ドラマ

【芸能】石原さとみ『校閲ガール』、放送事故レベルの現実乖離に批判殺到「校閲をナメるな!!」

今クール(10〜12月期)の石原さとみ主演の連続テレビドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)第1話が10月5日に放送され、
平均視聴率12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切った。
原作は『校閲ガール』シリーズ(宮木あや子著/KADOKAWA)で、女性ファッション誌編集者を目指す河野悦子(石原)がついに長年憧れていた大手出版社・景凡社に入社するも、
期待に反して、原稿内容の誤りや疑問点を指摘するという“地味な仕事”を行う校閲部に配属されるところから物語は始まる。
河野は希望する人気ファッション誌編集部への異動という目標を叶えるため、校閲部で奮闘するというストーリーだ。
世間的にはあまり馴染みのない校閲という仕事を扱っている点が放送前から注目を集めていたが、同ドラマが描くその内容に、早くも現実の校閲者から疑問の声が上がっている。
40代校閲者は語る。
「大手出版社でも経営が厳しい出版不況のなか、どこの出版社でもコスト削減のために真っ先にリストラの対象となっているのが校閲部です。
出版社の新入社員は通常、雑誌や書籍の編集部、最近ではデジタルメディア関連の部署に配属されるのが通常で、いきなり未経験の若手が校閲部に配属されるなど、あり得ません。
専門職採用のようなかたちで校閲経験者を採用することはあるかもしれませんが、校閲者として採用された人がのちにファッション誌の編集部に異動するという話は、聞いたことがありません」
また、別の40代校閲者もこう違和感を示す。
「同ドラマでは、まったく未経験で漢字すらろくに読めない河野が、入社早々にいきなりバリバリと仕事をこなすばかりか、大御所作家の原稿まで担当していますが、校閲という仕事をナメているとしか思えません
この仕事は、一般の人では気が付かないような日本語の使い方の間違いや表現の不自然さ、差別表現の有無、さらには細かいファクトチェック(事実確認)までを行うスキルが求められ、とにかく経験がものをいいます。
http://dailynewsonline.jp/article/1208125/
2016.10.08 12:52 ビジネスジャーナル

続きを読む

AKB48の終焉で秋元康がヤバい事を始める・・・

「ドラマの企画と平行して、現在も膨大な数のアイドルグループの企画に関わっていますが、正直、AKB48や坂道系以上のものはもう出ないでしょう。今後は、関わってきたメンバーの“活躍の場”を模索しているのかもしれません。アイドルグループは卒業すると仕事が減ったりなくなるというのは、多くの前例を見ても明らかです。その点、自分でドラマをプロデュースすれば主演から脇役までこうした子たちを配役できるし、バラエティならMCのアシスタントに起用することもできます。クロスオーバーな展開は、秋元さんの真骨頂です。現に、彼がいま手掛けている番組には、最もお気に入りとされているNGT48の中井りかがこれでもかというくらい起用されています」
https://dot.asahi.com/dot/2019100700077.html?page=1

続きを読む

石原さとみが彼氏とついにwwwww


https://news.livedoor.com/article/detail/16941326/
ここにきて続行情報も飛び交っているのだ。
「実は、まだ破局確定というわけではないらしいんですよ。同居が解消した今でもLINEで連絡を取り合っているからです。つい最近も某キー局関係者に2人が食事しているところを目撃されている。前田社長は石原の両親にあいさつしたとされますが、マジメな性格で知られるだけに、そうあっさり別れるとは思えませんしね。ただの痴話げんかなんじゃないかと」(テレビ関係者)

続きを読む

『コード・ブルー』ついに「不倫恋愛ドラマ化」・・・→本来大事な「アレ」の存在薄く、見どころ分散しすぎで視聴者サヨナラ?

http://biz-journal.jp/gj/2017/08/post_4040.html
「戸田恵梨香さんが演じる緋山が、料理人で腕に麻痺が生じた患者と『恋仲』っぽくなりそうな描写がありました。この時点では『この2人、今後もしかして』となったわけですが、ドラマ終了直前、この患者が既婚者だと判明。一気にドロドロの恋愛模様となってきました。
それはそれで物語としてはアリなんでしょうが、ファンの多くからは『コード・ブルーでそれをやらなくても』という声が大半です。いかにも意地悪そうな奥様ですし、今後ゴタゴタがあるのかもしれませんが、命のドラマが失われないかと心配されています」(記者)

続きを読む

始まるのが待ち遠しい!7月開始のドラマランキングwwwww


1位 ルパンの娘
2位 ノーサイド・ゲーム
3位 偽装不倫
4位 リーガル・ハート 〜いのちの再建弁護士〜
5位 Heaven?〜ご苦楽レストラン〜
5位 監察医 朝顔
7位 これは経費で落ちません!
8位 警視庁ゼロ係 〜生活安全課なんでも相談室〜 SEASON4
9位 わたし旦那をシェアしてた
10位 Iターン
11位以下は下記ソースに!
https://ranking.goo.ne.jp/column/5975/

続きを読む

「日本一のテレビドラマ」ベスト30が決定!!お前らどのドラマが好き?wwwwww

誌面には、結果発表として「ベスト100」がズラリと並んでいますが、さすがに全部記すには多いので(笑)、ここでは「トップ30」を挙げておきます。
「歴代テレビドラマベスト30」と呼んでもいいでしょう。
31位から100位までは、発売中の「週刊現代」5月11日増刊号をご覧いただけたらと思います。
1位 「あまちゃん」13年、NHK
2位 「傷だらけの天使」74年、日本テレビ
3位 「俺たちの旅」75年、日本テレビ
4位 「北の国から」81年、フジテレビ
5位 「淋しいのはお前だけじゃない」82年、TBS
6位 「すいか」03年、日本テレビ
7位 「早春スケッチブック」83年、フジテレビ
8位 「高校教師」93年、TBS
9位 「東京ラブストーリー」91年、フジテレビ
10位 「寺内貫太郎一家」74年、TBS
11位 「半沢直樹」13年、TBS
12位 「天下御免」71年、NHK
13位 「あ・うん」80年、NHK
14位 「岸辺のアルバム」77年、TBS
15位 「夢千代日記」81年、NHK
16位 「阿修羅のごとく」79年、NHK
17位 「木枯し紋次郎」72年、フジテレビ
18位 「カルテット」17年、TBS
19位 「時間ですよ」70年、TBS
20位 「必殺シリーズ」72年、TBS
21位 「ふぞろいの林檎たち」83年、TBS
22位 「男たちの旅路」76年、NHK
23位 「お荷物小荷物」70年、TBS
24位 「西遊記」78年、日本テレビ
25位 「細うで繁盛記」70年、日本テレビ
26位 「思い出づくり。」81年、TBS
27位 「逃げるは恥だが役に立つ」16年、TBS
28位 「不良少女とよばれて」84年、TBS
29位 「どてらい男」73年、フジテレビ
30位 「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」12年、テレビ朝日
(週刊現代 2018年5月11日増刊号
https://news.yahoo.co.jp/byline/usuihiroyoshi/20180506-00084875/

続きを読む