アナウンサー

『あさイチ』でスタジオの空気が凍りつく事態に・・・

https://sirabee.com/2018/07/02/20161692842/
すると、番組途中で視聴者からFAXが寄せられ、千葉美乃梨アナが読むことに。「菜箸のアクセントについてメールでご指摘頂きまして…」と正しいアクセントについて指摘されたことを告げる。出演者らは菜箸の「さ」を強調して頭高で呼んでいたが、視聴者によれば、正しくは「し」で下がるか、平坦だという。
千葉アナは「これから気をつけます。ここから」とやや震える。ややピリッとした空気が流れたが、大吉が「サイパンみたいな感じじゃダメなのね」とコメントし、笑いが生まれた。

続きを読む

【画像】『めざましテレビ』で岡副麻希アナウンサーが「北北西」を「きたきたにし」と言うハプニングwwww

2月3日に放送された『めざましテレビ(フジテレビ)』の冒頭でちょっとした珍事が起きた。
三宅アナが「今年はどの方角を向いて食べるのか、麻希ちゃん分かりますか?」と岡副麻希アナウンサーに
振ったところ「きたきたにし!」とトンデモ発言。
「北北西(ほくほくせい)」のことを「きたきたにし!」と言ってしまったのだ。これにはスタジオも騒然で
三宅アナも「きたきたにし!?」と驚きを見せた。最後には「みなさん『きたきたにし」ではなく『北北西』ですから」と
フォローを入れ番組のオープニングが終わった。
岡副麻希アナウンサーと言えばアナウンサーとは思えない色黒さとお馬鹿キャラで注目を浴びているフリーアナウンサー。
しかし早稲田大学を卒業しているという一面もある。
『めざましテレビ』のオープニングだったから良かったものの、これが真剣なニュースだったら
決して許されない読み間違えである。
(動画)
http://gogotsu.com/archives/26136

続きを読む

【悲報】フジテレビが凡ミス連発?アナウンサーのコネ採用で”負の連鎖”へ

4月5日にフジテレビで放送された『世界の何だコレ!?ミステリー』での表現ミスに、視聴者からのクレームが噴出した。
問題となったのは、番組内でのテーマとなった「月の裏側が地球から見られない理由」について、番組のテロップで紹介された「月は自転をしないため」という表現だ。
現在、月の裏側が地球から見えないのは自転をしないためではなく、公転と自転の周期が一致しているためというのが正しい説明だとされており、このフジテレビの放送には
「ちゃんと調べてから放送しろ」といった指摘が相次いだ。
放送後には、番組ホームページで謝罪と共に訂正のコメントが出されたが、フジテレビに対する不審の声は各所から増える一方だ。
■無能アナウンサーも視聴率低迷の原因か?
こうした
番組内での凡ミスも関係しているのか、近年のフジテレビは視聴率低迷が続いている。
民放の視聴率ワースト記録を数々打ち立ててしまっているような状況だ。
視聴率低迷の原因の一つとして、看板女子アナの不在やアナウンサー全体の無能化を嘆く声もあがっているが、そこには大きな問題が存在していた

「1月に行われたフジテレビの戦略会議で、佐藤里佳アナウンス室部長(50)が、
近年の新卒アナウンサーの採用基準は、現場の意見ではなく、役員の一声によって決められていると声をあげました。
ここ数年、フジテレビから看板になる女子アナが生まれていないのは、役員による人選が原因であることが証明されたようなものです」(テレビ局関係者)
一部では、視聴率低迷の責任を追われて、近く亀山千広社長(60)が辞任するとの噂も流れている。
迷走を続けるフジテレビはどこへ向かうのか。今後の動きに注目だ。
http://dailynewsonline.jp/article/1301473/
2017.04.17 11:50 デイリーニュースオンライン

続きを読む