時間

【衝撃】11時間超勤務で心筋梗塞発症リスク1.6倍!会社員や50歳以上は注意・・・・

1日11時間以上働く中年男性は、7〜9時間の標準的な勤務時間の人に比べて
急性心筋梗塞を発症するリスクが1.6倍になるとする大規模調査結果を、国立がん研究センターや大阪大のチームが14日、発表した。
特に会社員や50歳以上の人が長時間労働の影響が出やすいとしている。
長時間労働と急性心筋梗塞の関係を指摘した日本での本格的な調査は初めて。
疲労回復が不十分になったり、精神的ストレスが増加したりすることが原因とみられる。
大阪大の磯博康教授(公衆衛生学)は「長時間労働が健康に影響することが裏付けられた」と話している。
※ソースにグラフあります
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000001-kyodonews-soci
3/15(金) 0:00配信 共同通信

続きを読む

【画像】死ぬまでに一度は行ってみたい日本の美しい場所を紹介する。

日本には様々な景色があると思います。
皆さんが行ってみて綺麗だと思った場所、または見てみたい美しい場所はどこですか?
私は初めて行って感動した所は福島の五色沼です。
日本にこんな色の沼見たこと無かったで子供心に感動しました。
また北海道の白樺のある森にも行ってみたいです。
皆さんの行きたい、行った、おすすめの日本の風光明媚な場所を、できれば画像付きで教えて下さると嬉しいです。

続きを読む

俺は今年一年間彼女作るために努力したよ。→その結果・・・


金も時間も使って街コンや出会い系やったよ
美容院も評判良いところ行って服も買ったよ
眉毛も整えて髭剃りも良いのに変えたよ
趣味のギャンブルやめて映画や美術やギターにしたよ
街コンや出会い系の女8人と職場の先輩に振られたよ
女が怖くなった上職場に行きづらくなった
そのうえクリスマスに一人だ!この一年間はいったいなに

続きを読む

【衝撃】セブンイレブンついに24時間営業やめて16時間営業へwwwwwww

セブン-イレブン、
一部店舗で「24時間営業」見直しに向けた実験を開始
朝7時〜夜11時までの営業に
日経新聞の記事によると、
実験対象となるのは全国の直営店のうち10店。
3月中旬から順次、営業時間を午前7時〜午後11時までにするとのこと。
社名の由来でもある「朝7時から夜の11時までの営業」に戻る形となります。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1903/01/news137.html

続きを読む

【画像】充電1回でバッテリーが50日持つ「怪物級スマートフォン」が発表されるwwwwww

◆ 充電1回でバッテリーが50日持つ「怪物級スマートフォン」が発表される
仏企業Avenir Telecomが新型スマートフォン「Power Max P18K Pop」を発表。
携帯電話のバッテリー切れにストレスを覚える現代人の悩みを一気に解決してくれる”迷機”の誕生だ。
「Power Max P18K Pop」はヘンタイ端末だ。
最近の薄くて軽いスマートフォンに対するアンチテーゼと言わんばかりに、本機は厚くて重い。
厚みは1.8cmとiPhoneのおよそ3.5個分に当たり、世界最大となる1万8,000mAhもの大容量バッテリーを搭載している。
1回の充電で90時間の通話、100時間の音楽再生、2日間の動画再生が可能。
待受も最大50日間とされており、普通に使う分には充電無しで一週間は余裕のようだ。
6.2インチの液晶ディスプレイを採用しノッチのないベゼルレスデザインで、美しい仕上がりだ。
自撮り用インカメラは端末上部から飛び出す仕組みのため、画面上に余計なものは一切ない。
急速充電には対応しているが、その巨大なバッテリー容量から充電に8時間を要する。
価格は600ユーロ(約7.5万円)、6月から販売が始まる。
(写真)


THE VERGE Feb 26, 2019, 7:37am
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2019/2/26/18241117/energizer-power-max-p18k-pop-huge-battery-phone-mwc-2019
続きを読む

宇宙の果てには何があるのか専門家に聞いてみた結果wwwww

はるか遠い宇宙の、さらに一番遠いところについて。
月面着陸や火星旅行…「いつか宇宙に行ってみたい!」という想いは、誰もが一度は抱いたことがあるのでは? なかには「いままで誰にも打ち明けたことがないけれど、じつは宇宙の果てのことも気になっていたんだ…」なんて人もいるかもしれません。
今回のGiz Asksでは、そもそも“宇宙の端っこ”とはどこなのか、そこには何があるのか、宇宙の果てにたどり着いたらどうなるのか…などなどの素朴な疑問について宇宙論、物理学の専門家に聞いてみました。
キーワードはやはり、ビッグバン。宇宙の果てまで想いを馳せると、気になるのは“観測可能な宇宙”のさらにその先のこと。誰も知らない、見たことがない世界だからこそますます興味深いわけですが、そもそもわたしたちに答えを知る術はあるのか…。宇宙には端っこがあるのかないのか=宇宙は有限なのか無限なのかという大きなテーマにぶつかります。宇宙のはるかか彼方を考えるうえで、時間との関係性も忘れちゃいけません。
■1. 宇宙の果て=観測の限界
カリフォルニア工科大学物理学研究教授 。とりわけ量子力学、重力、宇宙論、統計力学、基礎物理の研究に従事。
私たちの知る限り、宇宙に端はありません。観測できる範囲には限りがあるので、そこがわたしたちにとって“宇宙の果て”になるといえます。
光が進むスピードが有限(毎年1光年) であるため、遠くのものを見るときは時間的にも遡ることになります。そこで見られるのは約140億年前、ビッグバンで残った放射線。宇宙マイクロ波背景放射とよばれるもので、わたしたちを全方向から取り巻いています。でもこれが物理的な”端”というわけではありません。
わたしたちに見える宇宙には限界があり、その向こうに何があるのかはわかっていません。宇宙は大きな規模で見るとかなり普遍ですが、もしかすると文字通り永遠に続くのかもしれません。もしくは(3次元バージョンの)球体か円環になっている可能性もあります。もしこれが正しければ、宇宙全体の大きさが有限であることにはなりますが、それでも円のように始点も終点も端もないことになります。
わたしたちが観測できないところで宇宙は普遍的でなく、場所によって状態が大きく異なる可能性もあります。これがいわゆる多元宇宙論です。実際に確認できるわけではないですが、こうした部分にも関心を広げておくことが重要だといえます。
■2. 宇宙に果てはない
プリンストン大学物理・天体物理科学教授。宇宙の起源と進化など宇宙論の研究に従事。
(上に)同じく、宇宙には果てなるものがないと考えられるでしょう。
各方面に向かって無限に広がっているか、おそらく包み込むかたちになっている可能性が考えられます。いずれにしても、端はないことになります。ドーナッツ表面のように、宇宙全体に端がない可能性があります(が、3次元での話です。ドーナッツ表面に関しては2次元なので。)このことはつまり、どんな方向に向けてロケットを飛ばしても良いことになりますし、長いあいだ彷徨ったあげく元の地点に戻ってくることも可能だということになります。
実際に見える宇宙の範囲として、観測可能な宇宙と呼んでいる部分もあります。その意味では、宇宙の始まりから私たちのもとへ光が届くまでの時間がなかった場所が端になります。もしかするとその向こうはわたしたちの身の回りで見られるものと同じ超銀河団で、無数の星や惑星が浮かぶ巨大な銀河であるかもしれません。
https://www.gizmodo.jp/2019/02/whats-at-the-edge-of-the-universe.html
続く)

続きを読む