https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-49684681-bbc-int
グーグルマップを使っていたアメリカ人男性が偶然、フロリダ州の池の中に沈んでいる車を発見した。車内からは、約20年前に行方不明になった男性の白骨遺体が見つかった。
遺体で見つかったのは、ウィリアム・モルドさん(当時40)。全米行方不明者・身元不明者システム(NMUPS)によると、モルドさんは1997年11月7日午後11時頃、フロリダ州ランタナのナイトクラブを出たあと、行方が分からなくなった。
警察は、行方不明者として捜査を開始したものの、未解決のままだった。
行方不明になってから22年後の今年8月28日、フロリダ州ウェリントン・ムーンベイサークルにある池に車が沈んでいると、警察に通報が入った。
水中から引き揚げた車の中から、白骨遺体が見つかった。1週間後、この遺体がモルドさんのものであると確認された。
モルドさんの家族は、すでに遺体発見の知らせを受けている。

続きを読む