「その身柄、JALFが引き受けます」
――
倒産した旅行会社「てるみくらぶ」の内定者を選考なしで採用するという団体が現れた。
宿泊施設のマーケティング支援などを行っている財団法人・宿泊施設活性化機構(JALF)だ。
入社直前に内定を取り消された卒業生が「あまりにかわいそう」と思い、社会貢献の一環として受け入れることにしたという。
Facebookのダイレクトメッセージ(DM)で3月31日まで申し込みを受け付ける。
「てるみくらぶ」に限らず、4月の入社を目前にして内定取り消しの憂き目にあった卒業生が対象。
無選考でいったん全員に内定を出し、JALFで働いてもらう。次の就職先が決まるまで一時的に働いてもらうほか、優秀な場合はJALFで永続的に働いてほしいという。
「てるみくらぶ」は3月27日に東京地裁から破産開始決定を受けた。2017年4月入社予定の内定者約50人は、内定が取り消されたと伝えられている。
JALF事務局長の伊藤泰斗さんは、入社直前に内定が取り消された卒業生が「あまりにかわいそう」と思い、内定者の受け入れを決めたという。
「中には既に地方から東京に引っ越し、家賃が払えなくなると心配している内定者もいると聞き、あまりにかわいそうだ。JALFは公益目的の法人であり、熊本地震の被災者に宿を提供するなどの社会貢献を行ってきた。今回も、困っている方のお役に立てればと考えている」(伊藤さん)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000051-zdn_n-sci

続きを読む