参院選公認で紛糾立民鎌田氏離党
(熊本県)
来年夏の参議院選挙について立憲民主党は公認候補を決める緊急の会議を開いたが紛糾し、鎌田聡代表代行が離党の意向を示す異例の事態となった。
立憲民主党熊本県連は緊急の常任幹事会を開き、来年夏の参院選に新人の原圭助氏を公認し、党本部に申請することを決めた。
元民進党熊本県連事務局長の原氏は今月7日に立候補を表明したばかり。
スピード感を持って対応したという県連代表の矢上代表だが…。
野党間での統一候補擁立を前提に慎重に議論したい幹部から異論が続出して会議は紛糾。
鎌田聡代表代行は席を蹴って退席、そのまま離党届を提出した。
http://www.news24.jp/nnn/news8689177.html
本日、立憲民主党を離党しました。
立憲民主党熊本県連合は、7月23日開催の常任幹事会において、参院選熊本選挙区の候補者については、
立憲民主党公認候補擁立に向けて9月末までに自薦他薦を含めて作業を進め、野党連携も重要なので野党との調整も行うとの方針を確認していましたが、
急遽先週緊急に8月13日に常任幹事会を招集され、本日の常任幹事会で立憲からの出馬を希望している原圭介氏を本部に公認申請することを決めようとしました。
https://blog.goo.ne.jp/5163_2006/e/504374b878f3b475724fcfd99bb2bb02

続きを読む