写真

【画像】MLB開幕戦に全身ピンク姿の目立った日本人男女が目撃され海外メディアツイート!やっぱりあの二人だったwwwwww


20日行われたMLB開幕戦にて全身ピンク姿の男女2人が観客席から応援している様子が目撃された。
海外メディアがそれを激写しTwitterに投稿したところ日本人で話題になっている。
それもそのはず、全身ピンク姿の男女2人は林家ペー、林家パー子だった。林家パー子はピンクのデジタルカメラを持ち、
胸にはイチローの写真を貼りつけ応援。それにしてもイチローの写真が古い……。
そのツイートを見た日本人が「この人達は有名人だよ」と海外メディアにリプライ。
ツイートも4316件のリツイート、7770件のいいねと拡散している。

MLB開幕戦に全身ピンク姿の目立った男女が目撃され海外メディアツイート! あの2人だった


続きを読む

【画像】女性議員、自撮りが動物愛護団体の怒りに触れ炎上wwwwwwwww


福井県高浜町議会の児玉千明議員(30)がSNS(会員制交流サイト)フェイスブックなどに掲載していた、獣肉や自身を写した写真や文章が「命を軽視するような行為」
で不適切だとして、東京の動物愛護団体が3月13日までに、児玉議員の辞職を求める要望書を同町議会事務局に送付したことが団体への取材で分かった。
また、この写真などが別のSNS上で頒布されたことなどから、同町議会事務局に8日以降、100件を超す抗議のメールが送られる事態となっている。
児玉議員は1期目。県猟友会高浜支部に所属しているなど、獣肉を解体する機会がある。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190314-00010000-fukui-l18


続きを読む

【画像】桑田真澄の次男・Mattno最新ビジュアルに騒然・・・これ化け物だろ気持ち悪い

元プロ野球選手・桑田真澄氏の次男でタレントのMatt(24)が、28日に自身のインスタグラムを更新。
トイプードルを抱く自撮り写真を公開し、その現実離れしたビジュアルにまたも驚きの声が相次いでいる。
■「パルフェちゃん」とツーショット

Mattは「かわいすぎて癒やされる パルフェちゃん」とつづり、トイプードルとの2ショット写真を公開。
パルフェちゃんは知人が飼っている犬だそうで、その愛らしさからか「#プードル #飼いたい」とのハッシュタグも付けられている。
以前から「顔の違和感」が話題になっているMattだが、本人は美容整形をその都度否定。以前出演したテレビ番組では、
週1回ペースのまつ毛エクステや月2回の眉毛カラー、メイクには2時間もの時間を費やし、完璧な美へのこだわりを明かしている。
■「もはやCGにしか…」驚きの声
こちらの投稿や女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』には、益々美しさに磨きがかかったMattの近影に、驚きの声が相次いで寄せられている。
「うそ!! 人形でしょ?!」
「まさに、お人形さんとぬいぐるみ」
「もはやCGにしか見えないけど、実物もこんな感じなの?」
「リカちゃん人形一味にこんな感じの男性いるよね?」
あまりにも整った完璧なルックスに、「人形の写真ではないのか」と困惑してしまった人まで。

桑田真澄氏の次男・Matt、最新ビジュアルに騒然 「もはやCGにしか…」


続きを読む

安達祐実の夫婦生活に「ド変態」の声www

https://www.narinari.com/Nd/20180549559.html
桑島は今でも毎日安達の写真を撮っており、現在アルバム117冊、約3万枚の写真があることで、周りからは「ド助平じゃないですか。ドン引きしましたよ」「助平だわ」との声が上がることに。

続きを読む

【画像】老けて怖い?宇多田ヒカルの最新ジャケット写真をめぐって大激論!!

https://asajo.jp/excerpt/52051
5月15日、宇多田ヒカルの最新アルバム「初恋」のジャケット写真が公開された。宇多田のアップの写真で、ニューヨークを拠点にする日本人写真家のTakay氏が撮ったものだという。このジャケット写真をめぐって、ファンの間で大激論が展開されている。
「写真は宇多田の今をリアルにとらえたもので、アップということもあり肌のくすみや目のまわりには小ジワも見えます。あえてそのまま残したのではないでしょうか。ところが一部のファンからは『老けちゃった?』などと残念がる声が上がってしまいました」(芸能ライター)
それだけでなく「目つきがイッちゃてて怖い」「迷走してるように見える」といった他角度からのツッコミも入り、否定派と擁護派との間でバトルになっているようだ。

個人的にはナチュラルでいいなと思ったんですが…
皆さんどう思います??
続きを読む

この「意味が分かると怖い話」わかる・・・??


生き別れの双子の兄がいる事は知っていた。当時生活が苦しくて生まれたばかりの兄を里子に出されたらしい。
その兄に、大学入学が決まった3月に街でばったり会ったんだ。
全く同じ顔だから間違えようが無い。
兄も俺の存在を前から知っていたようで「今日は就活中で忙しいんだ、次の日曜日に会おう」と
喫茶店の名を告げて足早に去っていった。
日曜日。
兄が指定した喫茶店に入った。古く小さな店内は5人ほど座れるカウンターと4人掛のテーブルが2つ。
兄は手前のテーブルに座っていた、奥のテーブルには40代後半の男女一組。
俺「俺なんか大学行くし車買ってもらったし、先週はスキーに行ったんだよ。就活してるって言うけど
仕事先はまだ見つかってないんだろ?兄ちゃん、家に戻っておいでよ。」
兄「・・・・・・・・」
俺「絶対そうすべきだよ。」
兄「お前には妹が居るんだよ・・・・・・・・」兄は泣いていた。
続きを読む