https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/07/post-12449.php
FBCが広告用に提案した2人の男性が手を触れ合っている画像を、ニベアが却下したというのだ。
広告業界情報サイト「アド・エイジ」が、自分は同性愛者であると公表しているFCBのクリエーターの話として伝えたところによると、ニベア側はFCBチームに対し、「ニベアは同性愛者は扱わない」と告げたという。
FCBは社内メモで、ニベアとの世界規模の代理店業務を、契約が満了する2019年末で打ち切ると発表した。

続きを読む