教師

いじめ教員「お前ら、今日やらんかったら知らんぞ」後輩教師の男女に"性行為"を強要していた・・・

神戸・東須磨小学校イジメ教師は後輩男女教諭に性行為を強要した
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17241238/
時期は昨年末ごろ。加害教師4人組の1人で、30代男性のA教師が、後輩教師の男女に対し、「お前ら、今日やらんかったら知らんぞ」などと脅迫の上、性行為を強要し、その証拠画像を撮影して送るよう指示していた。さらに「(証拠画像は)汚いからオレの携帯には送ってくんなよ」と命じた上、動画が報道されている「激辛カレー強要事件」の被害者であるX先生の携帯に、その画像を送らせたことも分かった。
学校を通じてA教師にこの件について取材を申し込んだが、締め切りまでに回答はなかった。
10月17日(木)発売の「週刊文春」では、この性行為強要事件の詳細や、イジメの中心人物であるA教師の人間性をうかがわせるような高校時代のエピソード、さらに前校長の学校内での評判などについても詳報している。

続きを読む

神戸いじめのリーダー格、"女帝"教員のあきれた素顔がヤバい・・・

https://www.jprime.jp/articles/-/16297
A教員の家族を知る70代の女性は、
「A先生は神戸市出身、地元の小中学校を卒業しています。お兄さん、お姉さんがいて、4人きょうだいの末っ子。お兄さんたちも、お兄さんの奥さんも教師とか教育関係の仕事をしているそうです。
お父さんも教育関係の仕事に従事していて、おじいちゃんも有名な人だったと聞きました。教育者の家庭ですよ」
そんな教育一家に育ちながら、いじめを主導していたとは、開いた口がふさがらない。この女性が続ける。
「Aさんと小中学校が一緒だった人の話では、結構おてんばだったせいか、結婚はしてないようです。一見、しゃべりやすい気さくな関西のおばちゃん。でも反対に、上から目線、人をなめているような態度で、あたりが強い、と感じる人もいたそうです。昔はお兄さん一家と同居していた時期もありましたが、義理のお姉さんとそりが合わなくて家を出たという話です」

続きを読む

【画像】アメリカの陰キャのいじめられっ子の末路・・・・

サウスカロライナで一昨日起きた事件の概要が判明
犯人のオズボーンジュニアに殺された父親は家庭内暴力とマリファナ所持の前科持ちで破産状態
犯人の拳銃がジャムしたため小学校の被害者3名、2名は6歳の子供、もう1名は教師
6歳のうちジェイコブ君は75パーセントの血液を失う重篤で手術台の上で二度死亡するも復活しICU
もう1名の6歳と教師はすでに退院
オズボーン家
The 14-year-old boy alleged to have murdered his father and wounded two students and a teacher had been expelled from school for bringing in a machete and a hatchet.
Jesse Osborne was said to have opened fire at Townville Elementary School, in Townville, S.C., wounding three people, the youngest just six, shouting : ‘I hate my life…I hate my life.’
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3814567/Little-Jesse-14-gunned-father-two-schoolboys-six-expelled-bringing-machete-hatchet-class-bullied.html

続きを読む

小学教諭が卒業アルバム「将来の夢」紛失し改ざんwwwww


https://www.asahi.com/articles/ASM7S4WFDM7SPLXB01T.html
教諭は児童から聞いた職業を覚えていて、同じ職業を書いた別の男子児童のカードをコピー。名前や文末の表現などを修正テープで消して書き換え、紛失した児童のものとしてアルバムの印刷業者に渡した。
アルバムは同7月に配布され、カードを紛失された児童らから指摘されたが、「そうだったかな」などとごまかし、対応しなかった。
今年2月、保護者の一人から学校に連絡があり、発覚。教諭は県教委に対し、「紛失がばれたら大変と思った」などと話しているという。
教諭と校長が自腹でアルバムを作り直し、各家庭を訪れて謝罪したという。

続きを読む

【米高校銃乱射事件】トランプ大統領の再発防止案「教師を訓練して銃を携行させる」

【AFP=時事】ドナルド・トランプ米大統領は21日、米フロリダ州の高校で発生した銃乱射事件を生き延びた生徒らをホワイトハウスに招いて面会した。銃所有者に対する身元調査を強化すると約束するとともに、教員による銃の携帯を認めることを検討すると表明した。
トランプ大統領は「あなた方の話を聞きたいので、先に言っておきたい。われわれは今後、身元調査を非常に強力なものとする。精神面の健康状態(の確認)に非常に力を入れる」と言明。
「私には多くの案があるし、ほかの人にも多くの案がある。われわれは最も重要なものを選び、実現に取り組む。話をするのではない。これまでは話に時間をかけ過ぎだった」と述べた。
さらに「教師が銃を隠して携行できるなら、特別な訓練を受けてそこ(学校)にいられる。そうすれば誰も銃を持たない区域というものはもはやなくなる」とも語り、今回のような事件の再発を防ぐため一部の教員を訓練して武装させる案も示した。
事件のあったマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒、ジュリア・コードバーさんは「すべきことは多いと感じている。あなたが正しいことをすると信じている」と述べ、大統領に行動を促した。
http://www.afpbb.com/articles/-/3163500?cx_part=topstory&cx_position=1

続きを読む