2019年 11月 の投稿一覧

【第三次開幕】中国さんアメリカに宣戦布告へwwwww

アメリカのトランプ大統領が、香港での人権と民主主義の確立を支援する法案に署名し、成立したことについて、
中国外務省は声明を発表し、「中国の内政に著しく干渉し、赤服を着ていない状態々な覇権行為であり、中国政府と国民は断固として
反対する。アメリカに独断で行動しないよう忠告する。さもなければ中国は必ず報復し、いっさいの悪い結果は
アメリカが負うことになる」として、報復措置を辞さない考えを重ねて示しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191128/k10012194051000.html

続きを読む

【悲報】韓国人さん、絶滅に舵をきってしまうwwwwww

ソウルの合計特殊出生率が今年7-9月期に0.7を初めて切り、0.69を記録した。
合計特殊出生率とは、1人の女性が妊娠可能とされる15歳から49歳までの間に産む子どもの数を意味する。
全国的に見ても、7-9月期の新生児数と合計特殊出生率は1981年に関連統計の集計を開始して以来、最も低かった。
統計庁は27日に発表した「9月人口動向」で、「今年7-9月期の全国の出生児数は7万3793人で、前年同期よりも6687人(-8.3%)減少した。
7-9月期の全国合計特殊出生率も0.88で過去最低を記録した」と明らかにした。
特に地域別で見ると、今年7-9月期にソウル地域で記録した0.69という合計特殊出生率は、世界的にも類を見ないほどの超少子化だと指摘されている。
この数値は、人口を維持するために必要な合計特殊出生率(2.1)の3分の1、超少子化基準(1.3)の半分に過ぎないものだ。
世界を代表する少子化国・地域と言われるマカオ(0.92)、シンガポール(1.14)=以上、昨年の数値=の出生率を大幅に下回っている。
人口学者のチョ・ヨンテ・ソウル大学保健大学院教授は「もし『ソウル』と名付けられた人間の種がいるとしたら、絶滅の道に入ったと判断してもいいほどだ。
人口のコントロール・タワーだとされていた大統領直属の少子高齢社会委員会の失敗であり、これまでの少子化政策の完全な失敗を示す象徴的な出来事だ」と語った。
一方、9月の1カ月間に生まれた子どもは2万4123人で、1年前より1943人(-7.5%)減少した。
月別出生児数は2015年12月から今年9月まで46カ月連続で、前年同月比で減少という記録を更新している。
こうした傾向が続けば、今年は年間出生児数30万人維持も危うい状況だ。
9月までの出生児数は23万2317人だ。10-12月期の新生児数が6万7000人台に下がれば、初めて年間出生児数が20万人台となる。
昨年の年間死亡者数(29万8820人)を考えると、出生児数30万人は人口減少の影響を防ぐためのマジノ線(最終防衛ライン)とされる。
韓国の年間出生児数は2002年から16年までは40万人台を維持していたが、2017年に30万人台に下がり、減少速度がますます増している。
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019112880030

続きを読む

【画像】森の野生動物監視カメラ、野性の人間の撮影に成功しててワロタwwwww

森の野生動物監視カメラ、謎の全裸男写り騒然
http://www.narinari.com/Nd/20161140625.html
森林に現れた謎の裸の男性、それも四つん這いになって森を走り抜けるという奇妙な行動が観測され、話題を呼んでいる。
ヴァージニア工科大学で肉食動物の保全について研究しているマルチェラ・J・ケリー教授は、2週間に一度、野生動物を対象に自動で撮影する監視カメラを確認していたが、その日彼女は、“まさか”の写真に目を疑った。
そこには野生動物ではなく、裸で森を這うように進む男性の姿が記録されていたのだ。
「もっと際どいものがはっきりと写っている写真もあったけれど、そこは自重しました。とにかく私にとっては初めてのことです」
写真をSNSに投稿すると、瞬く間に大きな反響を呼ぶことに。
(略)
ケリー教授は「不思議で独創性に満ちている、と言わなければならない、驚くべき事象です。私はこの人に会いたくなってきました」と興味がわいているとツイート。
さすが研究者だといった称賛が寄せられているという。

続きを読む

【悲報】小池百合子「女政治家に鉄の天井があったから総選挙に勝てなかった」

「鉄の天井あると知った」と小池知事 前駐日米大使のケネディ氏とパリで対談
衆院選の投開票から一夜明けた23日、希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は、訪問中のパリでキャロライン・ケネディ前駐日米大使と対談し、
「都知事に当選してガラスの天井を一つ破ったかな、もう一つ、都議選もパーフェクトな戦いをしてガラスの天井を破ったかなと思ったが、今回の総選挙で鉄の天井があると改めて知りました」と惨敗を振り返った。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6258542

続きを読む

【画像】かわいすぎて癒される!子どもの“ほのぼのエピソード”がこちらwwwww

1: 泣きマネを本気で心配
2: ママも買っていいよ
「息子の誕生日におもちゃ売場で変身ベルトを買ってあげたときのこと。息子が女の子用のお人形を持ってきたので驚いていたら『ママにもプレゼント』と言って私にわたしてくれた。うれしかったなぁ」(29歳/女性)
3: 手抜きごはんでも
4: お金がないといったら
「『今月もお金がないなー』と独り言を言っていたら、娘が貯金箱を持ってきてくれた。『これママにあげる!』って、ありがとう……でも使えないよ……」(35歳/女性)
5: 弟の世話に一生懸命なお姉ちゃん
6: お母さんを見つけた瞬間の笑顔

かわいすぎて癒される! 子どもの“ほのぼのエピソード”6選

続きを読む

【画像】偏差値83の天才リケジョyoutuberが写真集発売するも顔面偏差値38だと話題にwwwww

YouTuberのゆきりぬの1stフォトブック『ピースの角度は30°』が、YouTubeファンを中心に話題を呼び、発売から3日にして早くも重版が決定した。
偏差値83のリケジョという経歴とモデル顔負けのルックスで人気を獲得。
チャンネル開設から約2年で登録者数65万人を達成し、YouTuber戦国時代である現在も着々とファンを増やし続けている彼女。
自身のYouTubeチャンネルでフォトブックの発売を告知したところ、動画公開の直後から予約注文が殺到し、大きな話題を呼んでいた。
そして、7月6日に自身初となるフォトブック『ピースの角度は30°』が発売されるやいなや、話題を呼び、発売から3日にして早くも重版が決定。
ゆきりぬのYouTubeチャンネルでは、『フォトブックができたので家族に見せたら反応が予想外過ぎた。(7月4日公開)』などフォトブックについて取り上げている動画もアップされ、こちらも話題となっている。
ゆきりぬのフォトブック、内容は?
フォトブックでは、ナチュラル、クール、デートの3パターンの撮り下ろしグラビア、初公開の自宅写真、メイク&ヘアアレンジテクニック紹介、ビリ2の不良からテストで偏差値83をとるまでの勉強遍歴をつづったエッセイ、YouTubeでの活動について語ったロングインタビューなどを掲載。
彼女の魅力が詰まった1冊となっている。
ゆきりぬ プロフィール
YouTuber。10月3日生まれ、新潟県出身。
ゲーム実況、ダンス、メイク動画など多岐にわたるジャンルで動画を配信。
『【逃げ恥】恋ダンス〜みなとみらいで踊ってみた。』の動画がキッカケとなり、人気が急上昇。
開設から約2年でチャンネル登録者数65万人という快挙を達成した。
ほかにも、高学歴のリケジョという特性を活かして『ビリ2から全国偏差値83になった高校時代の話』など勉強系の動画も多数配信し、幅広い視聴者からの人気を獲得している。
http://mdpr.jp/news/detail/1780894
ゆきりぬの1stフォトブック『ピースの角度は30°』

続きを読む

【悲報】パチンコ業界に激震、完全に終了してしまうwwww

関連
パチンコ業界に激震、菅官房長官が「ギャンブル性排除」明言、デジパチ禁止、今後は羽根物と一発台だけ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1574924192/

グローバルアミューズメントは11月26日、都内品川区のスタンダード会議室で「時流預言セミナー2020」を開いた。
第1部では?風土の小山政彦代表取締役会長が「2020年時流予測と対策」と題し、来年の世界情勢や国内の政治、経済の動向を予測。
パチンコ業界については「かつて30兆円だった市場規模が18兆円、今後は12兆円にまで落ちると予想されるなか、2021年か2022年には地域3番店以下の多くが潰れるだろう。
また2028年には大阪でカジノが始まる。
一番怖いのがパチンコの賞品交換が禁止されたときで、マーケットは1/10となる。
そうなる可能性もあることを皆さんも考えて欲しい。
今後の10年、余裕のある内に次の事業をどうするかしっかり取り組んで欲しい」と述べた。
第2部ではグローバルアミューズメントの青山真将樹代表取締役が2020年のホール営業の予測と、それに基づくアドバイスを行った。
同氏の分析によると2019年の新台の販売台数(予測含む)はパチンコが117.4万台、パチスロは59.4万台。
去年に比べ、多くのホールがパチスロの撤去対応を優先したため、特にパチンコの新台販売が停滞する結果(前年比86%)になったという。
今後の遊技機の撤去対応について同氏は「特に低玉部門での新規則機化が遅れている。
このままのペースだと、2021年1月末時点でも3割は旧規則機を残したままとなる。
最寄り客を獲得する上で、自店において撤去対応を乗り切ることが中長期的にみて正解ではないだろうか」と話した。
解説:現時点で景品交換所の景品買いは古物営業法違反との指摘もある。
忖度しない正義のエンタメ業界メディア、グリーンベルト
https://web-greenbelt.jp/news/detail.php?n=00011660

続きを読む

【悲報】世界最強の囲碁棋士、人工知能が強すぎて絶望し引退してしまう・・・・

囲碁AI「AlphaGo」に敗北した世界チャンピオンが「AIを負かすことはできない」と棋士を引退
囲碁の世界タイトルを20回近く獲得し、2000年以降最強の棋士の1人とも評されるイ・セドル棋士が、
2019年11月19日に韓国棋院に辞職願を提出したことを、韓国メディアの聯合ニュースが報じています。
かつてAI企業DeepMindの開発した囲碁AI「AlphaGo」と戦って敗れたイ棋士は、引退の動機の1つとして
「AlphaGoなど囲碁AIの圧倒的な強さ」を挙げているとのことです。
世界戦で4冠を獲得し、通算1000勝という圧倒的な成績を収めていたイ棋士は、、Googleが買収した
企業であるDeepMindが開発したAlphaGoと2016年3月に5番勝負で対局しましたが、4-1で敗北。
AlphaGoが世界最強の囲碁棋士であったイ棋士を下したことで「囲碁で初めて人工知能が人間を
上回った」と評されました。
AlphaGoとの5番勝負では、第4戦でイ棋士が1勝を挙げています。イ棋士はこの第4戦での勝利について
「AlphaGoのバグに勝利しただけ」と評価しています。当初は第4戦も「イ棋士に勝ち目はない」と解説席は
見ていたそうですが、イ棋士が「神の1手」とも評されるほどの妙手を78手目に打ったことで形勢が逆転。
78手目がAlphaGoの想定外だったためか、79手目以降でAlphaGoは突然悪手を連発。最終的に、
AlphaGoは181手目で投了を宣言しました。
聯合ニュースは、「イ棋士の打った78手目は、AIに不満を抱いた人間に希望の光を与えた
『華麗で神聖な1手』として今でも称賛されています」と述べています。しかし、当のイ棋士は
「私の78手目はAlphaGoに対して率直に打ち合う手ではありませんでした。(中国の囲碁プログラムである)
Fine Artでも、同様の不具合が発生しています。Fine Artは人間に対して2石のハンデを受けても負けないほど
強いAIですが、負ける時は大敗します。4戦目の勝利はバグによるものです」と述べました。
https://gigazine.net/news/20191128-alpha-go-master-retire/

続きを読む