2018年 8月 の投稿一覧

【悲報】アベノミクスにトドメwwww完全に終わる・・・

アベノミクスを支えてきた「円安・株高の法則」が完全に崩壊した。
25日、米長期金利の上昇でドル円相場は一気に円安に振れ、2カ月半ぶりに1ドル=109円台をつけた。
「これまでの流れだったら、株高になって当然でした。円安になれば輸出企業の業績が上向き、株価も上昇するという考え方です。ところがこの日の日経平均は下落でした。為替と株価の関係がガラリと変わったのです。今後は円安になっても、株価が上昇しない可能性が高いということです」(株式評論家の倉多慎之助氏)
円安→株高が崩れたことで、アベクロ(安倍首相と日銀黒田総裁のコンビ)は真っ青だろう。何しろ、アベクロによる金融緩和の真の目的は、円安誘導して株高を出現させること――と金融市場は捉えているからだ。
「流れが変わった原因は、米長期金利が節目の3%を一時超えたことです。投資家は、株式を保有するより、金利の高い米国債に資金を振り向けたほうが儲かると考えます。株が売られた理由のひとつでしょう」(倉多慎之助氏)
NYダウの下げ幅(24日)は一時600ドルを超えた。大幅下落は、金利上昇による企業業績の悪化を懸念した可能性もあるという。
「米FRB(連邦準備制度理事会)は利上げに前向きです。今後、米長期金利は急速に上昇し4%、5%と高まるかもしれません。そうなると、企業の借入金や、個人の住宅ローン、自動車ローンの金利負担は重たくなり、景気悪化を招きかねません。株式市場はこうした危険性を感じ取ったともいえます」(株式アナリストの黒岩泰氏)
日本は相変わらずゼロ金利政策なので、日米の金利差は広がるばかりだ。金利差に目を向けると、さらなる円安方向だが……。
「今年初めにつけていた1ドル=112円台まで円安が進んでも不思議はないと思っています。ただ、為替と株価は、かつてのようにはリンクしません」(ミョウジョウ・アセット・マネジメントの菊池真代表)
円安が進行しても、株価は上昇しない。アベノミクス“最後の砦”である株高維持は風前のともしびとなってきた。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/227983

続きを読む

【驚愕】中高生のネット依存、5年前の倍に!「ゲームやり過ぎ」が原因wwwwwwwww

https://this.kiji.is/408119215343649889?c=39550187727945729
厚生労働省研究班は31日、インターネット依存が疑われる中高生が5年前に比べ急増したと発表した。
特に女性の割合が高く、中学生では男女ともほぼ倍増していた。携帯電話を使ったオンラインゲームなどの普及が原因と考えられ、対策強化が求められそうだ。
ネット依存は、インターネットやオンラインゲーム、ツイッターなどの会員制交流サイト(SNS)を使い過ぎる状態で、日常生活に支障が出るケースが多い。家庭内暴力や引きこもり、うつ病などの合併症や脳の障害を引き起こす恐れもある。
ゲームのやり過ぎは、世界的に問題となっている。

続きを読む

【動画】この角度120度の「逆バナナシュート」にファン衝撃wwwwww

アーセナルFWが練習中に披露したスキルが話題「すっげーゴール

海外サッカーで角度120度の“逆バナナシュート”が話題を呼んでいる。練習中にゴールマウスの左後ろから右足アウトにかけ、ゴールネットを揺らした。魅惑のテクニックを披露した瞬間をクラブが動画付きで紹介。ファンを「どうしたらこんなに曲がるんだ?」などと驚愕させている。
【動画】角度120度の衝撃!? 「どうしたらこんなに曲がる?」の声も…アーセナルが公開したウェルベックの“逆バナナシュート”の実際の瞬間

なぜ、こんなに曲がるのか… 角度120度の“逆バナナシュート”にファン衝撃


仰天の“逆バナナシュート”でスポットライトを浴びているのは、イングランド1部プレミアリーグ、アーセナルのFWダニー・ウェルベックだ。クラブ公式インスタグラムが公開した動画で驚異のテクニックを披露している。
8/30(木) 11:12配信 The answer
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180830-00035102-theanswer-socc
続きを読む

夫の年収500万以下で結婚した女の7割が不満有り。1割が離婚を検討・・・


夫の年収が500万円以下の女性、7割以上が不満 1500万円以上でも約3割は「給料が低い」
リスクモンスターは「離婚したくなる亭主の仕事」調査の結果を発表した。調査は20〜49歳の既婚女性600人を対象に行われた。
夫の仕事に不満を抱いている女性の割合は、全体で49%にも上ることがわかった。
年代別では20代で53.5%、30代で52%、40代で41.5%となっている。
年代が上がるにつれて、諦めて受け入れていくのだろうか。
夫の年収が低い方が不満を抱く女性の割合も高くなる。「300万円未満」で52%、「300〜400万円未満」で62.3%、「400〜500万円未満」で55.2%、
「500〜600万円未満」で53.8%となっており、600万円未満では半数の女性が不満に思っているようだ。ただし「1500万円以上」でも50%もの人が「不満がある」と答えている。
夫の仕事のどのような点が不満なのかを聞くと「給料が低い」が68.7%で圧倒的に多く、「残業が多い」が48.3%、「休みが少ない」が26.5%だった。
給料が低くて不満という回答は、夫の年収が「300万円未満」の人では71.8%、「300〜400万円」で85.9%、「400〜500万円」でも72.5%に達する。
また「1500万円」以上でも33.3%の人が給与が不満だと答えている。
夫の仕事への不満から離婚を考えている女性は全体の12%だった。
特に「1500万円以上」では33.3%と3割以上に上る。他の年収では8〜15%前後となっており、夫の年収に関係なく1割程は離婚したいようだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/14772008/
続きを読む

セイコー「若者よ、高級腕時計を買ってくれ」→結果・・・


セイコーホールディングス(HD)傘下のセイコーウオッチは、高級ブランド「グランドセイコー(GS)」で若者向けに従来よりも手ごろな価格帯の商品を広げる。
GSは50万円以上が中心で、「大人の時計」といったイメージが強い。30万円台と中価格帯にするほか、若者が好むスポーツテイストのデザインを取り込む。
苦戦する中価格帯商品の底上げを図る。
セイコーが1993年に開発したクオーツ式ムーブメント「キャリバー…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34775610Q8A830C1000000/
続きを読む