クラス

【画像】メルセデスベンツ新型Bクラスが発表、半自動運転に対応するwwwwwwww


Bクラスは、販売7年目となる今回のフルモデルチェンジで3代目に切り替わる。
ホイールベースは先代2700mmから2729mmに拡大され、居住性能が強化される。
ナビゲーションシステムを含めたインターフェイスは、AクラスからスタートしたMBUXを採用する。
安全運転支援システムはSクラスから持ってきた最新式となり、同セグメント内においてトップクラスの性能となり、半自動運転に対応する。
欧州向け発売日は2018年12月3日、デリバリー開始は2019年2月が予定されている。
https://car-research.jp/tag/b-class

続きを読む

【画像】新型メルセデスBクラスがドイツで受注開始!COOLだと話題にwwwwww

独メルセデス・ベンツは12月3日、新型「Bクラス」の価格を発表し、欧州で受注を開始した。
新型Bクラスは10月に開催されたパリモーターショーで、3代目となる新型が初公開された。
先に登場したAクラス同様にスタイリングはスポーティさを増し、空力性能の目安となるCd値は0.24と、プリウスと同水準の優れた数値を達成している。
「ハイ!メルセデス」の掛け声で起動し、音声で車内のさまざまな機能を操作できるマルチメディアシステム「MBUX」も搭載する。
Aクラス同様に安全装備の充実ぶりは、同クラスの水準を引き上げることになりそう。
車間距離を自動で維持して走行する機能をはじめ、車線からはみ出しそうになった時に警告に加えてステアリング制御を行う機能、
後方からの衝突の危険性を検知して警告を行う機能など、上級クラスに匹敵する充実した安全装備を持つ。
パワートレインは、1.3リッターガソリンターボの「B180」(136hp)および「B200」(163hp)、
2リッターディーゼルターボの「B200d」(150hp)、「B220d」(190hp)の4グレードを設定する。
ドイツ現地での車両価格(19%の付加価値税を含む)は、「B180」の31.874,15ユーロ(約408万円)から。発売は2019年2月が予定されている。
https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181205-10365849-carview/
https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20181205-10365849-carview/1/





続きを読む

【画像】新型「メルセデス・ベンツGクラス」遂に登場wwwwフルモデルチェンジされるも・・・・


メルセデス・ベンツ日本は2018年6月6日、フルモデルチェンジした新型「メルセデス・ベンツGクラス」を発表し、同日より受注を開始した。顧客への納車は8月下旬以降となる見込み。
1979年の登場以来、約40年にわたり最高級クロスカントリービークルとして君臨してきたメルセデス・ベンツGクラスが、ついに新型に生まれ変わった。
新型のエクステリアは、スクエアなフォルムや丸形のヘッドライト、張り出したフェンダー、フロントフェンダー上に設置されるウインカーなど、従来型の特徴を受け継ぐことで、ひと目でGクラスとわかるデザインに仕上がっている。その一方で、フロント/サイドのウィンドウを曲面としたり、LEDライトを採用したりすることで、モダンなクルマへと生まれ変わった。
乗用車ベースのSUVとは異なり、基本構造には旧型と同様にラダーフレームを採用。サスペンションは、フロントが独立懸架のダブルウイッシュボーン、リアは新設計のリジッドアクスルとした。ステアリングは、従来のボール循環式から電動アシストのラック&ピニオン式に変更することで、ドライビングフィールを向上させるとともに、運転支援システムへの対応を図った。走破性を示す数値は、登坂能力が最大100%(45度)、前後アクスル間最低地上高が24.1mm、デパーチャーアングルが30度、アプローチアングルが31度、ランプブレークオーバーアングルが26度など、従来と同等、またはそれを上回る性能を手に入れている。
ボディーサイズは、全長が53mm増の4817mm、全幅は64mm増の1931mmと拡大しているが、フェンダー、ボンネット、ドアをアルミニウム製とし、また、高張力/超高張力鋼板を用いることなどで約170kgの軽量化を実現。それでいながら、フレーム/ボディーシェルのねじり剛性は約55%向上しているという。
G550:1562万円
メルセデスAMG G63:2035万円
http://www.webcg.net/articles/-/38894
続きを読む