女性

【悲報】ポケモンGOをしていた慶応生さん、うっかり人生を終わらせる・・・

逮捕の慶大生「ポケモンGOをしていたら見つけた」
慶応大生は「ポケモンGO」をしていたところ、女性を見つけ犯行に及んだと供述しています。
慶応大学総合政策学部4年で、「ミスター慶応」のコンテストに出場したことがある光野恭平容疑者(25)は今月1日、東京・港区の路上で、20代の女性に後ろから抱きつき、わいせつな行為をしようとしたとして逮捕され、送検されました。
その後の取材で、光野容疑者が「ポケモンGOをしていたところ、きれいな女性を見つけてあとをつけた」「胸を触ってみたい衝動に駆られ、裏路地に入ったので、暗いから触っても平気だろうと思った」と供述していることが分かりました。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170823-00000034-jnn-soci
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:—-: EXT was configured

続きを読む

男にとって「彼女との買い物」がツラい理由は男性脳・女性脳の“快感”の違いだったwww

見るだけでも楽しい女性・ゴール(目的)が必要な男性
http://ure.pia.co.jp/articles/-/538498
太古の昔、女性の役割のひとつは木の実を集めることでした。仲間の女性たちと、みんなで木の実を集める。そこにゴールはなく、目に入った木の実をとにかく集めることが大切でした。
こうして買い物の脳が発達していった結果、女性はゴールがなくても、木の実(現代なら服やアクセサリーなど)があれば探したくなるようになったのです。
太古の昔、男性の役割のひとつは狩りでした。獲物を追いかけて捕まえる。そこには明確なゴールが存在します。これが大昔の男性の生き方でした。そのため、男性の買い物にはゴール(=目的)が必要になっていったのです。
買い物についての男女の脳の違い
買い物に関して、他にも男女でこのような違いがあります。
■買い物中の会話
男性:買い物に関係する会話がほとんど
女性:買い物に関係しない日常会話も多くしている
■購買時の爽快感
男性:長年欲しかったモノを買ったときにはかなり気持ちがよい(車など)。普段は、それほど気持ちよいとは感じない。
女性:1万円程度のアクセサリーでも、買ったら気持ちが良くなる。
■嬉しい“常連”扱い
男性:何も言わなくても、「いつものタバコですね」と言われて、すっと商品を出されると気持ちよくなる。
女性:他の顧客以上に、気を配って特別扱いしてもらいたくなる。新規の顧客に店長が手を取られていると、「私が常連なんだから、私を優先して欲しい」と考える。

続きを読む

カフェにいた婚活中の男女男性の『度重なる失言』が酷すぎる・・・

女性は気を遣って話題提供をしたり、男性の話に相槌を打ったり、優しい口調で質問をして話題を広げたりしていたそうです。
一方、男性は女性のそんな気遣いに気付かない様子。第三者から見ても頑張っていることが分かる女性の姿を、『女性の素の姿』だと勘違いしていました。
そして、男性は笑いながらこんな発言をしたのです。
「やはり女性はおしゃべりですね〜」
(略)その後、女性は相手を見切って無言になったのですが、男性は自分の失態を理解してなかったそうです。
女性が黙った理由を考えた結果、男性の口から出てきた言葉は…。
「お腹が空いているんですか?」

カフェにいた婚活中の男女 男性の『度重なる失言』に、第三者も固まる!


続きを読む

浮気調査会社に聞いた「確実に浮気している」サインがこちらwwwwwwww


http://mama.bibeaute.com/article/68642/
(一部抜粋)
浮気によって「太る」男性が多いのは、浮気相手と食事しているのに、カモフラージュとして帰宅後に家でも食事をするためだそう。
(略)
また、男女の浮気のサインは、男性ならボーッとするときが増え、下着や服に変化が必ず起こること。特に靴下のゴムの跡があまり見られない場合は要注意。一度どこかで脱いでいる可能性が高いということだ。一方、女性は夜の生活を断るようになるのが、大きな特徴という。
●浮気しやすい男性、されやすい女性
妻が浮気調査を依頼することの多い夫の職業は、上から順に(1)医療関係&先生(医師、弁護士、教師など)、(2)会社経営者、(3)会社勤めの営業。また、「転勤族」も友だちができるとすぐに浮気しやすい傾向があるそう。
また、浮気される側にも共通の特徴があるという。
「浮気されやすい女性は、友だちが少なく、相談相手がいない人。核家族で、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に暮らしていない人。趣味が少ない人。記念日好きな人(男性は記念日を窮屈に感じやすいため)。あとは、家のなかでジーンズやジャージをはいている人です」

続きを読む

「女性漫画家に〇〇は描けない」をことごとく喝破する『荒川弘最強説』に「この漫画家もいるぞ!」の声wwwww

https://togetter.com/li/1254720
【「女性作家に少年マンガみたいな熱いバトルは描けない」
「荒川弘」
「女性作家にダークな雰囲気の物語は」
「壮大で重い哲学は」
「メカや武器は」
「戦争や軍事は」
「牛は」
荒川弘最強説。】
■他にもいるぞ
【荒川弘の尊敬する伊藤悠女史も忘れてはいけないです】
【高橋留美子先生をゴリ推ししたいです!】
【ぜひそこに峰倉かずや先生も入れて欲しい】
皆さんの思う最強な女性漫画家も教えてください♪

続きを読む

【速報】煽り運転して暴行した煽りカスに同乗していた"ガラケー女"も逮捕へwwwwwざまぁwwwww

8月10日に煽り運転を行い、後ろを走っていた男性に対して5発殴るなどの暴行を働いた男性に対して逮捕状が請求された。
あわせて同乗していた女性にも逮捕状が請求。
事件は10日に起き、常磐道で煽り運転をする白い車が突如前に止まったかと思ったら、女性が携帯電話で撮影し、
その後男性が降りてきて後ろの車に乗っていた運転手に対して窓越しに殴り掛かるというもの。
加害者男性が乗っていた車はディーラーから借りていた代車で7月20日に借りた物を3日で返す予定が、
「遠くに居る」「買うつもり」などと返却を伸ばしながら19日間借りていたことがわかった。8月10日に事件が起きた翌日の
11日には代理人の別の者と女性ら計3人で返却にきたが、加害者男性本人はいなかった。
またこの車と同じ車種がほかの場所でも煽り運転を行っていることが発覚。トラックの前を蛇行運転する姿が、
愛知や静岡など2箇所で危険運転の報告されている。いずれもこの常磐道の事件と同じ車種。
現在加害者男性は行方が分からず、自宅も不在だという。加害者男性は不動産屋関係の仕事についていることがわかっている。
https://gogotsu.com/archives/53298

続きを読む

【鬼嫁】「妻が怖くて仕方がない」男性の相談に震える・・・


http://news.careerconnection.jp/?p=38703
・機嫌が悪い時の妻はどんな些細なことでもキレ気味に注意してくるという。家の中を見回して、ほぼ全ての部分について注意を受け、できる範囲で直したところ、今度は行動を注意されて男性は辟易
・このような状況が続くうち、投稿者は「妻がどんな注意をしてくるか」を真っ先に考えるようになった。何をしても怒られるような気がして何をするにも怖くなる状態に
・「怒るということは、妻は何らのストレスは感じているはず」と思った投稿者は無視するのをよしとせず、妻と話し合いをしたが、解決には至らず
・この相談へは「立派なDVです」「いきなり機嫌悪くなってキレてくるのを何回も体験すると何をするにも相手の機嫌を伺うことになって何にもできなくなる」などのコメントが寄せられている

続きを読む

女が職場で受けたヤバすぎるハラスメント・・・


https://news.careerconnection.jp/?p=76552
管理・事務職として働く40代女性は、妊娠中の業務量を減らすため周囲に助けを求め、「やってもらえばいい!」と言われたが、2か月で流産した。そのことを知った上司に、「なぜ言わない。言ってくれればちゃんとするのに!」と怒られる始末だった。
販売・サービス職の40代女性は、産休明けと夫の転勤が重なり、転勤して職場復帰をしたという。しかし、
「移動先では以前のように成績を上げられず、支店長から『成績がいいから産休開けを受け入れてやったのに』と言われました。『普通は産休も取らないでしょ』みたいな感じでも言われました」
と辛酸を嘗めた。

続きを読む

飛行機が怖い96歳ババアが受けた若者の優しさに涙が止まらない・・・


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/260154
「私は96歳で、誕生日に(ミズーリ州)カンザスシティにいる家族に会いに行くところなの。でも飛行機に乗るのは15年ぶりで、ちょっと不安だわ」
そして搭乗機が離陸滑走を始めると、女性は「離陸するまで手を握ってていい?」と男性に頼んだ。男性は快く頼みを聞き入れ、手を握りながら、女性の気持ちを落ち着かせるように、その時、起きていることを丁寧に説明していたという。(中略)
女性がトイレに行くときは、立ち上がるのを手伝い、乱気流で機体が大きく揺れた時には女性を抱き締めた。(中略)
「幸せの涙を流しながら飛行機を降りました。こんなに素晴らしい人がいるということに感謝の念を禁じ得ません。女性も心から感謝していて、男性に『これを食べてちょうだい』と機内食のプレッツェルを渡していました」

続きを読む

北海道でパリピすぎるお祭りが開催されるwwwww


「水掛けみこし」賛否両論 いわない怒涛まつり 目新しさで活気生む
【岩内】8月3、4両日に町内で開催されるいわない怒涛(どとう)まつり(実行委主催)で、「水掛けみこし」が4日に行われる。
水掛けみこしは、男性が担ぐみこしに女性が乗り、道中で観客らが水を浴びせる。昨年はみこし3基に計7人の女性が乗った。
着衣がぬれて透けていく様子やほぼ装飾のないみこしに冷ややかな目も向けられた。町内の40代の女性は「期待していただけにがっかり。昔とは別物で下品に見えた」と率直に語る。20代女性は「女性に水を掛けて喜ぶという構図自体が異様」と顔をしかめた。

続きを読む