豊洲

amazon「豊洲の土地買おうか、物流センターにするぞ」

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190581
盛り土がなく、使い勝手にも難があり、“違法建築”の疑惑まで浮上している豊洲新市場。
もはや“白紙撤回”は避けられない状態だ。
とても食品市場としては使えない。そこで、ここへきて、ナント豊洲の売却話まで飛び出している。
東京都に売却してしまったが、もともと豊洲で工場を稼働させていた東京ガスは、跡地にホテルを建設する計画を立てていたという。
敷地面積約40ヘクタールを誇る豊洲は、土壌汚染問題はあるものの、東京ガスがホテル建設を考えたように、それなりに利用価値があるようだ。
「ホテルはもちろんですが、カジノや大型商業施設、運動場などに利用できるとの話が以前から出ていました」(都政事情通)
■気になる売却先は?
もはや、市場は開かれないと判断したのか、すでに複数の企業が「買いたい」と、手を挙げているという。
「最も熱心だとみられているのが、ネット物流大手A社です。豊洲に立つ3棟のうち1棟に目星をつけ、
大規模な物流センターとして使うことを想定しているといいます。市場関係者の間では、A社が買収するらしい、という噂が飛び交っています」(都政事情通=前出)
カジノを含む統合型リゾート(IR)として転用することを想定し、複数のアミューズメント会社も名乗りを上げているという話も流れている。

続きを読む