昭和世代が「この人は平成生まれだなと感じる言動」&平成世代が「この人は昭和生まれだなと感じる言動」とは?
2019年5月1日の皇太子さまの即位に伴って、平成が終わり、新元号に改められます。
30年間という平成の時代。あっという間だった気がするけれど、平成元年にオギャーと生まれた子が30歳になっていると考えると、白目をむいて倒れそうになりますよねぇ。
そんなふうに思っているわたしは、まごうことなき “昭和世代” 。
ソニー生命保険株式会社が発表していたのは、どうしても比べられがちな “昭和世代” と “平成世代” の違いがよく表れているアンケート結果です。
【注:平成生まれ代表は20代&昭和生まれ代表は50代です】
調査対象となったのは、全国の平成生まれの男女(20歳〜28歳の男女500名)と、昭和生まれの男女(52歳〜59歳の男女500名)。
両者には親子ほどの年齢差がありますが、比較対象できるよう、昭和生まれ世代の代表には「平成を迎えた年に若手社会人として活躍していた男女」を選んだといいます。
中でもわたしがもっとも注目したのは、「昭和生まれが思う “この人は平成生まれだな” と感じる言動」と、「平成生まれが思う “この人は昭和生まれだな” と感じる言動」でした。
まずは前者におけるベスト5を紹介しますので、さっそくご覧になってみてくださいっ。
◆昭和生まれが思う “この人は平成生まれだな” と感じる言動
1位 「すごい、感動などの意味で『ヤバイ』と言う」(45.6%)
2位 「固定電話を持っていない」(40.2%)
3位 「驚いたとき『マジっすか』と言う」(36.4%)
4位 「ニュースは新聞よりネットで見る」(31.0%)
5位 「上司にタメ口で話す」(28.0%)
ほおお、50代ではなく30代のわたしも、この結果には納得!
「ヤバイ」や「マジっすか」はたしかによく耳にしますし、「上司にタメ口」も普通にいるから(全員じゃありませんが)、頭を鈍器で殴られたような衝撃を受けます。
わたし的にはこれに「ファックスを使ったことがない・使い方がわからない」を入れたいところ。
このご時世、固定電話よりむしろ、ファックスが自宅にあるって人のほうが少ないのではないでしょうか!?
昭和世代が「この人は平成生まれだなと感じる言動」&平成世代が「この人は昭和生まれだなと感じる言動」とは?

続きを読む