【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は20日、西日本を襲った記録的な豪雨により大きな被害を受けた日本の被災地に対し、100万ドル(約1億1200万円)の義援金を贈る方針を明らかにした。
日本政府によると、19日までに217人が死亡、12人が行方不明となり、4581人が避難所で過ごしている。
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が東京を訪問し、安倍晋三首相と会談した際、お見舞いと早期復旧を願うメッセージを伝えた。安倍首相は謝意を表明した。
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/07/20/0200000000AJP20180720002900882.HTML
関連ニュース
菅官房長官は18日午前の記者会見で、今回の豪雨災害に伴い、中国から2480万円、台湾から2000万円、タイから500万バーツ(日本円でおよそ1700万円)の義援金を受け取ったことを明らかにしたうえで、
「その他の諸外国・地域や機関からも、お見舞いのメッセージや支援の申し出を頂いている」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180718/k10011537751000.html

続きを読む