セクハラ

【悲報】「報ステ」の女子アナにセクハラしまくっていた男性チーフプロデューサーの末路・・・

テレ朝「報ステ」に激震…男性チーフプロデューサーがセクハラで更迭
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190903-00000025-nkgendai-ent
9/3(火) 15:02配信
“身から出たサビ”だ。テレビ朝日の「報道ステーション」の男性チーフプロデューサー(CP)がセクハラで更迭された。いったい何があったのか。
テレ朝は“女子アナ帝国”と呼ばれたが崩壊寸前…救うのは?
「更迭されたK氏は、1993年入社のベテラン社員。普通ならテレビ局の人事は7月ですが、
懲罰委員会が先月30日、社内向けに<社員一人に『謹慎』の懲戒処分を行った>と通達しました。
名前や肩書が伏せられたものの、同日の報ステ放送後の反省会で、K氏が不適切事案により異動することが判明したのです」(テレビ朝日関係者)
K氏は40代後半の妻子持ち。昨年7月に朝の情報番組「グッド!モーニング」から報ステに異動した後、安倍政権に批判的な放送をしないよう忖度したとされる人物だ。
社員の一部からは、安倍首相と“メシ友達”である早河洋会長の子飼いだと指摘されていたという。
「K氏本人も『自分は早河会長に抜擢された』との意識を持っていたようです。権威をかさに着ていたのか、女性社員へのセクハラ的言動が常態化していたといいます。
被害者の中には30代の女性アナウンサーもいて、一緒にご飯を食べた際に無理やりキスをされ、家に押し入られそうになったようです」(前出のテレ朝関係者)
■週刊誌にかぎつけられ慌てて懲戒処分
女子アナを含め、被害者は十数人に上るという。現場を取り仕切る役職であるのをいいことに、
女性社員にLINEで「会いたい」と迫ったり、体を触ったり、抱きついたり、やりたい放題だったようだ。
しかし、被害女性のひとりが今年5月にK氏のセクハラを告発したにもかかわらず、上層部の腰は重かったという。
「週刊誌がK氏のセクハラ問題をかぎつけたことで、隠し切れなくなったのでしょう。
だから、異例の時期に処分を下したのだとささやかれています」(番組関係者)
中略
再発防止はもちろん、これで報ステは政権に忖度しなくなるのか。
報ステがいつ政権に忖度したんだよ…(´・ω・`)

続きを読む

飲み会で女性新入社員に放った「ひと言」がマジでヤバすぎる・・・


https://sirabee.com/2019/08/17/20162144911/
「これってパワハラですか?」と切り出した投稿者の男性。会社の飲み会において、女性新入社員に「抱いてやる」と言ってしまったところ、現在社内で大きな問題になってしまっているという。
投稿者は当時酒に酔っていたこともあり、「冗談のつもりだったんです!」と必死に弁明。「このままだと私はどうなってしまうんでしょうか…?」と、他ユーザーに助言を求めている。

続きを読む

水卜麻美アナ、セクハラの風潮に対し「全部禁止されると困る人も」と持論www

水卜アナ、セクハラの風潮に持論「全部禁止されると困る人も」ーーー
日本テレビの水卜麻美アナウンサーが、13日深夜に放送された同局系単発バラエティ番組『犬も食わない』で、最近のセクハラの風潮について困っていることを明かした。
現代社会にはびこる“犬も食わないケンカ”を対照的な2人のキャラクターによるコントで描き、オードリーの若林と水卜アナがTwitterの視聴者を巻き込んで応援する同番組。昨年秋に10回限定で放送され、復活版となる今回は、全5対決が繰り広げられた。
この中の「セクハラビクビクおじさん」(小手伸也)vs「セクハララインわかってますおじさん」(かもめんたる・う大)を受け、水卜アナは「放送できるか分からないんですけど…」と言いながら、セクハラに対する持論を展開。
「『ちょっと太ったんじゃない?』って言われるのはダメなんですよ。でも『ちょっと痩せたんじゃない?』もダメです。
セクハラって結局信頼関係と受け取り方ですけど、私は会社の人が好きなので、『痩せた』って言われたらすっごいうれしいし、『太ったね』とか言われても、むしろ面白いのでいいんです。
でも全部禁止されちゃうと、女子も女子でちょっと困る人もいるでしょうね。もしかしたら古い考えかもしれないですけど」と、コミュニケーションが制限されてしまうことを恐れた。
それを聞いたにもかかわらず、若林は「これからの時代、コンプライアンスも厳しくなってくるから、水トちゃんにそういうこと言うのは世の中でやめたほうがいいね」とおどけた様子。
すかさず、水卜アナは「それは困るんですよ。本当に困るの、本当に困る!」と、若林に両手を合わせて切実に訴えていた。(後略)
https://news.mynavi.jp/article/20190314-788606/

続きを読む

コミュニケーション下手なかまってちゃん…女性ディスる「おじさん」の心理がこちら・・・

若い頃にモテすぎたおじさんは、自分が女の子に何をしても喜んでもらえた頃の記憶を持ったまま老いてしまう。それが問題を引き起こすという分析です。
セクハラおじさんは、好きな人にされて嬉しいことを嫌いな人にされるのがセクハラということを理解していない。ディスおじさんは、仲良くなれる方法と勘違いして、初対面の人に「いじり」をやってしまう。うまいもん教えてあげるよおじさんは、過去の自分の経験に価値があると勘違いして、時代遅れのお店を得意気に紹介してしまう。
http://news.livedoor.com/topics/detail/14937244/
【”女に話しかけるのヘタすぎおじさん”の特徴】
・お店の店頭で文句言っているクレームおじさんはサービスや商品に文句があるんじゃなく女店員と話したいだけ。
・ネット上で必要以上に異性を攻撃してる人の99%は「モテないから」以上の理由は持ってない
・人は歳とると”苦言”や”説教”以外で若者とコミュニケーションを取るのが難しくなる

続きを読む