残業

【悲報】「自分が若いころは当たり前」スーパー「コノミヤ」違法残業・・・

大阪や愛知などでスーパーマーケットを展開するコノミヤ(大阪市鶴見区)が、社員に月100時間超の長時間労働をさせ残業代も支払わなかったとして、大阪労働局は20日、労働基準法違反容疑で、法人としての同社と、専務(65)と業務本部長(43)の男性2人を書類送検した。
労働局によると、専務は「自分が若いころは残業が当然で残業代申請もしておらず、当たり前だと思っていた」と供述。従業員は残業を余儀なくされていたが、社長が残業しないように指示し報告も求めていたため、専務らは部下が残業を隠して作った報告書をそのまま社長に上げていたという。
書類送検容疑は平成26年9月〜27年2月、本社管理部門の30〜50代の男性社員4人にそれぞれ最大で1カ月105〜64時間の時間外労働をさせ、割増賃金計約293万円を払わなかったとしている。
同局によると、コノミヤは16年以降、各地の労働基準監督署から是正指導を20回以上受け、店舗では「残業ゼロ」へ改善を進めていたが、店舗を管理する本社内では残業が横行。労働局は今年2月に本社などを捜索し書類を差し押さえた。
いわゆる「ブラック企業」対策で東京と大阪の労働局に昨年新設された「過重労働撲滅特別対策班(かとく)」が立件した。かとくによる立件としては全国で5件目で、うち大阪は3件。
2016.10.20 20:23
http://www.sankei.com/west/news/161020/wst1610200063-n1.html

続きを読む

甘くなりすぎた最近の新卒のモンスター化がヤバイ…

http://news.careerconnection.jp/?p=51392
新入社員は入社後、良くも悪くも目立つ。周囲の社員と異なる行動をする場合、その注目度はひときわ高くなる。
3月11日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)では、自分の仕事だけを終わらせ、上司から残業の指示があっても従わない部下を「モンスター新人」と紹介していた。ネットでは、こうした紹介の仕方を「ただ優秀なだけ」「モンスターでもなんでもない」と批判する人も出ている。
相談者である45歳の中堅社員によると、この部下は入社から半年間、上司の残業命令を「自分の時間を大切にしたい」などの理由で拒否し続けているという。口頭注意をしても「要領が悪い人に、効率が上がるよう指導してはどうか」と言い返し、従う様子は見られない。仕事のやる気がないわけではなく、業務成績は常にトップだが、とにかく残業が嫌いのようだ。
こうした中、この部下は新商品開発に関する重要な会議を、「定時だから」と抜けようとした。相談者は部下の行動に怒り、チームの和を乱すこの部下を「減給処分にしたいが出来るか」という相談を寄せていた。

続きを読む