デザイン

【画像】日産、GT-R2020年モデルを6月に発売wwwwww

日産自動車は4月17日、6月発売予定の『NISSAN GT-R』2020年モデルを発表。あわせて、『NISSAN GT-R NISMO』2020年モデルと限定モデル『NISSAN GT-R 50thアニバーサリー』、『フェアレディZ 50thアニバーサリー』を公開した。
■NISSAN GT-R 2020年モデル
GT-R 2020年モデルは、GT-R NISMOに採用してきたレスポンス向上に貢献するターボ高効率化技術「アブレダブルシール」を採用。吸入した空気の漏れを最小限にすることで、ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現する。
また、Rモード専用のアダプティブシフトコントロール(ASC)のシフトスケジュールをよりアグレッシブに設定した。コーナー進入時のブレーキングでは、積極的に低いギア段を選択し、より鋭いコーナー進入と同時に、再加速時の駆動レスポンスを向上させ、より鋭いコーナー加速を実現。新たなサスペンションセッティングも行い、速さはもちろん鋭い応答性と乗り心地の質の高さを実現した。さらに、ブレーキはブースター特性のチューニングにより初期の効き感を向上させ、短いストロークで効きが立ち上がるコントロール性の良いブレーキを実現した。
ボディカラーには、見る角度により表情を変える新色のワンガンブルーを設定した。閃光のような鮮やかなブルーが特長。青色の透明ベースに光干渉顔料を追加することで、ミステリアスな色の変化が愉しめる。また、手作りで加工した青く輝くチタン製のエキゾーストフィニッシャを採用。よりスポーティな印象を与えるマフラーと、新デザインのホイールが2020年モデルの存在感を際立たせている。
価格は1063万1520円から1210万5720円。
■NISSAN GT-R NISMO 2020年モデル
GT-R NISMO 2020年モデルは、2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型ターボチャージャーを採用した。NISMO用の新たなタービンブレードは、枚数を減らすとともに最新の流体・応力解析を用い、形状を徹底的に見直すことで出力を落とすことなく、レスポンスを約20%向上。アクセルを踏み込んだ際の立ち上がり加速性能を高めている。
また、ルーフやエンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を使用し、車両を約10.5kg軽量化することでコーナリング性能が向上した。新開発のレカロシートは、ドライバーの肩甲骨から脇腹、骨盤を安定して支え、車両とドライバーの一体感を向上。さらに、カーボンシェルにコアフレーム構造を追加することで軽量化をしながら剛性を高めている。
空力面では、GT3レーシングカーを彷彿とさせるエアダクトをフロントフェンダーに装備。エンジンルームからの熱を逃がすだけでなく、エンジンルーム内の内圧を下げ、エアダクトの排出風によってフェンダー外表面の流速を下げることで表面リフトを減少。フロントタイヤのダウンフォースを増やす効果ももたらす。
新開発した世界最大級のサイズを誇る超高性能のカーボンセラミックブレーキは、世界トップクラスの制動性能はもちろん、サーキットにおける高Gでの効きの良さと、一般道などでの低Gでのコントロール性の両立を実現。ブレーキローターの大径化に合わせて、ピストン配列を最適化した専用の高剛性キャリパーと、新しい摩擦材のブレーキパッドを開発し、高負荷状況だけでなく、日常的な使用においても圧倒的な制動力と優れたコントロール性を実現する。
車両の軽量化、空力性能の向上に加え、9本スポークが特徴の軽量かつ高剛性な鍛造アルミホイールと、新開発のハイグリップゴムを採用するとともに、走行中の接地面積を最大化したハイグリップタイヤを新たに開発。さらに、これに伴い電子制御サスペンションのセッティングも施した。軽量化したブレーキと相まってばね下重量を大幅に削減し、路面をより確実にとらえ、その凹凸にあわせてタイヤのグリップを最大限使用できるようになった。
GT-R NISMO 2020年モデルは、5月中旬より先行予約受付を開始する。







2019年4月17日(水)12時15分 レスポンス
https://response.jp/article/2019/04/17/321473.html

続きを読む

【画像】日本車、まともなデザイナーがいないwwwwwwww

世界ではヒュンダイが有力デザイナーを囲いすぎて他社が困ってる模様
「『軽』にここまで必要か?」、日産と三菱自が共同開発した新モデルの先進性
https://newswitch.jp/p/17051
日産自動車と三菱自動車は28日、共同開発した軽自動車の新モデルをそれぞれのブランドで発売したと発表した。
軽自動車を唯一所有する「ファーストカー」として利用する消費者の増加に対応し、自動運転など先進技術を多く搭載したのが特徴。
自動車業界で日産は自動運転技術の競争で先頭集団におり、その成果を三菱自と分け合った格好となる。一方、三菱自は培った軽生産技術を生かしコスト低減に貢献した。

新開発したエンジンには仏ルノーの基盤設計を採り入れており、新型軽は3社連合の深化の証でもある。
月販目標はデイズは8000台、eKは4000台。軽市場でのシェアは日産は10%前後に留まる状況が続き、三菱自は3%程度に留まる。

続きを読む