暴行罪だ」と指摘する声が一部で上がりました。
本当に暴行罪にあたるのでしょうか。西口竜司弁護士に聞きました。
●「男性の行為は犯人の逃走を防止するためで社会的に正当」
今回のケースのように、女子高生たちが「逃げるな!」と言いながら、追いかけている男性を周囲の人が転ばせた場合、罪に問われるのでしょうか?
「中々に珍しい案件ですね。今回の件につきましても形式的に考えますと、暴行罪(刑法第208条)に該当することになります。ただし、逃げる犯人を逃がさないために行ったという点で法令行為(刑法第35条)に該当するとして、違法性が阻却(そきゃく=退けること)されないか問題となってきます。
つまり、男性の行為が刑事訴訟法213条の現行犯逮捕に該当すれば、法令行為として違法性が阻却されることになります。
ただし、現行犯逮捕が認められるためには、犯行を現認していることが必要です。今回の件では男性が犯行を見ていたとはいえず、現行犯逮捕を認めることは難しいかなと思われます。したがって、法令行為に該当するとして違法性は阻却されない可能性が高いです」
では、男性は暴行罪に問われるのでしょうか?
「男性の行為は犯人の逃走を防止するために行ったものであり、社会的にみて正当なものといえます。私としては、超法規的な観点から違法性阻却される可能性があると考えます。
つまり、今回の事件では暴行罪は成立しないのではないでしょうか。当たり前といえば、当たり前の結論かもしれませんが考え始めると悩みますね。男性の勇気に拍手を送りたいと思います」
【取材協力弁護士】
西口 竜司(にしぐち・りゅうじ)弁護士
法科大学院1期生。「こんな弁護士がいてもいい」というスローガンのもと、気さくで身近な弁護士をめざし多方面で活躍中。予備校での講師活動や執筆を通じての未来の法律家の育成や一般の方にわかりやすい法律セミナー等を行っている。SASUKE2015本戦にも参戦した。

続きを読む

【画像】女の子の匂い!?女性ターゲットのハズがまさかの男性に“バカ売れ”wwwwww

2019年5月29日 17時11分
若い女性のあの甘い匂いを放つというボディーソープや制汗剤が大ヒットしている。従来ターゲットにしていた30代半ば以上の女性はもちろん、ネットを中心にオジサンにまで爆発的な人気が広がり、開発元も驚きを隠さない。
話題になっているのはロート製薬の「DEOCO(デオコ)」。
ツイッターでは「巷で話題のデオコを買ってしまった。今日からアタイは女の子」「マジで女の子の香りがする。家には31歳のおっさんしかいないのに」など、男性とみられる投稿が相次いだ。
ボディーソープと2種類のスティックタイプの制汗剤があり、都内のドラッグストアではボディーソープが1000円前後、スティックタイプが780円前後で売られている。
20代後半の男性記者がスティックタイプを塗ってみると、ピーチのようなほんのり甘い香りで、若い女性から漂う香りといわれると納得がいく。腕に塗ると、数時間は香りが持続した。
ロート製薬のサイトによると、甘い香りの秘密は「ラクトン」と呼ばれる成分で、体臭に含まれるラクトンの濃度は10代後半をピークに減っていくという。また、ラクトンの香りをつけることで、女性らしさや若々しい印象を向上させるとしている。
デオコは、業界で初めてラクトンを含む商品だといい、2018年3月に発売されたボディーソープは、同社の数量目標の1・6倍を記録するなど季節を問わず売れ行きは好調だとしている。
そして、ここに来て突如沸き上がった男性人気。ネット通販大手のアマゾンでは、ボディーソープの「売れ筋ランキング」で第1位となり、楽天でも「ボディーパウダーランキング」で2つのスティックタイプが2、3位にランクインした。
因果関係は定かではないが、ロート製薬の株価も、21日から27日まで5営業日続伸した。
同社広報・CSV推進部は、男性の間で話題になっていることを把握しているとした上で「女性をターゲットに開発した弊社商品デオコが今回予想外に、男性の方からもご支持頂き大変驚いております。匂いのメカニズムをしっかり研究した弊社自信の商品となっております」と回答した。
中年男性の宿敵である加齢臭対策の妙薬として使っている人もいるようだが、そもそもデオコは男性用の加齢臭対策の商品「デ・オウ」の開発者が、女性も年齢の変化で体臭が変わると考え開発された商品だ。「男性の加齢臭対策としては作っていないので、ぜひデ・オウも使用していただきたい」と同部は強調する。
それでも、若い女性の香りを体験してみたい人が多いのかも。
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16535509/

続きを読む