示談

性的暴行した新井浩文、もはや刑務所行きが免れないことを知り、裁判所でブチ切れるwwww

派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優
新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)被告(40)の第3回公判が23日、東京地裁で開かれ、
検察側は懲役5年を求刑した。新井被告は最終意見陳述で色をなして女性の主張に反論。
改めて無罪を訴え結審した。判決は12月2日に言い渡される
計3回に及ぶ審理の最後の最後に初めて感情をむき出しにした。滝岡俊文裁判長に「最後に言いたいことは?」と
求められた新井被告は「一つだけ思ったことを言います」と、怒気を帯びた声で訴え始めた。
反論したのは、被害女性がこの日、文書で地裁に提出した意見陳述書の一部。事件当時の状況を
「(新井被告に)何をされるか分からなくて思考停止し、抵抗できなかった」とする記述に対し
「今まで裁判でずっと“抵抗した”と言ってきたのに、陳述書で“抵抗できなかった”に変わっているのはおかしい」と声を荒らげた。
先月26日の被告人質問では「私」のことを「うち」と言って語気をやや強めるシーンはあったが、
全体を通じて淡々とした答弁が印象的だった。この日は対照的に、女性の意見陳述書が読まれている間に
顔をしかめたり、ため息をつくなど、言葉だけでなく感情を幾度も表に出した。
示談の可能性が消えたこともその変化に影響したとみられる。

続きを読む