アメリカ

【画像】プレミアム化する日本車の価格がコチラwwwwww

アメリカ・アメリア島で「RMオークション」が2019年3月8日〜9日に開催。
21回目の開催となるアメリア・オークションでは全142台が出品されるなか、日本のスポーツカーも数多くリストに入っており、その人気ぶりをみせた。
今回は国産スポーツカー4台と、高額落札モデルをトップ5を紹介しよう。
1.1993年式 マツダRX-7(FD3S)

落札価格(日本円):561万1485円
個人コレクションから出品されたRX-7の走行距離は1万3600マイル(2万1887km)、2オーナーものだ。
日本においても、ロータリーエンジンの搭載モデルとして、走り好きなファンを虜にした1台。
漫画「頭文字D」や映画「ワイルドスピード」にも登場することから、海外でも高い人気ぶりをみせている。
2.1996年式 日産フェアレディZ 300ZXツインターボ

落札価格(日本円):591万6691円
ロー&ワイドのスタイリングを持つZ32型フェアレディZも北米では人気の1台。
日本では当時の自主規制によって国産車初の280馬力として話題となったが、
自動車メディアでは「北米仕様は300馬力」というキャッチが目立ったモデルでもある。
1994年式 トヨタ・スープラ ツインターボ タルガ

落札価格(日本円):1932万9318円
2019年1月のアメリカ・デトロイトショーで発表されたスープラ。
今回、個人コレクションから放出された先代の80型スープラは、走行距離1万1200マイル(1万8024km)という個体だ。
しかも新車から25年もの間にチューニングされることなく、オリジナルのまま過ごしてきたという。
トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション」落札価格トップ5
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00010004-amweb-bus_all&p=1

続きを読む

【画像】「クラウド導入率」で日本が1位に、アメリカやイギリス、ドイツを抜く快挙wwwwwwww

ZaaSとは、いわゆるブラック企業で行われている人件費のクラウド化である。
残業代は雲のようにどこかへ消え去る。

https://monobook.org/wiki/ZaaS_(Zangyo_as_a_Service)
ーー表向き「退出」としておきながら、残業をさせることが当たり前になっている職場の問題点を教えてください
「サービス残業をさせた上に、証拠の隠滅工作をするとはとんでもない会社ですが、このような会社は時々目にします。
常套手段はタイムカードを退勤で押させた後に残業させる方法です。
こんな行為は、もちろん違法です。
労働基準法は使用者に労働日数や労働時間等を適正に記入した賃金台帳等を作成し、3年間保存する義務を課します(労働基準法108条等)。
使用者の労働時間把握義務は、労働安全衛生法66条8の3でも明示されています。
表面上『退勤』扱いとしつつ仕事をさせる行為は、労働時間を故意に少なく見せかける違反行為です。
このような違法行為は、上司にも本人にも不利益を生じます」
ーーどういうことでしょうか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00009218-bengocom-soci
続きを読む

【すごE】NASA、2028年に有人月面探査実現へ長期滞在目指す

【2月15日 AFP】
米航空宇宙局(NASA)は14日、有人月面探査計画を民間企業と協力して加速すると発表した。首都ワシントンの本部で記者会見したジム・ブライデンスタイン(Jim Bridenstine)長官によると、月面での長期滞在を念頭に「持続可能な形とし、宇宙飛行士が定期的に行き来できるようにする」計画で、2028年までの実現を目指す。
この有人月面探査計画は、2017年12月にドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が署名した宇宙政策を具体化したもの。2030年代に実現を目指す有人火星探査の前に、再び月面に宇宙飛行士を降り立たせる構想だ。
NASAは有人探査に備え、2024年までに月面に無人探査機を着陸させる計画で、すでに探査機建造のため民間企業の入札を募集している。入札は3月25日に締め切り、5月に第1回選考を実施する。
有人月面探査では、まず、2026年までに月周回軌道に「ゲートウェイ(Lunar Gateway)」と名付けた小型の宇宙ステーションを建設し、地球と月面との中継拠点とする。国際宇宙ステーション(ISS)のように宇宙飛行士が常時滞在することはないが、ISSと同様に他国の参加も求める方針だ。
早ければ年内、遅くとも2020年中に計測機器などを月に輸送する方向でNASAは計画を進めている。
NASAのトーマス・ザブーケン(Thomas Zurbuchen)科学局長は「われわれはスピードを重視している」とコメント。「すべての輸送計画や着陸計画が成功するとは思っていない。リスクはいとわない」と明言した。
米国人宇宙飛行士が最後に月面に着陸したのは1972年で、アポロ17号(Apollo 17)の船長ユージン・サーナン(Eugene Cernan)飛行士が月面を歩行した。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3211267
続きを読む

【極悪】日本731部隊が実行した鬼畜すぎる9つの人体実験/女性「子供の命だけは助けて」→子供も実験


第二次世界大戦当時、大日本帝国陸軍の研究機関として満州に実在した部隊731部隊のエピソードは鬼畜すぎるものばかりで、当時の報告書を読むと、今では信じられない残虐行為を知ることができる。
・日本人も人体実験の対象
対象者は捕虜として捕まえたロシア人、アメリカ人、朝朝鮮人、中国人、モンゴル人など、複数の国籍の人々。日本人も残酷に殺されており、敵も味方も関係なく人体実験を行っていたとされる。
(中略)
・731部隊が実行した鬼畜すぎる9つの人体実験
1. ペスト菌を注射
ペスト菌を注射し、発病するまでの経過を観察。最終的に生きたまま解剖し、血液の採取や内臓の取り出しをする。麻酔をしないため苦しみながら絶命する。
2. 生きたまま麻酔ナシで解剖
上記のペスト菌感染者だけでなく、あらゆるパターンであらゆる人種の捕虜を生きたまま解剖する。頸動脈を切ったり内臓を取り出すため、すべての捕虜が解剖されながら絶命する。
3. ガス実験
ガス室にあらゆる種類のガスを充満させ、それをガラス張りの部屋から観察し、絶命するまでの経過を研究する。ガス室で死なない捕虜もいるらしく、その場合は銃で打ち殺す。
4. 凍傷実験
極寒の場に置いて凍傷するようすを研究する。手足の指だけでなくあらゆる部分が凍傷となり、最終的に殺す。
5. 乳児の凍傷実験
性的暴行や人体実験のため妊娠してしまった女性捕虜から生まれた乳児を凍傷させ、その症状の経過を研究する。乳児は絶命し、ホルマリン漬けにして保存したものもある。乳児の母親である女性は「子供の命だけは助けて」と声をあげたこともあると記録されている。
6. 冷凍実験
7. 銃弾実験
8. 強制性行為
強制的に捕虜同士に性行為をさせる実験が行われた。頭から袋をかぶせられ、氏優位には複数の軍人や研究者がいるなか性行為をすることになる。
9. 女性に対する梅毒実験
梅毒などの性病感染者に強制的な性行為を行わせることで、性病の発病から悪化まで経過などを研究する。このような実験で妊娠する捕虜も多く、生まれた乳児も人体実験として使用して絶命させる。
全画像と動画は以下ソース
続きを読む

国境を越えた7歳の少女、拘束されて死亡トランプ批判へメルケルの悪夢再びか

中米のグアテマラからアメリカへの入国を目指して家族とともに国境を越えた7歳の少女が、アメリカの
当局に拘束されたあと体調不良を訴え、死亡しました。移民に対して厳しい姿勢をとり続ける
トランプ大統領への批判が一層高まりそうです。
アメリカの主要メディアによりますと、死亡したのは中米グアテマラ出身のジャクリン・カールちゃん(7)です。
西部ニューメキシコ州のメキシコとの国境近くで、今月6日、不法入国したとして、少女と29歳の父親は、
ほかの移民の集団160人余りとともにアメリカの国境警備当局に拘束されました。
その後、少女はおう吐などの症状を訴え、40度以上の高熱を出し、2日後に病院で死亡したということです。
死因はわかっていませんが、アメリカの当局は「拘束前の数日間、飲まず食わずだった可能性がある」
としています。
ホワイトハウスのギドリー副報道官は14日、記者団に対して「悲劇的な状況だ」と述べ、哀悼の意を
示した一方で、「合法的に入国していれば防げたはずの死だ」として、トランプ政権には責任はないという
認識を示しました。
一方、野党・民主党は「これは人道危機だ。かよわい家族たちが安全に入国することを認める
道義的責任がわれわれにはある」として議会で追及する方針で、国内の人権団体からも非難する声が
上がっています。
トランプ大統領は、メキシコとの国境の壁の建設に強い意欲を見せるなど不法移民に対して厳しい
姿勢をとり続けていますが、少女の死をきっかけにトランプ大統領への批判が一層高まりそうです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181216/k10011749131000.html

続きを読む