サイト

【驚愕】ヤマハのHPが「阿部寛のホームページ」化してしまうwwwwwwww

【爆速】ヤマハ公式サイト、ユーザーのデータ通信料に気を遣った結果「阿部寛さんのホームページ」みたいになってしまう
バイクでおなじみ「ヤマハ発動機販売」の公式サイトが今、大変なことになっている。と言っても、
バグったとか画像がおかしいとか、そういうことではない。簡単に言うと、サイトの表示速度が異様に速いのだ。
無駄をそぎ落としたシンプル極まりないサイトデザイン。そこから繰り出される拳のスピードは、
レジェンド・阿部寛さんのホームページに匹敵すると言っても過言ではない。とても企業サイトとは
思えないような速度だが、一体ヤマハに何が起きたというのか?
・ヤマハ爆速化
本日2019年10月24日より東京ビッグサイトにて開催されている「東京モーターショー2019」。
ヤマハ発動機は『人はもっと幸せになれる』をテーマに、同ショーに18モデルをブース出展している。
件の爆速サイトが公開されたのも、ちょうど今日のことだった。
さっそくアクセスしてみると……な、何だこのレトロなデザインは。フリー素材みたいな背景の上を、
「The 46th Tokyo Motor Show 2019 YAMAHA」と書かれたテキストがゆっくり横にスクロールしていく……。
ここは本当に令和なのか?
しかし、掲載されているマシンは紛れもなく最新モデル。画像をクリックすると……バシュッ!
は、速いッ!! クリックするかしないかのスレスレを狙うかのように表示されたではないか。
重さをまるで感じさせない軽やかなムーブ、まさにストレスフリー!
「モーターショーが開幕する10月下旬は、毎月のスマホのデータ通信量が上限に近づくいわゆる
『ギガ死』のタイミングなので爆速サイトをご用意しました」
そう、なんと今回の爆速化は、ユーザーのデータ通信料に気を遣ってのことだったのだ!
たしかに凝りまくったサイトは目には華やかだが、その一方でデータ通信料が余分にかかってしまう。
ただ情報が知りたいだけの人にしてみれば、軽いサイトの方が都合がいいのは明らかである。
【爆速】ヤマハ公式サイト、ユーザーのデータ通信料に気を遣った結果「阿部寛さんのホームページ」みたいになってしまう
https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/event/tokyo-motorshow-2019-bs/

続きを読む

【悲報】漫画無料公開サイト「フリーブックス」、閉鎖までの一か月で100億円の被害!!

「ワンピース」「騎士団長殺し」-。ベストセラーの漫画や小説など過去最大級の5万点をインターネット上で無料で読むことができた海賊版サイト「フリーブックス」が、今月初めの閉鎖後も出版関係者らに波紋を広げている。
多くの中高生にも広まったこの海賊版サイトの被害額は、閉鎖までの1カ月で約100億円に上ることが判明した。
知的財産保護の観点から、今後、著作権法の改正を視野に議論が進められる文化庁の関連審議会でも、フリーブックスの問題が取り上げられる可能性がある。
驚異の読みやすさ
「海賊版という違法性の認識が薄れてしまうほど、サイトのレイアウトが整っていた。本当に特別なサイトだった」。
大手出版社で海賊版取り締まりの強化に取り組んできた担当者によれば、フリーブックス以外の海賊版サイトでは、頻繁にみだらな広告が表示されたり、特別なソフトウエアを使って漫画などをダウンロードする必要があるなど、利用に対するハードルが高かった。
しかし、フリーブックスは広告がほぼゼロでダウンロードも不要なため、出版社の電子書籍担当者も驚くほど読みやすく、「中高生が授業中にスマートフォンで読むほど」(出版社関係者)急速に広まった。
ウェブサイトのアクセス分析などを手掛けるシミラーウェブによると、4月17日までの1カ月間のアクセス数は1750万件に達した。大手出版社は1月中旬にフリーブックスの存在を把握。
2月にはサイトの問い合わせフォームを通じて削除要請を行った。削除された作品もあったが、その後再び掲載される「いたちごっこ」を経て、2月下旬には要請に一切、応じなくなったという。
サイトは突然閉鎖
3月中旬には小学館、集英社、講談社、KADOKAWA、新潮社、文芸春秋の6社で会合を開き、フリーブックスに対して合同で対応を進める方針を確認。運営者の調査を進めた結果、ブルガリア、ウクライナ、オランダ3カ国にサーバーが設置されていることが4月末までに分かった。
5月の連休明けにはサーバーの事業者に対して法的措置を取る方向で検討していたが、3日午前中に突然、サイトが閉鎖された。閉鎖の理由は明らかになっていないが、大手出版社の担当者は、外部からサーバーに大量のデータを送りつける「DDoS攻撃」を受けた可能性があるとみている。
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/170517/cpb1705170615002-n1.htm

続きを読む

【画像】「児童虐待推進キャラクター」と誤植!修正前の画像拡散wwwwwww

東京都福祉保健局が児童虐待の防止を呼びかけるインターネット上のサイトで、マスコットキャラクターを「児童虐待推進キャラクター」と紹介していることが
ツイッターで指摘され、「一番、誤字をしてはいけないところ」などと話題になっている。サイトを運営している家庭支援課は、ツイッターで指摘される前から
誤植に気づき、サイトを制作した業者に修正を依頼。11日午後8時ごろ修正されたが、修正前の画像はネット上で拡散している。
同課によると、サイトは「東京OSEKKAI化計画」を紹介するもので、地域の親子への心づかいや声かけなどを重視し、児童虐待を防止するだけでなく、
子供を育てる親を精神的に支えようという取り組みだ。サイトでは警察や児童相談所全国共通ダイヤル(189)などの窓口に加え、里親制度なども紹介している。
「児童虐待推進キャラクター」と誤って紹介された「OSEKKAIくん」は巻き貝の形をしたマスコットキャラクターで、正しくは「児童虐待防止推進キャラクター」。
サイトを開いた際に最初に出てくるページは誤っていたが、他では正しく表記されており、同様の誤植は印刷物を含めて現時点では見つかっていないという。
同課の担当者は「東京OSEKKAI化計画は数年前に始め、このサイトも更新を続けてきた。(今回の誤植が)いつごろからなのか調べてみないと分からないが、
最近更新した時に誤った表記をしたようで、直後に職員がサイトをチェックした際に気づいていた。すでに業者に修正の依頼を出した」と説明した。【大村健一/統合デジタル取材センター】
毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00000095-mai-soci

続きを読む

【悲報】前田敦子が全国37万人から116億円を詐欺wwwwwww

前田敦子さんら装い出会い系で高額請求 海外逃亡の幹部を詐欺の疑いで逮捕
アイドルグループ「AKB48」元メンバーの前田敦子さんら芸能人を装ったメールを送って出会い系サイトに誘導し、高額な利用料を請求する「サクラサイト詐欺」に関与したとして、
警視庁サイバー犯罪対策課が組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)などの容疑で、ソフトウエア開発
「フリーワールド」(東京)の専務の男(38)を逮捕していたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。男は海外に逃亡していたが9月下旬に帰国。同課はだまし取った現金の流れを捜査する。
捜査関係者によると、警視庁は平成25年に出会い系サイト運営会社「ウイングネット」(同)を摘発。事件では、前田さんらを装った「サクラ」が
フェイスブックといった交流サイトを通じて「相談に乗って」などと持ちかけ、出会い系サイトに誘導。
サイトではメッセージの送受信で1回数百円が課金されており、「連絡先を教える」などと期待を抱かせ、繰り返し利用させていた。
ウイングネットは22サイトを運営し、22年2月〜24年6月で全国の約37万人から116億円を売り上げたとみられる。
警視庁はウイングネットを摘発すると同時に、利益の一部を受け取っていたとみられるフリーワールド側への捜査も行っていた。
フリーワールドは芸能人のマネジャーを装ってネット利用者にメッセージを送信し、ウイングネットのサイトに誘導する役割を担っていたとみられる。
専務の男は社内での指示など重要な役割を担っていたとみられ、容疑について黙秘しているという。
男は1年半以上海外に逃亡していたが、外務省が今年、旅券返納命令を出し、今年9月下旬に台湾から帰国していた。
http://www.sankei.com/smp/affairs/news/161005/afr1610050001-s1.html

続きを読む