年前

堀江貴文「叩かれることも多いけど気にしない。20年前に慣れた」

堀江貴文氏(45)が2日、元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が生出演する
インターネットテレビ局Abema(アベマ)TVの番組「72時間ホンネテレビ」(11月2〜5日)に生出演した。
香取から「ツイッターの注意、心得は? ひどいことを言われたり、気になったりしないですか?」と質問が出た。
堀江氏は「僕は言いたいことを言って、たたかれることも、すごくあるんだけど気にしない。気にしていたのは、20年前に終わった…
ツイッターのない時代ですよ。(インターネット掲示板の)2ちゃんねるにすごい書き込まれた。慣れるのが大事」と答えた。
香取が「ツイッターが1番、炎上しやすい場所ですか? 気を付ける方法は?」などと聞くと、
堀江氏は「危ないです。気を付ける方法…ないです。何で炎上するかは予測できない」と説明。
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201711020000813.html

続きを読む

【画像】オリンピック広告の日本語がおかしいと非難殺到wwwwwww

「1年前に迫ったオリンピック」
JR東日本が、最近掲示した広告コピーに、ネット上で大きな批判が集まっている。
ポスターに書かれた言葉は、
「いよいよ1年前に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック。楽しむ用意はできていますか? 競技の見どころや観戦ポイントを知れば、ワクワクが加速すること間違いなし」
通常の日本語であれば、「いよいよ1年後に迫った」となるはずだが、なぜか「1年前に迫った」となっているのだ。
このポスターは、東京オリンピックの旅客輸送を担う東京メトロとJR東日本が共同でおこなう宣伝プロジェクト「TOKYO SPORTS STATION」の一環で制作されたもの。
オリンピックまで1年を切ったことで「1Year to Go!」をテーマに大々的に宣伝が始まったのだが、幸先悪く、ミスが起きてしまったというわけ。
巨額の予算が投じられながら、ありえないレベルのミスだとして、ツイッター上では、
《言葉への無神経やチェック体制の機能不全など、いろんなレベルで凄まじい劣化を感じる》
《沢山の人の手を経て、でも誰も止めず、堂々JR車内にぶら下がってるってことは、合ってるの!?この日本語で正解なの!?》
《これは単なる誤記・誤植なのか、それとも言語感覚の揺らぎが生じているのか》
など、非難と戸惑いの声があふれたのだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190802-00010010-flash-peo
JRの広告「いよいよ1年前に迫った東京五輪」

続きを読む

【画像】『いまの中学生』と『昔の中学生』の特徴をまとめてみたwwwwwwwww

『いまの中学生』と『昔の中学生』はどれだけ違う? 特徴をまとめてみた


10年前というとまだガラケーが主流だった時代。そのころは、いまと違い、携帯電話を持っていない人も珍しくありませんでしたよね。
ほかにも、『ソックタッチ』『mixi』『前略プロフ』など懐かしいワードがたくさん…!イラストを見た人からも共感の声が多数寄せられています。

続きを読む