【速報】トランプ大統領の支持率、過去最高の46%になってしまう同時期のオバマより高い模様

【ワシントン共同】米世論調査会社ギャラップは7日までに、トランプ大統領の支持率が46%となり、
ギャラップによる大統領就任以来の調査で最高を記録したと発表した。調査期間は4月17〜30日。
ロシア疑惑捜査報告書の公表を受けたトランプ政権による「勝利宣言」や、好調な経済が
影響しているとみられる。
共和党支持者の支持率は91%で、2018年11月の92%に次ぐ高さ。民主党支持者も過去最高だった
17年4月と同じ12%が支持すると答えた。無党派層の支持率は37%。全米の成人1024人を対象に調査した。
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019050801000838.html

続きを読む

Google、うっかりイヤホンジャックありFeliCa搭載の格安最強スマホを発売してしまうww

知ってた、この未来見た気がする!
と、なんだか先月くらいからこんな未来がチラ見されてたけど、そんな僕らの、いや世界の予想通りにPixelの新型、ミッドレンジスマホ「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」が発表されました。価格は399ドルから。やっす!
そしてなんと、日本でも今日から発売されるみたい! 詳しいキャリアなど、販路は不明です。
https://www.gizmodo.jp/2019/05/pixel-3a.html

続きを読む

【画像】50年以上前のコンピューター黎明期を支えた「磁気コアメモリ」とは?

IBMが1964年に発表したメインフレーム「System/360」は、「OSの共有が可能で拡張性の高い汎用目的コンピューター」という、現代に近い形のコンピューターを商用として市場に送り出した最初のモデルといわれています。そんなSystem/360に使われていた「磁気コアメモリ」について、古いコンピューターの修復を手がけるエンジニアのKen Shirriff氏がブログで解説しています。

A look at IBM S/360 core memory: In the 1960s, 128 kilobytes weighed 610 pounds

IBMはSystem/360に280億ドル(当時のレートで約10兆円)、その中でも磁器コアメモリに対して50億ドル(約1兆8000億円)ものコストをかけたといわれています。System/360に補助記憶装置として搭載された磁気コアメモリは当初の容量が16KBだったものの、すぐに32KBや64KBに改良されたとのこと。アポロ計画を超える規模の予算で開発されたSystem/360は大成功を収めて、IBMはその後のコンピューター業界をけん引する存在となりました。
磁気コアメモリは半導体メモリチップが登場するまで、1950年代から1970年代にかけて主流となった記憶補助装置でした。磁気コアメモリの1単位は円環状のフェライトコアと書き込み線・読み出し線という2本の電線で構成され、コアの内部に生じる磁束に応じて0か1かを記憶させるという仕組みです。そのため、磁気コアメモリは多くの半導体メモリと異なり不揮発性で、さらにランダムアクセスが可能で破壊読み出し型という仕様となっています。

実際の磁気コアメモリのユニットを見るとこんな感じ。まるで織物のように電線が縦と横に交わっていて、その交差点にフェライトコアが装着されています。指の大きさと比較して分かるとおり、1単位の大きさは非常に小さいもの。

このフェライトコア1つで1ビットの情報を収納するため、64KBの磁気コアメモリユニットは必然的に巨大なものとなります。

最も人気のあったSystem/360モデル40は月額9000ドル(約320万円)から1万7000ドル(約610万円)で借りることができ、1972年までにIBMはモデル40だけで10億ドル(約3600億円)の収益を得たとのこと。System/360ではCPU・電源・ストレージというコンピューターのシステムが1つのフレームに収められていて、当時としてはかなりコンパクトなサイズにまとめることに成功しました。それでも1つのフレームサイズはおよそ150cm×60cmで、その重さは610ポンド(約270kg)はあったそうです。

次期モデルとなるSystem/360 モデル50は、月額1万8000ドル(約650万円)から3万2000ドル(約1150万円)で借りることができました。磁気コアメモリのストレージはIBM 2361 Large Capacity Storageで、その容量は最大256KB。ストレージフレームを追加することで512KBまで拡張できたそうです。

モデル50の磁気コアメモリユニットはこんな感じ。水平方向に積み重ねられた18枚の磁気コアメモリで構成されていて、接続に用いる大量のハーネスが正面に写っています。フェライトコアと電線で構成されるコアメモリ本体は組み立てた状態だと見えません。

当時はまだトランジスタ・抵抗・コンデンサーを1つのチップにまとめた集積回路は商用には導入されておらず、抵抗やコンデンサを形成してトランジスタと組み合わせた基盤を複数つないだ部分がコンピューターのコアユニットとなっていました。以下の写真は、32個のトランジスタをつんだドライバゲートボードを16枚接続したコアユニット。

https://gigazine.net/news/20190506-ibm-magnetic-core-memory/
続く)

続きを読む

【画像】シャープ、ハイエンドスマホ「AQUOSR3」発表!画面の美しさとカメラ性能が前人未到の領域へwwwwwwww

シャープ、“Pro IGZO”搭載の最上位スマホ「AQUOS R3」。“史上最高の画質と性能”
■第5世代IGZOをディスプレイに採用
ディスプレイの大きさは約6.2インチ。HDRにも対応しており、「スマートフォンAQUOS史上最高の画質と性能を実現」したと説明されている。従来のR2から大きさは維持しながらも、
0.2インチの拡大が行われた。
性能を決めるとする電子移動度が従来から2.5倍の第5世代IGZOを使用した、新開発の「Pro IGZO」を採用。これにより従来の1,667万色から64倍となる10億色の表現力を実現。
10億色を基準に制作されるHDRコンテンツにおいても、製作者の意図通りに再生できるとしている。
■カメラ部分もフルリニューアル
アウトカメラはR2から引き続き、静止画用と動画用それぞれにカメラもつデュアルカメラを搭載。撮像素子、レンズ、画像処理エンジンの全てにおいて刷新が行われた。
静止画用カメラは有効約1,220万画素の裏面照射積層型のCMOSを採用し、レンズの焦点距離は26mm相当。1.4ミクロンのセンサーピッチに加えてF1.7という明るさのレンズを採用することで、
従来と比較して2.4倍の明るさを実現。低ノイズでクリアな撮影が可能になったとしている。光学式手ぶれ補正も搭載するほか、全面位相差のAFにより、
被写体がどこにあっても高速なピント合わせが行えるという。
動画用カメラでは、有効2,010万画素の裏面照射積層型のCMOSを搭載する。レンズの焦点距離は18mm相当で、レンズの明るさはF2.4。ディープフォーカス、電子式手ぶれ補正、
AIライブシャッター、AIライブストーリーに対応する。またインカメラは有効約1,630万画素の裏面照射積層型のCMOSを搭載しており、焦点距離は25mm、明るさF2.0のレンズを搭載する。
動画用カメラのセンサーには「Quad Bayer構造」という特殊な配列を採用することで、フルHDでは4つの画素を1つとして処理するなど画素サイズを大型化して処理することで、
2倍の光を取り込むことができとのこと。一方4Kなどの高解像度撮影では画素を細分化して処理することで解像度優先の撮影ができるという。
本体サイズ : 約156×74×8.9mm
重さ : 約185g
CPU : Snapdragon 855
OS : Android 9 Pie
RAM : 6GB
ROM : 128GB
ディスプレイ : 約6.2インチ Pro IGZOディスプレイ(3,120×1,440ドット)
静止画用カメラ : 約1,220万画素 F1.7レンズ(広角78度、焦点距離26mm相当)
動画用カメラ : 約2,010万画素 F2.4レンズ(超広角125度、焦点距離18mm相当)
インカメラ : 約1,630万画素 F2.0レンズ(広角80度、焦点距離25mm相当)
Wi-Fi : IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth : 5.0
インタフェース : USB Type-C
バッテリ容量 : 3,200mAh(Qi規格準拠のワイヤレス受電対応、11W)
生体認証 : 顔認証、指紋認証



https://www.phileweb.com/news/mobile_pc/201905/08/1454.html

続きを読む

【衝撃】5Gスマホ、2Gファイルを5秒でダウンロード可能にwwwwwww

シャープが5Gスマホ試作機を披露。
2GB動画を5秒でダウンロード
シャープは8日、5G通信対応スマートフォンのプロトタイプ(試作機)を披露した。
製品版の発売時期は未定だが、通信各社が5Gサービスを開始する来春を見据えて「先頭集団として準備していきたい」
(シャープ通信事業本部 パーソナル通信事業部 小林繁事業部長)としている。
展示されたのは、同日に発表されたLTE対応スマートフォン「AQUOS R3」をベースに、5G通信の機能も搭載したもの。
5Gのミリ波、6GHz未満のSub6プロトコルのほか、既存の国内の周波数帯にも全て対応。
同社の伝送試験では2GBの動画1本を約5秒でダウンロードできたという。


https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1183327.html
※電波特性の関係でPHSやWiMAXより狭いエリアとなります

続きを読む

園児突っ込み事故で逮捕された女2人、園児の死を知らされ泣き崩れる・・・・・・

逮捕の女2人は泣き崩れ…園児の列に車突っ込み死亡
5/8(水) 17:58
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190508-00000046-ann-soci
All Nippon NewsNetwork(ANN)
散歩中の園児の列に車が突っ込み、2歳の園児2人が死亡した事故で加害者の供述が入ってきました。逮捕された女は「対向車が入ってきたので避けようとした」と話していることが分かりました。事故の捜査を進めている大津警察署から報告です。
(沖原千佳記者報告)
大津警察署では8日午後、報道陣に対して事故を起こした車2台が公開されました。どちらも前方が大破している状態ではあったのですが、警察によりますと、現場には目立ったブレーキ痕がなく、目撃情報などからもどちらの車もそれほどスピードは出ていなかったのではないかということです。
また、容疑者2人の8日の取り調べが終了しました。どちらもぽつぽつと当時の状況を話し始めたということでしたが、まだ急に泣き出したり突然、取り乱したりと当時の詳しい状況をはっきりと話すところまでは至っていません。警察は、容疑者2人の容疑を過失運転致死傷に切り替えて捜査を継続していくということです。9日以降は現場の防犯カメラやドライブレコーダーの映像などを調べるとしています。

続きを読む