テレビ

【悲報】カーリング女子がCDデビュー!?タイトルは「SO.DA.NE」wwwwwww

https://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/
閉幕後2日くらいじゃ熱気はとても冷めやらない平昌五輪。活躍目覚ましかった日本代表チームから次々とスターが生まれたが、
中でも銅メダルを獲得したカーリング女子のロコ・ソラーレ(LS)北見のメンバーは、
連日テレビに生出演し注目度はさらに高まっている。
芸能界やテレビ界もいまだ大興奮のままで、今後も、テレビの出演オファーが殺到するのは確実。
そんななか“CDデビュー”という夢プランが動きだした。
タイトルは、すでに流行語となっている「SO.DA.NE」だという――。

続きを読む

【画像】道民あるある!?大泉洋らTEAMNACSを全国TVでみると保護者目線で手に汗握るwwwww

https://otakei.otakuma.net/archives/2019051706.html

北海道の人からするとTEAM NACSは「近所のお兄ちゃん」的な身近さで見ているのです。テレビに出始めた頃の彼らは確かに素人くさく、まさに近所のお兄ちゃんがテレビに出ちゃった、といった感じでした。横山さんもTEAM NACSのメンバーと同じく北海道釧路市出身で、大学まで北海道にいたこともあり、彼らを北海道時代から見てきているので、つい「全国区の番組に出て大丈夫か?」と、保護者目線で見てしまうのかもしれませんね。

続きを読む

幼児とスマホの衝撃的な関係!→「ADHDリスク7倍」と発覚・・・


http://news.livedoor.com/article/detail/16467303/
この発表では「画面時間(画面を見る時間)」が幼児に与える影響が浮き彫りとなりました。
その他の大きな発見は2つありました。
1つは、画面時間の長かった3〜5歳児は、5歳に達した時の注意力や言動に深刻な問題が見られたという事。
もう1つは、「画面を見る」事は他のどのリスク要因(睡眠・育児ストレス・金銭問題等)よりも影響力が大きかったという事です。
「画面時間は1日30分以下が望ましく、幼少期から情報端末を与えるべきでは
ないと考えます。」と、研究リーダーは警鐘を鳴らしています。

続きを読む

東京五輪チケットの申し込み初日大混乱!手続き4時間超にwwwwwww

https://hochi.news/articles/20190510-OHT1T50030.html
殺到が予想される午前10時の開始直後を避け、午後1時半にアクセスを試みたが、予想以上に長い戦いが待っていた。
最初に表示されたのはチケット販売サイトへの待機画面。約67万人待ちという驚きの数字とともに「見積もりのお待ち時間」は1時間以上となっていた。1時間40分後に画面が切り替わったが、今度は購入ページへの待機で再び1時間以上待ちの表示。根気強く待っていたが、残り25分となった次の瞬間に56分と表示が変わるなど、道のりは遠そうだ。
午後5時15分。競技や席種の選択画面にたどり着いた。開会式を選び、思い切って最高価格30万円の席を2枚申し込む。4時間を超える作業が完了し、確認メールが届いた。

続きを読む

「日本一のテレビドラマ」ベスト30が決定!!お前らどのドラマが好き?wwwwww

誌面には、結果発表として「ベスト100」がズラリと並んでいますが、さすがに全部記すには多いので(笑)、ここでは「トップ30」を挙げておきます。
「歴代テレビドラマベスト30」と呼んでもいいでしょう。
31位から100位までは、発売中の「週刊現代」5月11日増刊号をご覧いただけたらと思います。
1位 「あまちゃん」13年、NHK
2位 「傷だらけの天使」74年、日本テレビ
3位 「俺たちの旅」75年、日本テレビ
4位 「北の国から」81年、フジテレビ
5位 「淋しいのはお前だけじゃない」82年、TBS
6位 「すいか」03年、日本テレビ
7位 「早春スケッチブック」83年、フジテレビ
8位 「高校教師」93年、TBS
9位 「東京ラブストーリー」91年、フジテレビ
10位 「寺内貫太郎一家」74年、TBS
11位 「半沢直樹」13年、TBS
12位 「天下御免」71年、NHK
13位 「あ・うん」80年、NHK
14位 「岸辺のアルバム」77年、TBS
15位 「夢千代日記」81年、NHK
16位 「阿修羅のごとく」79年、NHK
17位 「木枯し紋次郎」72年、フジテレビ
18位 「カルテット」17年、TBS
19位 「時間ですよ」70年、TBS
20位 「必殺シリーズ」72年、TBS
21位 「ふぞろいの林檎たち」83年、TBS
22位 「男たちの旅路」76年、NHK
23位 「お荷物小荷物」70年、TBS
24位 「西遊記」78年、日本テレビ
25位 「細うで繁盛記」70年、日本テレビ
26位 「思い出づくり。」81年、TBS
27位 「逃げるは恥だが役に立つ」16年、TBS
28位 「不良少女とよばれて」84年、TBS
29位 「どてらい男」73年、フジテレビ
30位 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」12年、テレビ朝日
(週刊現代 2018年5月11日増刊号
https://news.yahoo.co.jp/byline/usuihiroyoshi/20180506-00084875/

続きを読む

【画像】東京五輪チケット申込開始へ、狙い目は?購入チャンス広げる“敗者復活法”もwwwwww

いよいよ今日から申込開始ですね!
https://2020.yahoo.co.jp/column/detail/201904260001-spnavi
まず、チケット販売の全体像は次の図1のとおり。

チケットは抽選販売(5月9日〜28日)、先着順販売(19年秋予定)、直前期販売(20年春以降)の3段階に分けて販売されるが、今回行われるのは最初の抽選申し込みだ。先着順ではないので、観戦の計画をしっかりと立てた上で申し込むのが賢明だろう。
■申し込みの“狙い目”は?
“人気者”を狙うなら予選も一手
メダルが期待される日本勢を決勝で見るには高倍率を覚悟しなければならないが、予選や準々決勝であれば当選チャンスは広がる。確実に“人気者”を見たいなら、あえて予選をチョイスするのは一つの手だ。
“メダル狙い”なら新種目をチェック
東京五輪で初実施される種目には、日本勢のメダルが期待されるものが多い。中でもおすすめはスポーツクライミングとスケートボード。野外で行われるため暑さが気になるが、自由席であれば決勝でも5000円前後と手軽に見に行けるのもポイントが高い。
■抽選に落ちてもチャンスはある
人気競技の抽選は高倍率になることが予想され、中には全て落選してしまう人も出てくるだろう。ただ、先に述べたように、今後もオンラインや販売所などでチケット販売が行われる。また、大会組織委員会では来春にも、定価でチケットが転売できる公式リセールサービスを開始する予定になっており、こちらでもチケットを手にするチャンスがある。いつ、どこで、どのチケットが購入できるのか、東京五輪の生観戦を目指すのであれば、抽選販売後も最新情報を確認することが重要となりそうだ。
※詳細はソースに

続きを読む

【画像】語尾の「〜じゃん」、使う??→全国調査の結果wwwww

https://j-town.net/tokyo/research/results/278048.html?p=all
「じゃん」は三河弁にも特徴的な表現で、三河弁の代名詞「じゃん・だら・りん」の一つ。愛知県の結果を見るとやはり「ごく普通に使う」で75.2%、「時々使う」も含めると92.3%を記録し、方言として定着していることをうかがわせた。

人口の多い大阪でも「使う」のグループは27.7%と低く、逆に「聞いたことはある」が47.7%、「全く聞いたことがない」グループは24.6%に上った。4人に1人が「じゃん」を全く知らないと答え、他府県でも同様の傾向が出ている。

みなさんのお住まいの地域や地元ではどうですか?

続きを読む