スカート

満員電車で自分の異変に気づいた女性、「あまりの出来事」に青ざめてしまう・・・


電車に乗っていたところ、女子高生の集団が投稿者を見てニヤニヤしながら小声で笑っていたという。
そこで投稿者は、自身が穿いていたスカートがめくれ上がって下着が丸見えになっていることに気づいてしまう。
おそらく、投稿者の後ろに立っていた人のカバンがスカートに引っかかり、めくれてしまったのだろう。
投稿者は、そんな状況にもかかわらず誰も教えてくれなかったことについて「ちょっとひどくないですか?」とショック。
https://sirabee.com/2020/02/12/20162250130/

続きを読む

【画像】メンズに聞いた!「女子に着てほしいBBQコーデ」最強の1位がこちらwww

1位:アクティブだけど女っぽい「ショーパン」が最強!
やっぱりショーパンの脚見せにかなうものはなし!苦手なゆるシャツも逆に色っぽく見えちゃう。「トップスが白だと汚れそうだけど、ボトムならアリ」という男子の声も。
2位:「Gジャン×スカート」は元気で可愛い!
Gジャンをカジュアルじゃなくて、可愛いコーデで着るのが高評価。スカートもこの長さなら動きやすそうだからいいとのこと。
3位:スニーカーは大人っぽく履く!
足が痛くなりそうな靴はNG。足元がスニーカーのときは、カジュアルになりすぎないように、他をキレイにまとめてみて。ワンピースに帽子もポイント高め。
http://www.andgirl.jp/0000009904/

続きを読む

【画像】女子生徒の制服にパンツスタイルを導入した結果www

新座市立第六中学校(小関直校長、生徒数577人)は来年1月から、女子生徒用の制服に「下着スタイル」を導入する。同校に進学予定の小学生の保護者らに実施したアンケート調査で賛成が反対を大幅に上回ったこともあり、スカートと下着スタイルを選択できるようにした。
同校によると、県内で女子生徒の制服に下着スタイルを導入している公立中学校は珍しいという。
昨年11月に公正取引委員会が発表した「公立中学校における制服の取引実態に関する調査報告書」を受け、同校は今年7月、教諭や保護者らで構成する「学校指定品検討委員会」(委員長・小関校長)を設置。
学区内の小学校3校の5、6年生児童の保護者らを対象に、下着スタイルの導入に関するアンケート調査を実施した。
その結果、保護者350人中、賛成は195人で、反対29人、どちらでもない126人。このうち、女子生徒の保護者201人に「導入した場合、子どもはどちらをはきたいと言っているか」を聞いたところ、スカート107人、分からない64人で、30人が下着スタイルを希望していた。
こうしたアンケート結果とジェンダーに関する社会情勢を考慮し、同委員会は下着スタイルの導入に踏み切った。試作品を中学校の女子生徒が試着したところ、「スカートと違って足さばきを気にせずに動けるのがいい」と評判は上々だったという。
同校は下着スタイルの制服を1着1万2千円〜1万4千円で販売する予定。
同校は「社会のジェンダー世論にも対応したい」としている。
http://www.saitama-np.co.jp/news/2018/12/21/09_.html

続きを読む

【画像】女子高生が「おしゃれと思う」スカート丈を全国調査した結果wwwwwww


http://www.asahi.com/articles/ASK7R012YK7QUCVL00V.html
際立ったのは関東都心部と大阪の違いです。
東京と横浜ではミニが多いですが、大阪はひざが隠れている人で6割を占めます。
大阪の生徒は「ひざ丈はめっちゃださい。限界まで下げてる」と話しました。大阪のお隣の兵庫の神戸や西宮は“お嬢様風”の着こなし。「短いとコスプレみたいになる」という声が聞かれました。
札幌では、冬場は「タイツをはいて、丈は変えない」というたくましい声が複数聞かれました。

続きを読む

スカートで出社の女性社員に特別手当「男性社員を元気付ける」

スカートで出社すれば特別手当、ロシア企業が「女性らしさ」キャンペーン
(CNN) ロシアのアルミニウム製造会社が、スカートやワンピース姿で出社した女性従業員に特別手当てを
支給する制度を打ち出している。
地元ラジオ局によると、スカート奨励制度はアルミニウム製造会社タトプロフが展開する社内キャンペーン
「女性らしさを競うマラソン」の一環として導入した。
同社幹部は国営通信社スプートニクの取材に対し、男性が同社従業員の70%を占めることを理由に
「社員を元気づける素晴らしい手段」と位置付ける。
「多くの女性は何も考えずにズボンを着用する。そこで女性社員の意識を高めてもらい、スカートや
ワンピースを選ぶことで自分たちの女性らしさと魅力を感じてもらいたい」「夏になるのでマラソンは
ちょうどよかった」。タトプロフ幹部はそう続けた。
化粧をしてスカートかワンピース姿で出社した女性従業員には、100ルーブル(約170円)を支給する。
この手当てを受け取るためには、自分を写した写真を会社に提出する必要がある。
CNNは同社にコメントを求めたが、返答はなかった。
https://www.cnn.co.jp/business/35137802.html

続きを読む