アメリカ

【悲報】研究者「日本の捕鯨は大したことない。アメリカとカナダの方がやばい!!!」→その内容が・・・・・

日本の捕鯨はクジラ保全最大の脅威ではない。アメリカとカナダは自分たちの有害な行為に目を向けるべきだとするアメリカの研究者
2019/08/18 20:30
2019年7月、日本は31年ぶりに商業捕鯨を再開した。これに対し、西欧諸国から多くの批判が寄せられている。
しかし、アメリカ・コーネル大学の海洋生物学者チャールズ・H・グリーン教授は、
捕鯨を個人的に好ましいこととは思わないとしながらも、それを批判するアメリカ人やカナダ人は、
自分たちのより有害な行為に目を向けるべきだという論説を『Scientific American』に寄稿している。
【日本の商業捕鯨がクジラの生息数に影響を与える可能性は低い】
日本政府は国際捕鯨委員会(IWC)から脱退し商業捕鯨を再開、ノルウェーとアイスランドに加わることになった。
だが、悪い話ばかりではなく、日本政府は南極条約(南極周辺海域における生物資源の商業利用を規制)に
従うことに同意し、南極海での”調査”捕鯨は中止する旨を発表している。
また商業捕鯨についても、生息数が十分な種のみを捕鯨し、それも自国の領海と排他的経済水域に限ると述べている。
国際的な非難はあるものの、適切に管理された日本の商業捕鯨が、
危機に瀕したクジラの生息数に大きな影響を与える可能性は低いとグリーン教授は語る。
対照的に、北アメリカはどうだろうか? 東海岸ではアメリカもカナダも数十年間捕鯨を行なっていないが、
両国の漁業は絶滅が危惧される種のひとつであるタイセイヨウセミクジラにとって潜在的な脅威となっている。
(以下ソース)
http://karapaia.com/archives/52278298.html

続きを読む

【画像】アメリカで最も売れてるハンドガンがコチラwwwwwwwww

ルガーLCP
スターム・ルガー社が2008年から護身用として発売している自動拳銃
装弾数は6/7+1、重さは270g、値段は200ドル前後(日本円で2万ちょい)
徹底的なコンパクト化と軽量化を実現させた一品
軽く、携行した時に目立たないと女性から絶賛の嵐
アメリカ女性の多くがこの銃を所持しており、発売から10年以上経っても人気は衰えない
2017年にはアメリカの大手ガンサイト【ガンブローカー】で売り上げ1位の栄誉に輝いた

続きを読む

【悲報】アメリカで都市伝説並の事件が起きてしまう・・・

・ある大金持ちが性目的で小児の人身取引をしていたと逮捕される
・その大金持ちが所有している島に謎の施設が建てられていてその施設で大人数の小児に性的な接待をさせていたことが次々と告発される
・島に招待された顧客リストの中には数々の世界的な有名人が並べられていた
・警察が保釈を拒否すると大金持ちは自殺してしまう(本当に自殺だったのか不可解な点が多い)
・現在は性的暴行、食人疑惑が浮上している

続きを読む

【動画あり】アメリカ産とメキシコ産の日産車を正面から衝突させた結果wwwww

日本製と中国製の同じ商品が目の前に置かれた場合、あなたはどちらを選ぶだろうか。もちろん、同じなのでどちらをとっても一緒だ。しかし、多くの人はメイドインジャパンを選ぶに違いない。なぜなら「日本製」は安心感があるからだ。
訪日中国人が「メイドインチャイナ」を爆買いする心理もそうだろうが、確かに生産国が違えばわずかな品質差はどこかで現れる。例えば今回ご紹介する「生産国が違うセダン同士を衝突させた実験動画」もそう。非常に興味深いものとなっているので、ぜひともご覧いただきたい。
・アメリカ産 vs メキシコ産
動画「2015 Nissan Tsuru vs. 2016 Nissan Versa」で検証されているのは、車の事故を想定した衝突だ。
アメリカ産とメキシコ産の車を正面から時速64キロで衝突させ、どのような結果になるのかを見ている。
比較対象となったのは、アメリカ産の「2016年日産ヴァーサ(シルバー)」、一方のメキシコは「2015年
日産ツル(赤)」。ともに一番安いセダンをチョイスしており、形もほぼ同じサイズとなっている。
・大破するメキシコ産
普通に考えたらお互いが大破して終わり。製造した国が違うだけでそこまで差はないと思うところだが、
とんでもない結果になったのがこの動画である。というのも、激しくぶつかった2台は、お互いに大きく
損傷した……と思いきや!
すぐにメキシコ産の欠陥が顕著に現れるではないか! まず運転席の惨状が目に見ても明らか。
アメリカ産が何とか無事なのに対し、メキシコ産は跡形もなし。また、アメリカ産はコンマ数秒でエアバッグが
作動するも、メキシコ産はエアバッグさえ備えつけられていないから驚かされる。
・大きな品質差
言葉を失うような結果は実際に動画でご覧いただきたいが、世界が「メイドインジャパン」を欲するのも
なんだか納得してしまう。国によって安全基準は異なるが、メキシコ産の車はあまりにも衝撃的すぎだろう。
ソース/ロケットニュース24
【検証】アメリカ産とメキシコ産の車を正面から衝突させた結果 → 笑えるくらいの品質差を露呈
動画/2015 Nissan Tsuru vs. 2016 Nissan Versa

続きを読む

【画像】20台限定の「シボレーカマロ」がヤバ過ぎると話題にwwwwwwww

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年8月8日、スポーツクーペ「シボレー・カマロ」に20台の限定車「カマロSTYLING SPORT EDITION(スタイリングスポーツエディション)」を設定。同年8月20日に発売すると発表した。
今回のカマロ スタイリングスポーツエディションは、パワフルな6.2リッターV8モデル「カマロSS」がベースの限定車。
ボディーカラーに新色のシャドーグレーメタリックを採用し、レッドアウトラインストライプ付きの5スポークグロスブラックホイールでドレスアップ。ジェットブラックのインテリアには、レカロ製のパフォーマンスシートが組み合わされている。
価格はベース車から48万6000円アップの729万円。20台限定で販売される。(webCG)
2019.08.08
https://www.webcg.net/articles/-/41336
カマロ STYLING SPORT EDITION(スタイリングスポーツエディション)



続きを読む