たとえば味をデータ化できる。この場合、「うまい」という味覚は人によって千差万別なので、
「まずい」ものをきちんと定義する。味覚と脳波との関連を研究し、味を数値化するわけ。
そうすれば、まずい食事の提供を避けることができる。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161007-00139231-toyo-bus_all&p=2

続きを読む