“食べ放題”はなぜ経済学的におトクでないのか
2019年8月26日 6時15分 プレジデントオンライン
■6〜7個食べたら元が取れると思ったら大間違い
デザートビュッフェというのは多くの女性に人気があります。
その理由は
?決まった料金で好きなだけ食べられるからお得感がある
?好きな物が好きなだけ食べられる
?いろいろ種類がたくさんあるので楽しめる
といったところにあるのでしょう。
確かに目の前にさまざまにおいしそうなケーキがならんでいると、あれもこれも食べたくなるという気持ちはよくわかります。
特に食べ放題ですから、絶対元をとってやろうという気になってしまいます。
都内のデザートビュッフェだと価格はさまざまですが、ホテル等の場合は3000〜3500円くらいのところが多いようです。
ケーキ単体だと1個500円ぐらいでしょう。中にはもっと高いものもあります。
だとすれば大体6〜7個食べると元が取れると考えがちです。
ケーキ等のデザートが好きな人なら、それぐらいはペロッと食べられるんじゃないの? と思いがちですね。
■ドリンクバーで元を取るには20杯飲む必要あり
ところが、相手も商売です。当然、自分のところが損をするような価格設定にはしていないはずです。
例えば最もシンプルでわかりやすいのはファミリーレストラン等にある「ドリンクバー」です。
通常、ドリンクバーではだいたい200〜300円ぐらいの価格ですが、原価はせいぜい5〜15円程度だと言われています。
これで元を取ろうと思ったら20杯も30杯も飲まなければならないわけで、これはどう考えても無理です。
デザートビュッフェの場合は、これに加えていくら頑張ってたくさん食べても絶対に元は取れない構造になっているのです。
https://news.livedoor.com/article/detail/16981929/

続きを読む