千葉

マックスコーヒーは茨城県の工場で生産されていた…千葉県民が絶句

千葉県西部からは都心まで電車で20〜30分。千葉県内の施設にはたとえ房総半島の山の中でも「東京」と名付ける千葉県民。
“千葉都民”と自称する県民もいるほどアイデンティティーが東京寄りである一方で、やっぱり「千葉が大好き」なのも、近隣県をイラッとさせてしまう。
「なんといっても千葉のソウルフードは落花生。学校行事の豆まきも大豆ではなく落花生です。床に落ちても殻に包まれているので衛生的に食べられる」(浦安市・40代女性)
だが、給食で出されるおかず「みそピー」については県民でも意見が分かれる。落花生を砂糖と味噌であえたおかずで、スーパーでも売られているほどポピュラーだが、
「『甘辛さがクセになる』『確かに美味しいが、甘すぎてもはやお菓子。ご飯には合わない』と、千葉県民でも議論になる事も少なくない」(市川市・30代女性)。
落花生に負けず劣らず、県民が愛してやまないソウルドリンクが缶コーヒーの「マックスコーヒー」だ。
「千葉・北関東以外では馴染みが薄いかも。コーヒー牛乳に近い甘さが人気で、千葉県民はたいてい“マッ缶”でコーヒーデビューします。ただ、
これだけ千葉県民が愛している“マッ缶”が茨城県の工場で生産されていたと知ったときは絶句しました……」(『千葉のおきて』著者でライターのほそいあや氏)
http://www.news-postseven.com/archives/20160930_451418.html

続きを読む