ビール

【緊急】セブンイレブンの100円ビール、本部からの指示により提供中止!!

https://mainichi.jp/articles/20180715/k00/00m/020/124000c
セブン‐イレブンの生ビールサーバー「本部からの指示により提供中止」に Sサイズ100円のお手頃価格で話題

セブン‐イレブンの一部店舗で7月17日からテスト運用が始まる予定だった「生ビールサーバー」が、
「本部からの指示により提供中止」となっていることがねとらぼ編集部の調べで分かりました。
提供中止になったのは、「ちょい生」というキャッチコピーのビールサーバー。Sサイズが税込み100円、
Mサイズが税込み190円というお手頃価格で東京都三鷹市の「セブン-イレブン 三鷹牟礼6丁目店」など数店舗で試験的に導入される予定でした。
ところが、7月17日の深夜に導入店舗を訪れた客などによると、提供中止の張り紙がされていたとのこと。
編集部でも埼玉県所沢市の新所沢駅東口店に確認したところ、「本部からの指示により提供中止」になっていることや、
導入再開のめどが立っていないことなどが分かりました。

続きを読む

【驚愕】ビールの衝撃の事実が判明wwwwwwwwwww

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000070-it_nlab-sci
玉川大学脳科学研究所は8月20日、世界で初めて「働いた後のビールはうまい」と言われていた現象の脳内メカニズムを発見したと発表しました。
また実験により、「努力したほうが学習は進む」ことが明らかになったとのこと。
研究を行ったのは、玉川大学脳科学研究所の坂上雅道教授、田中慎吾特別研究員(新潟大学助教)、John P. O’ Doherty客員教授(カリフォルニア工科大学教授)。
同研究では、ニホンザル2頭を使い、報酬を得るためのコスト(努力)がその報酬の価値を高めるのかどうか、ハイコストvs.ローコスト課題でそれぞれの反応時間を調査。
すると、サルはハイコスト試行を嫌うことがわかりますが、努力後の報酬刺激に対する反応時間は、ハイコスト試行の方が有意に早く、
ハイコスト試行の報酬の方(※報酬量は同じ)を好んでいることがわかったとのこと。
また上記の課題遂行中に、サルのドーパミンニューロンから電気信号を記録・解析。
すると、ドーパミンニューロンの報酬予測誤差応答は、ハイコスト試行での報酬の方が価値は大きいという反応を示したとのこと。
※ドーパミンニューロン……中脳にあるドーパミンを神経伝達物質として放出する神経細胞。報酬に基づく強化学習に重要な役割を果たしていると考えられている。
さらに続く実験で、サルが課題を学習することとコスト有り無しの関係を調査したところ、コストがある方が有意にこの学習を促進することがわかったとしています。
発表では同現象の発見について、「社会や家庭、学校での教育のあり方を再考する契機となりうるものと思われる」と考えを述べています。
今回の研究成果は、科学雑誌「Nature communications」に掲載されています。

続きを読む

【朗報】サントリー、とうとうペットボトルのノンアル飲料を発売wwwwww

透明なら職場でも?ペットボトルのノンアル登場
2018年06月17日 09時04分
ビール大手が今夏、ペットボトル入りのノンアルコールビールを発売する。
仕事の合間やランチタイムでの飲用の需要を開拓し、頭打ち気味の市場を活性化する狙いがある。
ただ、法律上の分類や見た目が「清涼飲料水」であっても、味はあくまでビール。
職場や日中の飲用には慎重な意見も根強い。メーカーの思惑通りに理解は進むのか――。
「職場でも気兼ねなく飲めます」
6月上旬、サントリービールが東京都千代田区で開いた試飲会で、19日に発売する
新商品「オールフリー オールタイム」(380ミリ・リットル入り、150円前後)が紹介された。
ペットボトルに入った液体は無色透明でビールには見えず、職場でも炭酸飲料として
飲んでもらえるとアピールする。
(ここまで310文字 / 残り884文字)
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180617-OYT1T50015.html
ペットボトル入りノンアルコールビールのサンプル商品を楽しむ人たち(6日、東京都千代田区で)=萩本朋子撮影

続きを読む