2019年 10月 の投稿一覧

【画像】極めて珍しい「漆黒のサーバルキャット」があまりにも美形すぎて話題にwwwwwwww

極めて珍しい「漆黒のサーバルキャット」があまりにも美形すぎて話題に


エジプト神話にでも出てきそうなオーラです。詳細は以下から。
タンザニアのAsilia Namiri Plains Campでイギリス人写真家のGeorge Turnerさんが全身が漆黒の毛に覆われたサーバルキャットを発見、激写しました。

View this post on Instagram

The black serval. Can't describe how mind-blowing this was… and still is.⁣ ⁣ For context, even seeing a “normal” serval is tough. They’re shy, secretive cats that tend to live in tall grasses — the perfect combination for staying unnoticed. Every time I’ve been privileged enough to see them, my heart skips a beat. ⁣ ⁣ Melanism (increased development of the dark-coloured pigment melanin in skin/hair) in servals primarily occurs in East Africa, particularly in the highland regions over 2000m, which is what makes this sighting particularly special. ⁣ ⁣ At around 1000m, the Namiri Plains, Tanzania, are considerably "lower" than the normal altitude were melanism is more prevalent. It's likely this particular serval travelled from the nearby – and much higher – Ngorongoro Crater and established a new territory. ⁣ ⁣ Nobody *really* knows why melanism occurs in servals. Some think the increased altitude (and forested habitat that comes with it) reduces exposure to daylight, encouraging melanism. ⁣ ⁣ There’s no guarantee that “Manja” (named after the guide at @asiliaafrica who first spotted him), should he find a mate, will produce melanistic kittens. As melanism is carried by a recessive gene, it could be years before any begin appearing in the area. The hope, for now, is that he continues to flourish in the grasslands and build on his territory. Also, what serval could resist those charming good looks?!⁣ ⁣ [D5, 500mm f/4]

A post shared by George Benjamin | Wildlife (@georgetheexplorer) on

某アニメ番組のおかげで日本では非常にメジャーになったサーバルキャット、通常は黄色や黄褐色の体毛にヒョウのような小さな黒い斑点模様をしています。
この個体は先天的にメラニン色素が過剰に形成される「メラニズム」によってこのように全身を漆黒の体毛に覆われていると考えられるとのこと。
しなやかな毛並みと闇のような美しい黒い体毛に神々しさすら漂わせるこのサーバルキャットはManjaと名付けられました。
基本的には用心深く人前に滅多に姿を現さないサーバルキャットですが、再び人類と見えることはあるのでしょうか。

続きを読む

【朗報】Google検索が超進化wwwwwwwwwwww

Googleはその祖業の検索エンジンにおいて、新しい言語処理技術「BERT」を導入し検索結果を改善します。
BERT導入は同社いわく「過去5年間で最大の飛躍を実現し、検索の歴史で最大の飛躍を遂げる」改良となるもので、
まずは英語版のGoogle検索から導入し、他言語へも展開していく計画です。
「BERT(Bidirectional Encoder Representations from Transformers)」は機械学習ベースの新しい言語処理モデル。
これまでの検索エンジンが苦手としていた「文脈にそった言葉の解釈」をより高精度に行うものとされています。
GoogleはBERTの学習モデルを2018年にオープンソースとして発表しています。
「文脈にそった言葉の解釈」とは、複数の意味を持つ言葉があったとき、その言葉を含む文章全体をみて、
適切な意味を選択するということ。たとえば「bank」という英単語には「銀行」と「土手」という意味が
ありますが、どちらの意味で使われているかは、単語を見ただけではわかりません。
こうした多義的な言葉を含むフレーズに対して、BERTでは文章全体を参照して、意味を選択します。
BERTを検索に導入すると、話し言葉をそのまま検索エンジンに入れたときの精度が向上します。
Googleは英語の検索エンジンにおいて、いくつかの例を紹介しています。
たとえば「Can you get medicine for someone pharmacy(薬局で誰かのために薬を買うことができますか)」
という文章は、自分ではなく病にかかった家族や友人のために薬を買う方法を探すシーンが想像できますが、
これまでのGoogle検索エンジンのアルゴリズムでは「someone」がキーフレーズだと認識できず、
「薬局で薬を買う方法」と解釈した結果を表示していました。
https://japanese.engadget.com/2019/10/28/google-5/

続きを読む

【画像】「運動不足な人が多い」都道府県ランキングwwwww

https://diamond.jp/articles/-/218888

今回の調査で、定期的な運動をしている人の割合は、男性35.5%、女性28.0%にとどまり、男性は64.5%、女性は72%が運動不足と、男性よりも女性の方が運動不足な状態にあることがわかった。

調査を行った一般社団法人ストレスオフ・アライアンスによると、運動不足な人が多い県ほど、「湯船につかる習慣」が多く、睡眠時間が短い傾向があった。また、リラックス行動として運動ではなく、「ドライブ」や「温泉に行く」ことが多かった。

続きを読む

【画像】初音ミクのソシャゲ、キャラ設定が地獄すぎるwwwww


「25時、ナイトコードで。」
様々な社会的問題を抱えた人間が集うSNS『ナイトコード』で、名前も顔も知らない相手とセッションする。
ある日を境に仲間のひとりと連絡が取れなくなってしまう。翌日仲間は遺書と共に発見された。
宵崎奏
・過去に自らの過ちで大切な人を傷つけてしまった。
・誰かを幸せにする曲を作り続けないといけないという強迫観念に駆られている。
・趣味はアルミホイル集め
朝比奈まふゆ
・大地震により親族を失う。
最期に聞いた両親の叫び声を脳から掻き消す為に音楽を続けている。
暁山瑞希
受験失敗により精神を病んでしまう
両親の虐待から逃れる為に駅を住居にしている。
回りの人間が皆笑顔でなければパニックを起こしてしまい、笑顔を執拗に強要する。
東雲絵名
自殺した仲間の姉。
妹の遺体を目撃したことでショックを受け、学校に通えなくなる
白いボーカロイド
初音ミク。マスターに捨てられたショックで歌をなくした。

続きを読む

【動画】外国人ミュージシャンが日本の電車内で演奏→批判殺到wwwwwww

今月5日深夜、JR京浜東北線の車内で撮影された映像―。
そこにはトロンボーンを演奏する外国人たちの姿があった。
実は公演のために来日していたプロの楽団のメンバーだった。
動画はツイッターに投稿され、
「聞きたくなくても逃げ場がない」など賛否両論を呼んでいる。
これに対し演奏したメンバーたちは公演を主催した事務所を通じ、
「海外では好意的に受け入れられることが多いため、やってしまった」
「配慮が足りなかった」とコメントしている。
※動画あり
http://www.news24.jp/articles/2017/11/08/07377431.html

続きを読む

【悲報】「阪神電車のオレンジ色は巨人を連想させる」株主総会で株主が指摘!!

阪急阪神ホールディングスの株主総会が13日大阪市で開かれ、株主が、阪神電車に、巨人を連想
させるオレンジ色が使われていると指摘したのに対し、会社側は、数年後に車両を新たに造る際、
意見を参考にするという考えを示しました。
総会では出席した株主が、阪神電鉄の特急や急行の車両に、巨人を連想させるオレンジ色が使われ
ていると指摘しました。
これに対して会社側は、今の特急や急行用の車両の色は、阪神・淡路大震災以降、明るい色として
採用したと説明しました。
さらに会社側は、今の色について「評判が悪いようだ」としたうえで、「車両を新しく造る時期
が数年後にはやってくるので、今回の意見を参考にしながら考えていきたい」と述べ、新たに
車両を造る際に参考にする考えを示しました。
また株主が、阪神が優勝から遠ざかっていることを取り上げたのに対し、会社側は「タイガース
に対する熱い思いを聞かせて頂いた。身にしみて今後のことを真剣に考えねばならないと決意を
新たにしている。これからも選手・監督らを鼓舞していくので、応援をお願いします」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180613/k10011476891000.html

続きを読む