富士山を真上から撮影 欧州宇宙機関の衛星
欧州宇宙機関(ESA、本部・パリ)は、地球観測衛星「センチネル2A」が
富士山を高度786キロの真上から撮影した画像を公開した。
センチネル2Aは欧州連合(EU)の環境監視・安全保障プログラム
「コペルニクス計画」の一環で、2015年に打ち上げられた。
富士山の画像は今年5月8日に撮影。雪に覆われた富士山と周辺の
住宅地や田畑のほか、ゴルフ場や観光施設などが点在している様子が見える。
ESAのホームページからダウンロードすることができる。
https://www.sankei.com/life/news/190724/lif1907240036-n1.html

続きを読む