【簡単に説明すると】
・顔の骨が成長し続ける病気にかかった中国人男性
・歯は失い聴覚もほとんど無い状態
・手術費用が無い
顔の骨が成長し続けるという珍しい病気にかかった男性が中国南西部にいるという。
その男性は中国南西部重慶市近隣のラオーツ村に住むシア・ユンハイ(Xia Yuanhai)さん。
幼い頃は同年代の子と同じ顔でごく普通の顔をしていたが、成人になった頃に難病により
組織の細胞が異常に増加して顔の骨格が大きくなり始めた。
現在53歳であるシアさんの顔は一般成人の顔の大きさの3倍以上の大きさであり、
骨格の変形で歯も失っているのはもちろん、聴覚能力もほとんど無い状態。
彼の兄は「弟の顔が徐々に大きくなっていき、家族はその深刻さを知らなかった。
当然病院での治療も受けていない」と語った。今でも弟の健康状態を取り戻してあげたい兄は
「我々は、手術費の費用がとても足りない。家族は手術費を用意するために頑張っている」と付け足した。
顔がジャガイモの様になってしまった、ジャガイモおじさん。中国では汚染のせいでこのような難病に苦しむ人が多くいる。
※ジャガイモおじさんは編集部でつけた名前です。

顔の骨が成長し続ける病気にかかった中国の「ジャガイモおじさん」

続きを読む