オリラジ藤森慎吾が「デビュー時の嫌がらせ」実名で暴露
1/18(金) 16:00配信
SmartFLASH
1月15日の『ジンギス談!』(HBC北海道放送)で、オリエンタルラジオの藤森慎吾が、デビュー当時に先輩から妬まれ、ひどい仕打ちを受けたことを明かした。
2005年、養成所時代に「武勇伝」ネタで人気が出たオリラジは、デビュー1日目からレギュラー番組を持つなど、異例中の異例の扱いを受ける。
「吉本は君らのために劇場も作る」と吉本の社長に言われたと藤森は明かす。渋谷のヨシモト∞ホールは、当時オリラジのレギュラー番組でネット配信していた「ヨシモト∞」のスタジオとして使うためにオープンしたのだ。
「1年目でマンションもいいところに引っ越して、車を買って、ゴルフを始めて」
初めて買った車はジープで、1年目の芸人とは思えない羽振りのよさ。そんな会社をあげてブレイクしたオリラジに対して、先輩の妬みはすさまじかった。
「やっぱりもう、すごかった、当時。言い方悪いけど、嫌がらせが」藤森は話を続ける。
デビュー1カ月でルミネの舞台に立ったオリラジ。次長課長の河本淳一、品川庄司の品川とタカアンドトシのトシがいる楽屋に挨拶に行き、楽屋で寝そべる3人に「初めまして、オリエンタルラジオです! 1年目です!」と2人が挨拶すると。
「あれ? 君たちが噂の天才君ですかー? 」と寝そべりながら品川が言うと、河本もそれに加わり、嫌味を言われる。トシも止めずに、品川と河本の後輩いびりをニヤニヤしながら傍観するだけ。
「怖くて、それからぱたっと(心を)閉じちゃって」と語り、それを機にルミネがトラウマになったという。さらに関西での風当たりは、もっと強かった。
「笑い飯の哲夫さんとか、怖かったもん、俺」と話す。
関西を中心に活躍する笑い飯の中西哲夫からホテルに呼び出され、「お前らオモロイらしいなぁ。服を着ていない状態になってなんか面白いことやれ!」と言われ、藤森らがもじもじしていると「全然オモロないやないか!」と怒られる始末。
番組内で共演したオリラジの1つ後輩・桜稲垣早希も、「後輩もみんなオリラジさんの悪口言ってました」と話すほど、全方位から妬まれていたようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190118-00010004-flash-ent
続きを読む