3月22日にフロム・ソフトウェアの『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(以下、SEKIRO)がリリースされた。
さっそくPC版『SEKIRO』では専用MODエンジンがリリースされ、それを利用したさまざまなファンメイドコンテンツが少しずつリリースされている。
その中でも特に目を引いたのが印象的な死亡画面に表示される「死」をなぜか野菜の「菜」という文字に置き換えるMODだ。
漢字辞典ONLINEによると、菜には「な。なっぱ。葉・茎・根などを食用にする野菜の総称。あおもの。」
あるいは「おかず。副食物。料理。」を示す漢字であり、とても死ぬといった意味とは結びつかない。
実はこれは、中国語でのとあるスラングから引用されたもので、MODの説明では
「死の文字を中国語で初心者(newbie)を示す「菜」に変更します」と書かれている。
中国語で「菜」は、日本人の感覚同様に野菜や「一汁一菜」の菜のような惣菜を表す言葉だとされているが、
初心者を意味するnewbieや初心者を揶揄するnoobといった言葉は北京語で「菜鳥」と表す。
台湾でよく使われていた言葉が徐々に中国全土に広がり、特にインターネットのスラングとして使用されているようだ。
高難度ゲームとして、多くのプレイヤーを絶望の淵へと叩き込んでいる『SEKIRO』。
何度も何度も「死」を見せつけられて夢にまで「死」が出てきそうなプレイヤーも少なくないだろう。
本来はNoobという意味とはいえ見るとどこか力が抜けてしまうこのModを導入すると、
辛い死亡シーンを少しだけ笑えるものに変更できるのかもしれない。
『SEKIRO』の死亡時に出る「死」を野菜の「菜」に変更する謎のModが配信中。健康そうな漢字が選ばれたその理由とは

『SEKIRO』の死亡時に出る「死」を野菜の「菜」に変更する謎のModが配信中。健康そうな漢字が選ばれたその理由とは



続きを読む