双頭

【画像】激レアな野生の「双頭の蛇」が発見されるwwww

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161004-00000090-it_nlab-sci
世にも珍しい、1つの体に2つの頭を持つ野生のシマヘビが国内で
発見されました。保護している爬虫・両生類専門店「MASTER OF DRAGON」
(神奈川県横浜市)がSNSで写真や動画を公開し、別々に舌を出す
2つの頭が好奇の目を集めています。本当にいるんだ、双頭の蛇って!
店長の日野原創さんは、双子のヘビが卵の中で体だけ1つにくっついて
しまった突然変異だと説明。大阪府内某所で生息していたらしく、
第一発見者がSNSで里親を呼びかけていたのを偶然見つけて保護を
名乗り出ました。
「野生のツインヘッドのヘビが生きた姿で見つかるのは相当珍しいです。
生まれるだけでもレアなのに、2つの頭が別の思考をするせいで動きも悪く、
鳥といった天敵にも食べられやすい。発見できる確率は、海外雑誌で
100万分の1とありましたが、宝くじに当たるよりも難しいのではないでしょうか」。
やっていたアマチュアバンドが「ツーヘッド」という名前だったことからも縁を感じ、
保護することにしたといいます。
既に飼育し始めて3日目。食事の量は体が1つなので1匹分で済みますが、
両の頭はどちらも食欲が湧いてくるため、1匹分のエサを2つに分けて
それぞれに食べさせます。「小さなフンも確認できたので、内蔵が繋がって
消化もできているみたいです。ちゃんと生きられる個体のようで一安心です」。
販売予定は今のところなく、しばらくはお店で展示するそう。伝説の生き物として
イメージを持たれがちな“双頭の蛇”に、生で会えるチャンスです。
神話だけの生き物じゃなかった
2つの頭が食事する姿

続きを読む

【画像】マレーシアで双頭のカメの赤ちゃん見つかるwwwwwwww

マレーシアで15日、双頭のカメが生まれているのが発見され、保護活動家らの目を引いた。しかしこのカメは、生後2日で死んでしまったという。
カメは15日、ボルネオ(Borneo)島のマレーシア領沖に浮かぶマブール(Mabul)島にある巣の中で見つかった。他にもふ化したばかりのアオウミガメが90匹以上いたという。
動物保護団体「スキューバジャンキーS.E.A.S(Scuba Junkie S.E.A.S)」 の海洋生物学者は、「右の頭が右の前ひれを、左の頭が左の前ひれをコントロールしているようだ。それでも動きを合わせて、歩いたり泳いだりすることができる」と報告していた。
また同団体代表は、「われわれはこれまで、ふ化したばかりのカメ約1万3000匹を施設から放流してきたが、このような(双頭の)カメはこれまで見たことがなかった」とコメントした。
しかし野生動物保護当局の獣医師がAFPに語ったところによると、カメは17日に死んでしまったという。
同医師は、死因はまだ分かっていないとしている。ただ「うまく泳げなかったため、いずれワシに捕まってしまっただろう」として、このカメが野生で生き続ける可能性はほぼ皆無だったと述べた。(c)AFP


https://www.afpbb.com/articles/-/3235806

続きを読む