イギリスで2016年9月に新しい5ポンド札(約725円相当)の流通が始まったが、印刷されている文字が文法間違いではないかとイギリスで話題になっている。
◆恥ずかしい間違い?
5ポンド札には今回、裏面にウィンストン・チャーチル元首相の肖像画と、「I have nothing to offer but blood, toil, tears and sweat」(「私が差し出せるものは、血と労苦、涙、汗だけである」)という言葉が印刷されている。
この言葉は、チャーチル元首相が1940年5月13日に下院で演説した際の有名な一節だという。
オックスフォード大学で英文学を教えるタラ・スタッブス博士はテレグラフ紙に対し、5ポンド札に印刷されているこの言葉には、引用符もなければ、文章の終わりを示すピリオドもなく、
そしていわゆる「オックスフォード・コンマ」と呼ばれる「and」の前のコンマもない、と文法間違いを説明している。
イギリスの読み書きレベル向上に向けて活動している団体「ナショナル・リテラシー・トラスト」の広報担当者によると、
「誰かの言葉をその通りに引用するなら、引用部分の始めと終わりを二重引用符でくくる必要がある」という(テレグラフ)。
メトロ紙は、引用符がないためにまるでチャーチル元首相の発言ではなく5ポンド札が、
「(5ポンドという価値の代わりに)私が差し出せるものは、血と労苦、涙、汗だけしかない」と言っているようだ、と指摘する。
イギリスの新紙幣に恥ずかしい間違い? 「名言語っているみたい」と5ポンド札が物議

イギリスの新紙幣に恥ずかしい間違い? 「名言語っているみたい」と5ポンド札が物議


×「I have nothing to offer but blood, toil, tears and sweat」(私が差し出せるものは、血と労苦、涙、汗だけしかない)
〇「I have nothing to offer but blood, toil, tears, and sweat」(私が差し出せるものは、血と労苦、涙、汗だけである)

続きを読む