離婚

妻に水商売経験があると知り離婚しようとした結果・・・

https://news.livedoor.com/topics/detail/17145046/
男性は交際から1年数ヶ月で妻と結婚しました。妻のアカウントには、水商売経験があり、同棲していた期間にも働いていたという記述がありました。また、みだらな写真も投稿されていました。
ーー男性は離婚を考えていますが、離婚理由になるのでしょうか
離婚の訴えができる場合として、民法は770条を明記しています。まずストレートに「不貞行為」(民法770条1項1号)を理由とする離婚請求は難しいでしょう。
妻の婚姻前の水商売経験を立証した上で、それが現在の夫婦生活を破綻させてしまう程の深刻なものと裁判所に認めてもらう必要があります。

続きを読む

「元モー娘」福田明日香、1年前に離婚していた・・・1年3か月のスピード破局!!

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170723-OHT1T50204.html
さらに「理由は、価値観の相違と子育ての方針の違いからお互いコミュニケーションが取れず、家庭生活を営なむ上で、協力し合うことが難しくなったためです。2016年3月より幾度となく話し合いを重ねて来ましたが、話し合いの中で解決が出来ず、お互いに別の道を歩むことなりました。
離婚してから1年が立っての報告に「出産後すぐの出来事だったため(第1子の月齢は4ケ月)、しばらくは精神的に葛藤があり、離婚してこれから1人で子育てしていくことを受け入れ、前向きになるまで時間を要してしまいました」と説明。

続きを読む

「自己肯定感が低く、しにたいと言う子も多い」→親が離婚した子どもたちの喪失感・・・

https://www.jprime.jp/articles/-/15643
「子どもにとって、親の離婚は一種の喪失体験なんですよね。片方の親に会えない寂しさがあるけど、自分の家庭は普通じゃないから、周りの人にはわかってもらえないと思っている。胸の内を吐ける場所もないので、喪失感を埋めることができないまま大人になる。私の場合、高校の担任が親の離婚を経験していて、話を聞いてもらえたので、運がよかったんです」
<中略>
設立以来、ウィーズの活動は忙しくなる一方だ。軽い気持ちで離婚する最近の風潮について、光本さんはどう見ているのか。
「離婚がダメではない。でも、その裏で傷ついている子どもがいることを忘れないでほしい。子どもの目線に立って考えることを忘れている親御さんが多いので、もう少し冷静に考えてもらいたいです」

続きを読む

不倫された憎しみはいつまで続くのか?→結果・・・

夫に不倫や浮気された憎しみはいつまで続きますか?
今発覚して1年、夫も相手も憎くて憎くてたまりません。悲しくて虚しくて苦しくて辛いです…
いつまで続くのかな…
批判や不倫される方にも原因があるとかのコメントはご遠慮ください。

続きを読む

夫から突然の離婚宣告。残された妻は「離婚したければ、解決金を払って!」


https://www.bengo4.com/c_3/n_9899/
夫は離婚理由として「家の事が心配で仕事に集中できない、一緒にいても不安な未来しかない。性格の不一致での離婚となると思う」と言ったそうです。また離婚に際して、子どもの毎月の養育費と引っ越し代、生活が安定するまでの2、3カ月分の生活費を出すとの条件も提示してきました。
女性はこれに対し、離婚調停をおこして「離婚したければ、解決金を払うよう条件を突きつけたい」と考えています。
夫は有責配偶者ではありませんが、解決金というかたちでお金をもらえる可能性はあるのでしょうか。鳥生尚美弁護士に聞きました。
●解決金の金額はどのくらい?
「解決金の金額は、あくまで離婚をしたい当事者がそのために支払える金額と、離婚をしたくない当事者が『その金額であれば離婚に応じてもいい』と考える金額との兼ね合いで決まるものです。
そのため、婚姻期間の経過、双方の資力、離婚後の生活の見通しなどによってケースバイケースです」

続きを読む

【驚愕】最近の夫婦の関係、もうめちゃくちゃwwwwww

mamatenna 2017年10月28日 5時58分
http://news.livedoor.com/article/detail/13811533/
いじめは子どもたちだけの問題ではなく、大人社会にも存在します。それは、たとえば最も身近なコミュニティである家庭においても起こり得ることです。
「妻からのいじめ被害を訴える夫は少なくありません」と語るのは、夫婦問題専門家として、これまで2万件以上の相談に乗ってきた岡野あつこさん。その実態について聞きました。
●お風呂に入るな! 安物でいい! 「夫いじめ」のリアル
本来は、お互いに支え合い、慈しみ合うのが夫婦としてのあるべき姿とされています。しかし、それはあくまでも理想の話。現実世界で起きている「夫いじめ」は、妻が生活の主導権を握り、夫の日常をじわじわと追い詰めるケースが見受けられるようです。
「ある方(夫)は、妻から『汚い、不潔』と罵られて、お風呂も入らせてもらえないと相談にきました。その方は銭湯に通っていて、『まだ我慢できるけど何とかしたい』と和解を望んでいたんです。ただ、どうやら妻が女友達と結託していたようで、夫をどういたぶるか相談していたことが発覚。
結果的に不信感が払しょくできず離婚してしまいましたね」(岡野さん、以下同)
他にも、こんな事例があるとか。
「毎日スーパーの安い惣菜だけを食べさせたり、安い材料で簡単な料理しか作らなかったりと、経費を抑えるケースはよく耳にします。食事だけではなく、シャンプーや石鹸など、夫が使うものすべてを安物で埋め尽くすんです。
あとは、趣味や遊びなど、好きなことをさせないように邪魔をするケースも多いですね。もし育児中で、妻自身も時間がない場合だったとしても、『今日は遊びに行っていいけど、来週の休みは代わりに子どもの世話をしてね』など、譲歩したり交渉したりするのが思いやりですよね。
でも、夫いじめのスイッチが入った妻は、とにかく夫の自由な時間を奪う。無理矢理予定を入れたり、小遣いを減らしたりと邪魔をするべく画策します」

続きを読む