埼玉県蓮田市のJR蓮田駅で昨年12月20日に栃木県小山市の
人材派遣会社を解雇された住居不定の無職男性(27)が宇都宮線の特急列車にはねられ、死亡した。
岩槻署によると、男性は死亡する前に親族に「これまでありがとう」と死をほのめかすような電子メールを送っており、飛び込み自殺だったとみている。
同署の発表によると、ホームには男性のバッグ1個が置かれていた。
昨年末に解雇された後、職はなく、住居も定まっていなかったらしい。
亡くなったときの所持金は2200円だったという。
http://www.asahi.com/national/update/0130/TKY300291.html

続きを読む