https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00000010-pseven-kr
韓国が、攻撃型の原子力潜水艦(原潜)を保有しようとしている──10月10日、
韓国の沈勝燮(シム・スンソプ)海軍参謀総長は、海軍に対する国政監査の場で、
「北朝鮮および周辺国に対する抑止戦力として原潜の有用性と必要性を認識し、
原潜の保有の準備を進めている」と述べた。それまで噂されていた原潜の建造について、
公式に認めたのである。
中略
SLBMを搭載した北朝鮮の潜水艦に対抗するうえでは、攻撃原潜が最適とは言えず、
むしろお金と時間を無駄にしかねないという。
韓国の軍事関係者もそれはわかっているはずだが、それでも原潜を持ちたい理由は何か。
韓国が想定する“敵”が北朝鮮だけではないからでは、と北村氏は推測する。
「場合によっては日本との衝突に活用しようと考えている可能性はあります。太平洋に進出して
日本の東側から脅威を与えるためには、是非とも長距離巡航ミサイルならびに
小型弾道ミサイルを搭載した攻撃原潜が必要になります」(北村氏)
さらに最悪の未来さえ描くことができる。韓国ではネット上で「南北統一すれば、
北の核が手に入り、核保有国になれる」といった意見が散見される。北朝鮮への
融和姿勢をとり続ける文在寅政権下では、「北主導の南北統一」がありえない話ではなくなりつつある。
韓国の原潜に北朝鮮の核が搭載される未来がやってくるかもしれない。
「現時点で文大統領や韓国軍首脳がどのように考えているかはわかりませんが、
北朝鮮が小型核弾頭を製造する能力を保有し、韓国が攻撃原潜を建造しようとしていて、
朝鮮半島で南北統一というシナリオが荒唐無稽ではない現実がある以上、
日本国防当局の責任ある人々ならば、日本全域が統一朝鮮の核の射程圏に入る可能性を想定して、
防衛戦略を立てる必要があります」(北村氏)
韓国の原潜保有は、東アジアの軍事バランスを変えてしまう可能性がある。杞憂に終われば良いのだが。

続きを読む