【胸糞】ベビーカー押していた女性を蹴る!容疑で27歳の大学生を逮捕・・・

ベビーカーの母親を蹴った疑い 大学生を逮捕
2019/04/25 23:43
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000153134.html
千葉県我孫子市の駅のホームで2歳の女の子を乗せてベビーカーを押していた30代の母親を蹴ったとして、27歳の大学生の男が逮捕されました。
茨城県取手市の大学4年生・中泉公利容疑者は25日午前9時ごろ、JR我孫子駅のホームで2歳の女の子をベビーカーに乗せていた30代の母親を蹴った暴行の疑いが持たれています。母親にけがはありませんでした。警察によりますと、中泉容疑者はホーム上で並んでエスカレーターを待っていた母親の左足をいきなり右足で蹴ったということです。
母親が近くにいた駅員に被害を訴えました。取り調べに対し、中泉容疑者は「留年してむしゃくしゃしていた」と容疑を認めています。2人には面識がなかったということで、警察が詳しい経緯を調べています。
★1: 2019/04/26(金) 02:50:38.15
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556214638/

続きを読む

もはやタブーじゃない!?美容整形をしたら約8割は「カミングアウトOK」らしいぞwwwww

http://news.livedoor.com/article/detail/16385322/
美容整形を施術する「東京イセアクリニック」では男女900人を対象に、美容整形に関するさまざまな価値観についてアンケート調査を実施。こちらによると「美容整形をしたい」と考えている人は全体の41.1%。一方「今も将来もしたくない」人は58.9%だそうです。
しかしそれを他の人に堂々と“カミングアウト”することができる人は、どのくらいいるのでしょうか?同調査がアンケートを行なったところ、以下のような結果となりました。

なんと半数以上は「聞かれたら言う」(53.5%)と回答。「抵抗なく言える」人も26.0%となり、全体の約8割はカミングアウトOKなのです。

続きを読む

【驚愕】「4月30日に巨大地震が来る」ツイッターに出回る怪情報の根拠とはwwwwww

◆ 「4月30日に地震が…」ネットで出回る怪情報 根拠は「聖徳太子の予言」、その正体は?
「平成最後の日」である2019年4月30日、あるいは「令和最初の日」となる5月1日に、東京を大地震が襲う――SNSなどで、こうした噂が流布している。
その根拠とされるのが、「聖徳太子の予言」なるものだ。
しかしJ-CASTニュースが調べたところ、その「予言」は、30年近く前の書籍で取り上げられた出所不明のものだった。
■YouTubeの「字幕動画」なども拡散に一役
噂の発信源となっているのは、いくつかのオカルト系ネットメディアの記事だ。
その内容を要約すると、以下のようなものになる。
――歴史上の偉人として知られる聖徳太子には、未来を見通す不思議な力があり、「未来記」なる書物を残していた。その太子が、このように予言したという。
「私の死後200年以内に、山城国に都が築かれ、1000年に渡って栄える(=平安京)。しかし『黒龍』(=黒船)が訪れ、都は東に移される(=東京)。しかしその東の都は200年後、『クハンダ』が来て、親と7人の子どものように分かれるだろう」
平安京、さらにその後の黒船襲来をも見通していた太子。
その太子が、「東の都」は200年後、「クハンダ」によってバラバラになる、と予言した。
「クハンダ」とは仏教用語で「末世に現れる鬼」だという。
それによって東京がバラバラになるというのは、つまり地震などの大災害と考えられる。
写真:『新纂仏像図鑑 天之巻』に登場するクハンダ。どことなく愛嬌も(国会図書館デジタルコレクションより)

天皇陛下の譲位と新天皇の即位によって霊的な守護力が弱まる2019年4月30日〜5月1日こそ、その「クハンダが来る時」だ――
こうした記事を元にしたYouTubeの「字幕動画」と呼ばれる、テキストを主体としたゴシップ系動画や、まとめサイトなどを通じて噂が拡散し、SNSに広まっている。
ツイッターでも、4月末に入り、「なんか4月30日巨大地震くるみたいな噂しているんですが、本当なんですかね……」「聖徳太子の予言だと4月30日…。 前からずっと地震のこと考えてたけど予言が怖い」「南海トラフってそういうのやめよ〜聖徳太子の予言とかしんどい〜」など、不安を訴える声が少なからず見られる。
■ 元ネタは『ノストラダムスの大予言』著者
しかし、J-CASTニュースが調べたところ、そもそもこの「東の都にクハンダが来る」という予言自体、歴史的な文献では確認できなかった。
一方、五島勉氏が1991年に刊行した『聖徳太子「未来記」の秘予言』(青春出版社)ではほぼ同内容の「予言」が掲載されている。
細かい解説なども一致するため、ネット上で拡散する「予言」はこれが原典と見られる。
写真:元ネタとみられる書籍

五島氏は1973年刊行の『ノストラダムスの大予言』などの著書があり、「1999年人類滅亡説」の火付け役として知られる。
ただ、『聖徳太子「未来記」の秘予言』では、「クハンダが来る」予言の出典を明示しておらず、その信憑性は定かではない。
また五島氏の書籍では、この予言は「首都機能が分散する」意味だと解釈されている。
「クハンダが来る」の予言は東日本大震災を機に、ネット上でも言及される機会が増えたことが確認できる。
「大地震」説は、出典が示されないまま引用、孫引きが繰り返される中で、解釈がひとり歩きしたものとみられる。
■ 正体不明の「予言」を見つけるまで
記者がこの「予言」を知ったのは、あるまとめサイトを通じてだった。
「【聖徳太子の恐るべき予言】2019年4月30日に『クハンダ』の来襲で東京が八つ裂きに!? 」
4月初頭、スマホブラウザの「おすすめ記事」として表示されたのは、こんなおどろおどろしい見出しである。
天皇の代替わりの「空白」を狙って、恐るべき怪物「クハンダ」が襲来する――まるで怪獣映画のような筋書きだ。
だが、YouTubeなどで検索すると、同様の内容を扱った動画が、複数ヒットした。
中には1万回以上再生されているものもある。
「【衝撃】2019年4月30日に日本滅亡!」
「聖徳太子が予言していた日本滅亡は2019年4月30日…新元号と天皇譲位でクハンダ襲来!? 」
「南海トラフ巨大地震が、4月30日にくるぞ!」
※続きは下記のソースでご覧ください
J-CASTニュース 2019/4/28(日) 14:00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00000004-jct-sci

続きを読む

【画像】鶴に餌をやり続けて50年。「鶴のおばあちゃん」99歳で老衰死去・・・


「鶴のおばあちゃん」死去 鶴を保護、60年で10倍に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00000039-asahi-soci

国の特別天然記念物、タンチョウの保護のため、給餌(きゅうじ)の草分けとして長年にわたって給餌活動を続けてきた北海道鶴居村の渡部トメさんが26日夜、老衰のため死去した。99歳だった。
渡部さんは、絶滅の危機に瀕(ひん)したタンチョウを守るため、自宅の牧草地を開放し、1962年から給餌活動を始めた。餌が不足する冬場、一輪車にトウモロコシを満載し、待ちかねたタンチョウに与えた。
生前は「鶴のおばあちゃん」として村民や野鳥愛好家らから親しまれた。
長男正博さん(78)によると、給餌を始めたころは20、30羽だったタンチョウはその後、徐々に数を増やし、今では200羽を超すこともあるという。
10年ほど前からは体が弱ったトメさんに代わって次男の繁博さん(71)が給餌を受け継いでいる。2001年には長年の給餌活動に対し勲六等瑞宝章が贈られた。

続きを読む

陽キャ「消しゴム借りていい?w」彡(゜)(゜)「あ、どうぞ」彡(゜)(゜)「…」→結果wwwww


大学の陽キャ「この前こういうことがあってさ〜w」女「何それウケるw」ワイ「…」
5 :風吹けば名無し[]:2019/04/28(日) 00:41:10.67 ID:V5Shirfua
隣の席の奴「ごめん、消しゴム借りていい?」
ワイ「あ、どうぞ」
〜休み時間〜
ワイ「(トイレの鏡に向かって)あ、どうぞ あ、どうぞ あ、どうぞ あ、どうぞ あ、どうぞ あ、どうぞ」

続きを読む

【悲報】史上最強のハイスペック生物、『鯉』に決定する!!!!!


・口に入るものは何でも食う大食漢
・どれだけ汚れた水の中でも平然と生き抜く生命力
・高温の水にも低温の水にも耐える
・陸に上げても数時間は生きる
・喉頭歯という独自の歯は金属すらもひしゃぐ威力
・『世界の侵略的生物ワースト100』にも選出されるほど海外で猛威を振るっている
・滝を登ると龍になる
・錦鯉の価格はMAXで2億を超える
・日本の国獣(国魚)
最強過ぎて草ァ……………………

続きを読む