新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団が、2月25日に「NJBP Live! #7 “SWEET IMAGINE, SWEET DREAMS”」を主催公演。
「マッピー」や「ディグダグ」など1980年代の名作を中心に、ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)のゲームミュージックが多数演奏されます。
演目はナムコのアーケードとファミリーコンピュータ作品が中心。
「ゼビウス」や「ドラゴンバスター」で作曲を手掛けた慶野由利子さんによる新曲「セリア姫のポプリ」も世界初演奏されます。
過去の5作品を素材としてリミックスした楽曲なのだとか。
同楽団はゲームミュージックを中心に活動しており、過去にも任天堂やサンソフト、コーエーテクモの作品をテーマにコンサートを開催しています。
題材を知らない人にも楽しめるよう、進行中は司会が演目のゲームや背景を解説。
ゲームミュージックの魅力を新たに発見してほしいと述べています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000008-it_nlab-sci

続きを読む