ガンダム

ガンダム芸人若井おさむさん、ネタを披露するが観客の8割ガンダムを知らずにスベる・・・

アニメ「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイのモノマネ芸人、若井おさむ(45)が28
日、大阪・アポロ&ルシアスビルで行われたお笑いステージに出演した。おなじみのガンダ
ムの名セリフを随所に盛り込んだネタを展開したが、家族連れ中心の会場はガンダムを知
らない世代が8割を占め、鉄板の「マチルダさーん!」の大絶叫までスルーされて悲鳴をあげた。
若井はアムロの衣装で登場し「東京から『のぞみ』というモビルアーマーで来ました」と挨
拶するも、反応が薄く、早くもピンチであることを察知。ガンダムを知っている人に挙手を求
めると、後方の中高年男性らが2割ほど。若井は「きょうは皆さんをザクだと思って戦います」
と続行した。
その後は「ブライトさんに怒られる」「ニュータイプ」「ガンタンク」「セイラさん」「こ、こんな
に古いものを、父さん…」「(写真)撮りまーす」とネタを繰り出すたびに「あの、これはです
ね…」「有名なシーンなんですが」と説明を強いられた。
「もう知らないカタカナが出て来たら、ガンダムの何かだと思って笑って」「お願いです。
ダマされたと思って39年前に放送されたガンダムのDVDを見てください」とお願いした。
散々、苦戦した後に「ガンダムのコントをやります」と果敢に続行。
アムロがレンタルビデオ店に行き、「エヴァンゲリオン」のDVDに因縁をつけて店員に怒
られた後に、15歳ながら「18禁コーナー」に突撃するコント。途中で「昼間に18禁のネタ
を選んだのは間違いだった」と反省。最後に「マチルダさん、マチルダさん…マチルダさー
ん!」と絶叫ネタで締めるも、若者世代に完全にスルーされ、あまりのスベリぶりに、後方
で見守る父親世代が大爆笑していた。
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/01/28/0010937543.shtml

続きを読む

18メートルの等身大ガンダムを動かす計画、2020年夏に横浜で実現www

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000341-oric-ent
人気アニメシリーズ『機動戦士ガンダム』の40周年プロジェクトの発表会が21日、都内で行われ、
「ガンダムGLOBAL CHALLENGE」として進んでいた“実物大”のガンダムを動かすプロジェクトが、
2020年夏に実現することが発表された。
「ガンダムGLOBAL CHALLENGE」は、40周年を迎える19年に“実物大”の18メートルのガンダムを動かす計画。
15年に発足し、6階建のビルに相当する大きさの人型ロボットを動かそうという、壮大なプロジェクトとなっている。
計画は1年遅れた2020年となるが、横浜・山下ふ頭で夏に実現することなった。
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」で1年にわたって公開される予定。イメージもリリースされ、ガンダムがゆうゆうと足を上げている。
サンライズの宮河恭夫社長は「本当は2019年にお披露目したかったんですけど、技術的なこと、安全面、場所探しなどの
面が重なって1年遅れた。自分たちでは最良の選択」と説明。動く範囲は「絵を見て、想像していただいて」と話すに留めた。
内部に入ることはできないという。
横浜の選定のついては「港は1番、最初に世界に広がった場所で世界のモノが集まった場所。そういう場所で体感できれば」と語った。
開発の現状は「設計に入っています」とした。30周年時にお台場でガンダムの等身大立像が設置されたときは、脚部ができただけで
大きな話題となった。「作る過程から楽しんでいただきたい」と笑顔を見せた。また、動くガンダムを作る理由について
「モノがあれば語り合いをしやすい。いろんなロボットや未来や平和について語り合ってほしい」と呼びかけた。
神奈川出身で大のガンダムファンのLUNA SEA/X JAPANのSUGIZOは「ものすごく楽しみ。神奈川人としてうれしい限り」と喜んでいた。
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」イメージ画像(C)創通・サンライズ

続きを読む

【画像】これが最新のガンダムらしいwwwwwwww

「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」,新育成システムの「アビリティGET」や追加の登場キャラクターなどが紹介に – 4Gamer.net
https://www.4gamer.net/games/447/G044759/20190510085/
バンダイナムコエンターテインメントは本日(2019年5月16日),
年内に発売を予定している「SDガンダム ジージェネレーション
クロスレイズ」(PC / PS4 / Nintendo Switch)の最新情報を公開した。
シリーズの基本システムでもある編成や育成と,前回の記事でも
紹介したグループ編成,さらには本作の新育成要素として追加される
「アビリティGET」が解説されている。





続きを読む

工業デザイナーケンオクヤマ氏が再デザインしたヤラレメカっぼいガンダムをご覧くださいwwwww

可動域がすごいガンプラになるケンオクヤマ氏デザイン「ガンダム」の全貌解禁!そのほかのガンダム40周年プロジェクトの情報もチェック!
https://hobby.dengeki.com/news/798293/amp/
機動戦士ガンダム 40周年の記念映像プロジェクトの1つとして、工業デザイナー・ケンオクヤマ氏が率いるKEN OKUYAMA DESIGNがプロダクトとしてガンダムを検証しデザインした、「RX-78-2 ガンダム」のビジュアルが完成!
このガンダムは、ガンプラとしても開発進行中です(発売時期、価格未定)。また、この新デザインガンダムは、「KEN OKUYAMA DESIGN ガンプラプロジェクトスペシャルムービー」と題し、ショートムービーとして映像作品となります。ムービーにはシャアザクやザクの登場も予定しています。

続きを読む