久保田

【動画】とろサーモン久保田ラップでまたも上沼恵美子批判をしてしまうwwwww

2018年12月6日の深夜0時からAbemaTVで放送された『NEWS RAPJAPAN』にてとろサーモン久保田が出演し、
ラップで今騒動となっている上沼恵美子や権力者批判を歌っていた。
とろサーモン久保田が歌ったラップは次の様な内容だ。
「敗戦後の日本国民は権力や財力にひれ伏した檻の中の羊のように飼い慣らされた、強い者に立ち向かうヒーロー、
悪い者を打ちのめすヒーロー、二次元では人気を集めるが、会社や社会の年長者権力者に意見とただし ことでも罪人、
悪人のように大衆につるし上げられ羊として生きることが正しいと洗脳された家畜たちに批判される運命にありますか、
自己中心的で身勝手な思考に不快感を覚えていたくせに、誰かが権力者に歯向かうと何事だと声を挙げると、一斉にそれに賛同……」
という内容のラップで要約すると今の日本は権力者に逆らえない人ばかりで、誰かが逆らおうものなら
つるし上げられるというものをラップにして歌った。
まるで先日の上沼恵美子批判を歌っているようである。とろサーモン久保田は「これが流行語なので歌いました」としている。
どうせならこのまま権力者にたてつく芸風を貫いてほしいものだ。

続きを読む

とろサーモン久保田、先月の衝撃給料が・・・

芸人のとろサーモン・久保田かずのぶが『今ちゃんの「実は……」』(ABCテレビ)に出演した。2017年のM-1グランプリで優勝し、一気に仕事が舞いこんだとろサーモン。

気になる久保田の給料だが、「昨日、(事務所から)今月の明細がきた。87万円」とあっさり公表。出演者の千鳥に「言って大丈夫なの?」と聞かれるも、「大阪で縮こまってグルメロケしか行ってないやつに夢与えないと」と発言していた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180304-00010008-flash-ent

続きを読む

【悲報】とろサーモン久保田だけ助かる。スーパーマラドーナ武智は助からず・・・

とろ久保田は生き残りへ 松本人志が叱咤激励で異例“救済”
いわゆる「M―1上沼騒動」は今もなおくすぶり続けている。
発売中の「週刊新潮」では7年前に芸能界を引退した島田紳助(62)が登場し、
自分には審査員として上沼恵美子(63)を招聘した責任があるとかなんとか。
関西の女帝に対し、「オバハン」や「更年期障害」などと恐れ知らずの暴言を吐いた
「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」武智正剛(40)の両名については〈顔もわからへんわ〉と一蹴。
〈かわいがってた後輩やったら、上沼さんのところに行って「すいません」と謝って〉などと無念そうに語っている。
そんな紳助の胸中はさておき、ダウンタウンの松本人志(55)が、
後輩のため、吉本興業のため、そして番組存続のため、ひと肌脱いだという。
先週15日、来年元日に放送されるお笑い特番「ドリーム東西ネタ合戦2019」(TBS系)の収録が行われた際、
「本番前に松本は出演者であるとろサーモンの2人を楽屋に呼び出し、“俺はおまえたちの味方でもあるからな”などと叱咤激励した。
自ら間に入って、泥沼化した事態を収束しようと懸命に動いている」(事情通)というのである。
とろサーモンは腐っても昨年のM―1覇者。それだけに「吉本は各方面に平謝りし、とろサーモンがお笑い界から消えないよう必死。
賞レースのチャンピオンにはギャラを含めて優遇する事務所ですからね。
もっとも、騒動直後は仕事をキャンセルせざるを得ない状況で、年内の番組は断ったものも多かったと聞きます。
ただ、年明け放送分に関しては『ドリーム東西ネタ合戦』のように収録に参加しています」(芸能プロ関係者)。
ダウンタウンの2人は同番組のMCを務めている。芸人たちが東西に分かれ、持ちネタを披露するわけだが、
東西両軍のキャプテンとして、志村けん(68)と西川きよし(72)という上沼に匹敵する大御所も出演。
縮こまって粗末な芸をやられても、新たな火種をつくられても困る――そう考えた松本が先手を打ったとも考えられるが、
「実は最近、“松本が円くなった”と業界で話題になっていた。
昔の松本なら今回の騒動だってフォローはしなかっただろうと、楽屋での一件を知る人たちは一様に驚いている。
とろサーモンの担当マネジャーは呼び出しをくらった際、激怒されるとビビりまくってたぐらいだから」(前出の事情通)。
■スーマラ武智は長期化
芸能界追放から一転、久保田は松本の異例の救済措置で生き残り確定か。
ちなみに「部屋で毎晩泣いている」と、芸人仲間によって切実な近況が明かされた武智はといえば、
「更年期障害発言でフェミニストから目をつけられたこともあって、吉本もしばらくは静観するようです」(前出の芸能プロ関係者)。
バカな2人はともかく、冷静に今回の騒動を収めた松本の株は上がった。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/244245

続きを読む