中国軍が遼寧省大連の造船所で建造している、国産初の空母の全容をとらえた写真を読売新聞は入手した。
9月下旬に撮影された写真には、上甲板の構造物工事が本格化し、右舷に艦橋とみられる構造物が写っている。船首部にはスキージャンプ台方式と呼ばれる、艦載機が飛び立つための傾斜も確認できる。
読売新聞が入手した、遼寧省大連で9月下旬に撮影された建造中の中国初の国産空母の写真
(以下省略、続きはソースで)
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160930-OYT1T50166.html?from=ytop_main2

続きを読む