ムーアの法則が終わると、暗黒時代ではなく黄金時代が始まる

トランジスタの集積度が1年半〜2年ごとに2倍になる「ムーアの法則」が間もなく終焉するとの見方が強まっている。ムーアの法則が終わってプロセッサーの性能向上が見込めなくなると、IT業界は「暗黒時代」に突入する…と思いきや、コンピューター科学者は逆に「黄金時代がやってきた」と興奮し始めている。
いったい何の黄金時代がやってきたというのか。「コンピューターアーキテクチャーの新しい黄金時代(A New Golden Age for Computer Architecture)がやってきた」。そんな主張を全社的に展開している米グーグル(Google)でテクノロジーインフラストラクチャー開発を統括するウルス・ヘルツル(Urs Holzle)上級副社長にその真意を聞く機会を得た。
ヘネ・パタの両氏が提唱
コンピューターアーキテクチャーの新しい黄金時代という表現を最初に使い始めたのは、コンピューター科学分野のノーベル賞とも呼ばれるチューリング賞を2017年に共同受賞した、ジョン・ヘネシー(John Hennessy)氏とデイビッド・パターソン(David Patterson)氏だ。
長らく米スタンフォード大学(Stanford University)の学長を務めたヘネシー氏は現在、グーグルの親会社である米アルファベット(Alphabet)の取締役会長を務め、パターソン氏は米カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の教授を退任後にグーグルに転じ、現在は半導体開発チームのエンジニアとして勤務している。
スタンフォード大学の研究者時代にはヘネシー氏が率いるプロセッサー開発プロジェクトに参加していたというグーグルのヘルツル氏は、「コンピューターの世界を長らく支配してきたムーアの法則が通用しなくなり、科学者は新しい『やり方』を自由に探しても良いことになった。だからこそ科学者にとっては、これからが黄金時代なのだ」と語る。
これまでの30年間は、ムーアの法則に従い米インテル(Intel)の「x86プロセッサー」やコンピューターメーカー各社のRISCプロセッサーなど汎用プロセッサーの性能が伸び続けていた。エンドユーザーにとってはハードウエアを買い替えるだけで性能向上を享受できるありがたい時代だった。
しかしその一方で、コンピューター科学者にとっては腕の振るいどころが限定される時代でもあった。「スーパーコンピューターで使われていたベクトル型プロセッサーなど、汎用プロセッサー以外の選択肢が次々と姿を消していった」(ヘルツル氏)という、選択肢が少なくなる一方の時代だったからだ。
消費電力はもう限界
しかし近年、半導体製造プロセスの微細化が限界に近づき、トランジスタの集積度を上げることが難しくなっている。ムーアの法則が有効だった時代は、プロセッサーの消費電力を抑えながら性能を向上させることが可能だったが、近年のプロセッサーは消費電力が上がる一方だ。
「10年前であればサーバー用プロセッサーの消費電力は100ワット程度だったが、今では230ワットほどにまで上昇した。グーグルが開発する機械学習専用の『第3世代TPU』の場合はプロセッサー1個で400ワットもの電力を消費する」。ヘルツル氏はそう指摘する。
以下ソース
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00692/041800001/

続きを読む

【画像】2ちゃん発の仮想通貨「モナコイン」が爆上げキタ━(゜∀゜)━!wwwwww

Coinhive事件の控訴審の裁判費用について、被告のモロさんが、日本ハッカー協会を通じて寄付の募集を始めた。
銀行口座への振り込みのほか、ビットコイン、モナコイン、PayPayによる寄付も可能だ。
Coinhive訴訟控訴審の裁判費用、寄付募集 仮想通貨やPayPayもOK
https://www.excite.co.jp/news/article/Itmedia_news_20190419079/

続きを読む

【画像】鹿児島で9本足のタコがみつかるwwwwwwww

鹿児島県龍郷町の鮮魚店に足が9本の島ダコ(ワモンダコ)が持ち込まれた。発見者は同店の田畑浩さん(58)。「8本でも9本でもおいしさは変わらないが、珍しいので、さばく前に、まずは近所の子どもたちに見せてあげたい」と笑顔を見せた。
このタコは、18日夜に町内の漁師が取ったもの。持ち込まれた後、前処理の塩もみをしている際に9本足であることに気付いた。田畑さんは「多分取った本人はまだ気付いていないはず。後で教えてあげないと」と笑った。
店を始めて約40年。多い時は年間千匹以上のタコをさばく田畑さんだが、9本足のタコに出合ったのは今回で2回目。約20年ぶりという。「以前のものは足の先の方で細く枝分かれしていた程度だったが、今回は他の足と遜色ない太さ。平成の終わりの記念になる」とうれしそうに語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00010002-nankainn-l46

続きを読む

【画像】豪華すぎるベビーカーが「コンビ」より100万円で登場!車体に7518個のスワロフスキーを装飾wwwwww

100万円の豪華すぎるベビーカーが登場! 車体に約7500個のスワロフスキーを装飾「赤ちゃんとの毎日を輝かせて」
2018.9.22
https://news.careerconnection.jp/?p=59937
ベビー用品大手の「コンビ」は9月20日より、価格100万円(税別)のベビーカー「スゴカル 4キャス compact エッグショック HH クリスタル」(以下、HH クリスタル)の販売をスタートした。


オーストリアの宝飾品製造「スワロフスキー」のクリスタル・ガラスでタイヤやフレーム、幌部分を飾り、その数は7518個に上る。
同社によると、このベビーカーは創立60年を記念したプロジェクトモデルとして開発。
広報担当者は、
「弊社には『赤ちゃんを育てることが、楽しく幸せだと思える社会』というビジョンがあります。その考えにもとづき、子育てをして気分が上がり、赤ちゃんとの毎日が輝くようにという想いを込めました」
と話した。
商品の注文は、同社公式オンラインショップ「コンビショップ」よりできる。
■ 受注生産で、一台一台を国内で縫製

車体のベースは、通常5万5000円(税別)で発売している「スゴカル」シリーズの商品、「スゴカル 4キャス エッグショック HH/HJ」。全体を軽量化し、オムツや水分、着替えなど荷物が増えがちな赤ちゃんとの外出をサポートする商品として人気がある。
HHクリスタルは、店頭販売ではなく、受注生産のみ。オーダー後に一台一台を国内で縫製するため、受け取りまでは注文から4?5週間要する。
特徴はクリスタル・ガラスが放つまばゆいばかりの輝きだけではない。赤ちゃんの体を覆う幌の外側の生地は手触りが良い仕上がりで、シートの一部にはオーガニックコットンを使い、優しい肌触りを実現した。
赤ちゃんを乗せる抱っこシート頭部には、卵を落としても割れないほどの超・衝撃吸収素材「エッグショック」を採用し、赤ちゃんを移動時の振動から守っている。
前出の担当者によれば、すでに問い合わせが来ているという。10月以降には期間限定で、一部の百貨店で展示と販売をする予定とのことだ。

続きを読む